FC2ブログ

12/23

きょうでNHKの大河ドラマ『平清盛』が終わった。

低視聴率が話題となっていたが、確かに1年を通して面白くなかった。

見ていてワクワクする部分というのがなかったのである。

ただ、後白河天皇を演じた、松田優作さんの息子さんの演技には惹かれるものがあった。

逆に言えば、彼がいなければ、おそらく見続けなかっただろう。

「映像が汚ない」との批判に、「事実に即した形で放映します」との言い訳をしたのだが、「兎丸」やら「禿」やらの明らかなフィクションはどう説明するのか。

また、きょうの最終回では、オヤクソクの弁慶の立ち往生が出てきた。

苦笑を禁じ得なかった。

あまりにも、陳腐なドラマであった。

きょうのドラマ終了後に来年の予告をやっていたが、もう見る気は全くない。

21 : 12 : 41 | 日記 | page top↑
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する