FC2ブログ

12月4日(金)

私の住んでいる市には、「伊射奈岐神社」(いざなぎじんじゃ)を名乗る神社が2社ある。

やや複雑な話なのだが、片方が女性の神様である伊耶那美命(いざなみのみこと)を祀り、もう一社が男性神の伊耶那岐命(いざなぎのみこと)を祭神として祀っている。

戸建ての家に住んでいた頃は、わが家はそろって女性神のイザナミ様をお祀りしている神社に初詣や七五三などでお世話になっていた。

イザナミ様が祭神なのに、この神社も「伊射奈岐神社」(いざなぎじんじゃ)という名称なのだから、ややこしい。

必ずしも名は体をあらわすというものではないようだ。

むろん、神様には神様のご都合というものがあってのことだろうから、現代に生きている人間がこの神社に行って、「どっちやねん?!」と問いただすのは無礼そのものである(汗)。

それはさておき、私が今住んでいるマンションの地域は、男性神のイザナギ様を祭神とする神社が、氏神様に相当する存在だと思う。

引っ越してきて以来、一度もその氏神様にはお参りをさせてもらっていない。

以前から気になっていたので、今日、初めての参拝をさせていただいた。

それというのも、娘の離婚にまつわることで、女性の神様ばかりに頼っていたのでは男性神のイザナギ様から嫉妬されるのではないか、それを心配したからである。

もちろん、私とて科学の目で見て、神話はフィクションだと承知している。

ただ、人間の運命というのは不思議な力によって左右されることが多いのは確かだ。

もともと、イザナギ様とイザナミ様はお互いに深い愛情を捧げ合い、多くの子をなしたのに、最後には大ゲンカの果てに破局に至ってしまったという物語は、大筋では私の娘の事例にも重なり合う部分がある。

神話の時代には離婚という制度はなかったものの、お二人とも完全に袂を分かったのだから、現代でいうところの「離婚」と中身は変わらない。

イザナギ様にしてもイザナミ様にしても、双方に言い分があると思う。

現実の世界で、私は娘の父親として元娘婿を悪玉の極致として見ていたが、あるいは、彼にしても弁明したい部分があるかもしれない。

目下、彼は会社での長期研修のさなかにあって、関心はほぼすべて研修に向かっているはずだが、来週には研修も終わる。

わが家のハネムーン期間もあと一週間しかない。

どうか、その後は大きな波乱が起こらないように、すさんだ彼の心を鎮めてくださることを、男性神であるイザナギ様にお願いをしてきた。

文字どおり「苦しいときの神頼み」だと気がついて、自分に対して失笑した。



20201204.jpg

拝殿に行くまでの階段は角度が45度ぐらいあった

 
20 : 00 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<12月5日(土) | ホーム | 12月3日(木)>>
コメント
こんばんは♪

「神様の御用人」シリーズの本を思い出していました。
神様にもいろいろ事情があるようです(笑)
「苦しいときの神頼み」、
お礼をしっかりされたらいいと思います。
by: きっちゃん♪ * 2020/12/04 21:57 * URL [ 編集] | page top↑
神社好きな私としてはとても興味深く読ませていただきました。
サムハラ神社もこちらのブログで知り、大阪まで行ったくらいですから。
また関西方面に伺うときに参考にさせてもらいますね。
嫌な相手や事柄と縁を切りたければ、やっぱり「安井金比羅宮」です。しつこいですが、私ご利益あったので、強くオススメさせていただきます。
もしかしたら、年明けまた参拝するかもです。世間の状況次第ですが。
by: みさと * 2020/12/04 22:47 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。
 
本当に『神様の御用人』そのものの世界を身近に感じます。
日本は多神教で、唯一絶対神という存在はありません。
それだけに人間に近い感覚があって、失礼な言い方ですが親近感を覚えます。
 
もしイザナギ様が私の願いを聞き届けて下さったら、もちろんしっかりとお礼をさせていただきます。
by: 声なき声 * 2020/12/05 03:29 * URL [ 編集] | page top↑
みさとさんへ
私もサムハラ神社のことはネットで初めて知りました。
大阪に60年以上も住んでおりながら、それまでは全く知らなかったのです。
知ってからというもの、春と秋、年に2回は必ず参拝をさせてもらっています。
 
