FC2ブログ

8月12日(日)

爪を切りながら、”苦髪楽爪”(くがみらくづめ)の言葉を頭に思い浮かべていた。

「苦労の多いときは髪の毛が伸びて、楽をしているときは爪が伸びる」という意味である。

科学的な根拠があるかどうかはわからない。

ただ、自分の身のことだけを考えると、この言葉は正確ではないように思う。

引越ししてからのほうがメンタル面では非常に楽をさせてもらっている。

なのに、爪を切る回数は減っている。

引っ越し前は、週一回の爪切りが基本であったのだが、ひと月以上経っているのに今日で3回目である。

片や、髪の毛のほうは、従来は二カ月に1回の散髪であったのに、どうやらひと月半に1回の回数となりそうである。

つまり、「髪が伸びて爪が伸びていない」のであるが、私自身の気持ちは極楽トンボ状態なのだ。

ストレスが少ないから血圧も異様に下がったのだと思う。

検索していて、”苦髪楽爪”を真逆にした”苦爪楽髪”という言葉もあると知った。

私が該当する。

おそらく、どちらの言葉も正しくて、どちらも間違っているのだろう。

ことわざとはそういうものだ。

絶対的な真理を伝えているものではない。

「三度目の正直」と「二度あることは三度ある」という正反対のフレーズをめぐって、いずれが正しいかの議論をするのはあまり意味がないと思う。

 
19 : 16 : 41 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑

8月11日(土)

息子の出身高校で、保護者会の役員をやらせてもらっていた。

もちろん、10年以上も前の話である。

しかし、息子が卒業してからもいまだにつながりがあって、会合の案内が頻繁に送られてくる。

私自身は、その集まりとは距離を置くようにしてきた。

階層が違うのである。

医師や弁護士、税理士、経営者などがほとんどで、私が住んでいる世界とは全く異質なのだ。

話が合うはずがない。

もろもろの事情があって、前任者に代わって私が役員を引き受けたのだが、最初の会合で間違いに気がついた。

息子が卒業するまでと思っていたが、卒業してからも、毎年、親睦旅行やゴルフ、懇親会の案内が送られてくる。

失礼ながら、すべてご辞退申し上げている。

今回は、ゴルフコンペの案内状が郵送されてきた。

出欠については
「ご都合はFAXでお願いします」
と書かれている。

戸建ての家に住んでいるときであれば、すぐにFAXで欠席の回答を送っていたのだが、マンションではFAXを置いていない。

はて、どうしたものかと考えた。

電話をかけても、おそらく事務局は夏期休暇中だろうし、メールアドレスはWEBには公開されていない。

やむを得ず、葉書で欠席の旨を書いて送ることにした。

このデジタル時代に、事務連絡を葉書でするというのもアンバランスだが、ほかに手立てがない。

近年、年賀状のとき以外は葉書はほとんど使わなくなった。

今日は久しぶりに役に立ったので葉書としても本望だろう。

 
19 : 17 : 54 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑

8月10日(金)

