FC2ブログ

「aspera(アスペラ)」による高速ファイル転送をクラウド環境で実現初期投資/運用管理業務の負担を軽減し、必要なときにすぐ利用することが可能

ネットがしっかりと現代社会に浸透してきました。
特徴的なのは、データの受け渡しもネットを通じて行う手法が一般化しつつある、という点です。
ただ、大容量のデータとなると、うまく送信できなかったり、大幅に時間がかかってしまうなどの障害も出てきています。
効率よく大容量ファイルをセキュアに転送する技術は、いま喫緊の課題として求められているところです。
さて、株式会社ネットマークスは、高速ファイル転送ソフトウェア「aspera(アスペラ)」とクラウドサービスを合体し、クラウド環境においてもセキュアに大容量ファイルを高速転送できるソリューションを提供することとなりました。
12月にリリースの予定です。
このクラウドサービスは、エヌシーアイ株式会社が提供するプライベートクラウドサービス「ZETA Cloud Private」で、本ソフトウェア向けにカスタマイズされたクラウドサービス「aspera向けパッケージ on ZETA」とネーミングされています。
「aspera向けパッケージ on ZETA」を導入すれば、サーバ構築や回線帯域の増強などをしなくても、必要に応じてクラウド環境でも快適に大容量データの転送が可能となるのです。
主に、映像・ゲーム制作などを行うエンターテイメント企業、設計図面を扱う製造業を販売ターゲットにしています。
大容量ファイルがスムーズに転送できることで、ネットの可能性が広がり、新たなビジネスモデルが確立されることが期待されます。


「aspera(アスペラ)」による高速ファイル転送をクラウド環境で実現初期投資/運用管理業務の負担を軽減し、必要なときにすぐ利用することが可能


ドリームニュース・ブログメディア参加記事


09 : 15 : 40 | 情報 | page top↑
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する