娘の問題が難航して暗礁に乗り上げそうになれば、「安井金比羅宮」のお世話になることにいたしております。
最後の切り札として、キープしておくつもりです。
ありがとうございます。
by: 声なき声 * 2020/12/05 03:36 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
新潟県は、全国で神社の数が一番多い県です。
名の知れた大きな神社もたくさんありますが、
田んぼの中を車で走ると いたるところに小さな森があって
そこには 神社が有ります。
例えが適切では無いかも知れませんが
「犬も歩けば・・」のようです(汗)

農業人口が多く、米どころとして発展した県で
農作業には気象が大きく関係しますから 大雨日照りなど
災害が無いように祈ったり 「五穀豊穣」を願ったり
必要として 神社があるようです。

長野県に隣接していますから 諏訪大社の関係で 
諏訪神社も多く見られます。

神社へお参りに行くのは 大晦日と新年だけですが、
朝の散歩のコースによっては 地元の小さな諏訪神社の
境内を横切る事が有ります。
その時は、ちょっとお参りをしてから 横切らせていただいてます。

神様とて 絶対では無かったようで
神話を読むと 喧嘩も有りますね(汗)
例に出されているような 離婚話も有ったことでしょう。

「苦しいときの神頼み」は、事を解決してくださいと言うお願いではなく
心の平安を得て 冷静な判断をさせてくださいと言うお願いですから
それは、神様が願って居られる事では無いでしょうか。

苦しみを与えてくる相手を 疎ましく思ったり
目の前から消し去りたいと思ったりするのは 仕方ない事でしょう
相田みつをも言ってるじゃないですか「にんげんだもの」(笑)


by: ヨンヨン * 2020/12/05 04:53 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。
 
新潟県が最も神社の数が多い県だとは、寡聞にして知りませんでした。
たとえ名のない神社であったにしても、そこに祈りを捧げている人にとっては、聖なる地にほかなりませんから、その思いは大切にしなければなりません。
 
長野県の諏訪大社は、さすがに不勉強の私でも知っています。
そういえば、大阪というか関西には、名前に「諏訪」のつく神社というのは私は見聞きしたことがありません。
やはり信州がメインとなっているのでしょう。
 
私の散歩コースには神社はありません。
ただ、記事にした神社であれば徒歩25分ですから、新たなコースとしてお参りしてもいいかなと思っています。
もちろん、通りがかるときは、お賽銭を入れるかどうかはともかく(汗)、手を合わせてまいります。
 
「苦しいときの神頼み」の意味するところは、そういうことなのですね。
お聞きして安心いたしました。
教えていただいて、ありがとうございました。
 
彼が会社の長期研修に入ってからというもの、すっかり音無しの構えとなりました。
一度だけ、12月の面会交流の日程確認のメールがあっただけです。
外出禁止とはいえ、夜はフリータイムですので行動の自由はあるはずですが、そのわりには動きがなさ過ぎます。
ほかの人の目を気にして、自重しているだけかもしれませんが。
もしそうなら、彼もやはり「にんげんだもの」だと思います(笑)。
by: 声なき声 * 2020/12/05 05:15 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます。伊射奈岐神社、山田のほうには昨年訪れました。私の生まれ育った場所から近いのです。今の神主さんは姉の小学校の同級生かもしれません。50年ぶりくらいだったので記憶もわずか。二ヶ所あることははじめて知りました。
by: たんぽぽ・ママ * 2020/12/05 10:59 * URL [ 編集] | page top↑
たんぽぽ・ママさんへ
おはようございます。
 
山田東のイザナギさんの近所でお生まれになったとお聞きし、これは奇遇だと驚いております。
神主さんのおそらくはご子息と思われるかたとは、事務的な会話であれば何回か交わしてことがあります。
山田東と佐井寺の二か所にイザナギさんがありますが、いずれも延喜式に記載のある由緒正しい神社です。
年明けには、二社とも初詣にまいる心積もりをしております。
by: 声なき声 * 2020/12/05 11:31 * URL [ 編集] | page top↑
古事記ですごいなと思うのは神様も火で死ぬんだな、っていうのと石でつぶされたりしても平然と復活したりすることでした。
by: てかと * 2020/12/05 19:47 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
日本神話の中の神様には、人間臭い部分がたくさんあります。
キリスト教のような絶対神ではありませんので、さすがに火の神様を産んだら母も無事ではいられないでしょう。
また、夫のイザナギ様は、せっかく生まれてきた火の神を、報復のために殺してしまうのですから、この展開も不自然な話だと思います。
あくまでも物語ですから(笑)。
by: 声なき声 * 2020/12/05 20:10 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/4214-f3d12f38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する