多くの会社や団体では明日からがお盆休みになるのだが、海外への出国は今日から始まっているらしい。

ニュースでは、各国際空港での出国ラッシュの様子を報じていた。

成田空港のロビーで、キャリーバッグを手にした男の子が満面の笑顔で走っている光景は、何ともほほえましかった。

ところで、わが家の家族旅行の記憶をさかのぼってみたら、5年前の息子夫婦の結婚式にハワイに行ったのが最後であることを思い出した。

その前の年に結婚届はお役所に提出していたが、正式に挙式をしたいとのことで、その場所としてハワイをあげてきたのである。

あわせて、息子からは「姉夫婦も参列してほしい」との申し出があり、形としてはすっかり家族旅行となってしまった。

旅行の手続きはすべて嫁がテキパキとやってくれたので、私も妻も、そのスケジュールに乗るだけであったから文字どおり左団扇である。

息子の結婚式を錦の御旗に、飲んで食べて遊びまくった思い出がある。

子供たちは結婚して家庭を持っている大人なのだし、子供の面倒を見る”義務”なんてない。

気楽なもので、まさに地上の楽園を満喫させてもらった。

息子夫婦は二人だけの新婚旅行を楽しむために、3日間、ハワイに残った。

なんでも、嫁が、シュノーケリングをするのを楽しみにしていたらしい。

彼らが帰国してきたときに、真っ先にシュノーケリングのことを尋ねたら、驚きの返事が・・・。

なんと、われわれが帰った直後に息子が熱を出し、ホテルでずっと寝ていたという(汗)。

花嫁さんの初仕事が夫の看病という、思いも寄らぬ展開であった。

ニコニコしながら語っている嫁の顔を見て、言葉にこそ出さなかったが、申し訳なさでいっぱいになった。

わが家の最後の家族旅行は、どんでん返しにインパクトがあった。

今日から海外に出かける家族の人には、どうか楽しい旅行であってほしいと切に念じている。

 
19 : 27 : 45 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

8月9日(木)

いつもの散歩のコースで、商業ビルのスーパーに立ち寄った。

買い物をする前にそのビルのトイレに行こうとしたら、ちょうど掃除にはいったのかして、バリケード状に「ただいま清掃中です」のプレートが立てられていた。

近くに座れるシートがあるので、そこに腰掛けて持ってきた本を読むことにしたのである。

しかし、10分ぐらいは経ったであろうが、一向に終わる気配がない。

その間、二人の人がトイレの前に来たが、「清掃中」の表示を見てあきらめて去っていった。

結局、掃除が終わったのは20分後ぐらい。

ところで、もし冬の寒い時期に、どうしてもトイレの我慢ができない状態になったら、「掃除中にすみません・・・」と詫びを入れながら中に入っていく、というのはアリなのだろうか。

今日の場合は、正確なフレーズは覚えていないが、
「入らないでください」
と言った意味のことがはっきりと書かれていた。

しかし、今までの他の場所での経験では、
「掃除中ですのでご注意ください」
の趣旨で書かれていることもあった。

つまり、
「使うのはいいが、滑らないように気をつけてください」
との注意喚起である。

両者ではメッセージ内容が全然違う。

これは取るに足らない問題かもしれない。

しかし、まだ周辺の地理に不慣れで、ほかにトイレがどこにあるかわからない私には、結構、切羽詰まった悩みなのだ(汗)。

 
19 : 20 : 43 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑

8月8日(水)

自分が会員になっている団体の総会があった。

会議と懇親会のセットで、夕方から始まり最後まで付き合うと、午後の10時を回ってしまうという長丁場である。

ただし、内容は既定路線の承認であり、それを受けての一杯飲みの会だから、時間がかかるわりには友好的雰囲気に満ちあふれている。

反対意見が出たためしはない。

日本ボクシング連盟が、いま総会を行ったら、こんなのどかなものでは済まないだろう。

なお、私は末端会員だし、夜が遅くなるのは苦手なので、毎回、8時半を回ったぐらいのタイミングで中座させてもらっている。

次の日に疲れを残したくないので、勝手ながらの判断だ。

こんなわがままが平気で通用する団体なので、私も行きやすいのである。

また、昨年からは、他人とリアルに会話をする機会がめっきり少なくなり、人恋しくなってきたのも事実である。

この1週間で最も長く話をしたのは、法要の日を別にすれば、マンションの管理人さんで、次は、スーパーのレジ担当の人ではないかと思う。

だから、今日、現役時代から見知った人と会えたことで、私の日常的なフラストレーションがカバーできるのだ。

もっとも、会話の内容というのはたいしたものではない。

「子供と孫とはどちらが可愛いか」
「白髪染めを使うのが得か損か」
「カレーのおいしい店は?」
などといった他愛のないものばかりである。

しかし、こんなナンセンスな話をしても楽しめるというのは、信頼関係の証だと思う。

何の役にも立たない話題に興じながら、しばしの時間を楽しませてもらった。

 
21 : 35 : 47 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する