FC2ブログ

6月25日(木)

昨晩、管理組合の理事会があった。

総会が近いこともあって盛りだくさんの審議内容であったのだが、何かのはずみで、役員選出に年齢制限を加えたらどうか、というテーマに話が及んだのである。

脱線ではあるが、結構、私も問題意識を感じていたことだけに、身を乗り出して耳を傾けた。

言い出した人は、理事会役員になるにあたっては、年齢制限を設けるべきだとの主張であった。

現在の規約では、輪番制でもって定められた手順で機械的に推薦していく形になっている。

現実には、理事会の活動をするので声をかけても、高齢を理由に全く出てこない人は、実は毎年いるらしい。

今年のメンバーにも、そういうかたがいる。

出欠の返事を求めても、返事すらよこしてこない。

それでも役員7人のうちの一人であることは確かである。

それは毎年のことであり、時には高齢者と病気療養中の人がいて、その二rは一切顔を出さなかったということもあったという。

となると、7人の役員がいるはずなのに実際には5人だけとなり、うち1名が監事なので、理事は4人だけとなる。

もし、4人の理事のうち、理事会当日になって急用ができて欠席とでもなれば、規約により定足数不足のため会は開催できないことになる。

崖っぷちを歩いているようなきわどさではないか。

だとすれば、役員として活動するのが難しいと見られる人は、最初からはずしておくほうが円滑に進む、との論理である。

片や、それに対する反論もあった。

高齢者を対象から除いていけば、役員になる人の数がますます減っていく、というものである。

50年ほど前に建築されたマンションだけに、居住者の平均年齢は相当に高いと思う。

たとえば75歳到達時点で候補から除外することとすれば、劇的な若返り効果は期待できるはず。

しかし、それをすると弾の数が少ないので、すぐに順番が回ってくることになり、負担感が高くなるのは避けられない、とのデメリットがある。

私自身がどちらに賛同するかは即断のできる問題ではない。

おそらく、日本全国のマンションで同様の悩みがあるのだろう。

ここで思い出したが、政権与党の中では、逆に議員の定年制度を廃止せよとの声が高まってきて、若手議員との間でバトルが展開されている。

国会議員と管理組合役員とでは、同じレベルで議論のできる性質のものでないことは百も承知だが、国会議員と違って、管理組合の役員をやりたがる人はそんなにいないであろうことは、ほぼ間違いない(汗)。


20200625.jpg
会議中のおしゃべりとはいえ重要な問いかけが含まれていた
 
20 : 20 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<6月26日(金) | ホーム | 6月24日(水)>>
コメント
こんばんは♪

うちの母も高齢を理由に班長を
お隣さんに頼みに行ったことがあります。
快く引き受けてくださいましたが…
私には事後報告でした。
高齢の方が多いと難しい問題ですね。
by: きっちゃん♪ * 2020/06/25 21:54 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。
 
「事後報告」というのは、娘さんの立場にすればあまり心地よくありませんね。
お隣さんからは、あらぬ誤解を招くかもしれませんし。
もちろん、お母さんに悪意はなかったのは当然でしょうが。
by: 声なき声 * 2020/06/26 02:29 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
このような問題は マンションの理事会だけでなく
どこでも起こってる問題です。
こちらの町内会の役員は、推薦で決まりますが
班長は持ち回りです。班は15軒ほどですが
町内費の集金やら 募金の集金やらで回るのですが
高齢を理由に辞退したい人も居るようです。
確かに高齢化社会ですから そのような問題が起こるのも
時代の流れでしょう。

学校の役員決定も 年寄りの世話をしてるとか
仕事で集まりに出られないとかの理由で
辞退したいと 毎年揉めていました。
学校の役員ですから ご本人は若いのですが・・

そこに住んでる以上 責任は有るだろうと思いますが
言い訳では無く 現実にその役が難しい人も存在すると思います。
もちろん やりたくなくて言い訳にしている人も
存在するだろうとは思いますが。

解決の見通しが付かない問題ですね。
by: ヨンヨン * 2020/06/26 05:00 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。
 
以前に戸建ての家に住んでいたとき、自治会の番地当番なるものがありました。
ほとんどは回覧板を回す手配の仕事だけなのですが、遅れることなく適切に処理しないと、情報が伝わらない恐れがありました。
当時、妻も私も仕事をしていましたので、昼間はほとんど家にいない状態でしたから、回覧板を回す手続きだけでも、結構、精神的な負担のかかる仕事であったと記憶しています。
「高齢」では決してなかったのですが、仕事との両立で悩ましかったものです。
断わりたいというのがホンネでしたが、ご近所の手前、そんなわけにも行きませんでした。
回覧板の内容そのものは、さほど緊急性も重要性もなかったのですが(汗)。
 
学校の役員としては、任期途中で諸事情があって退任されたかたがいて、急きょ、代役を務めたことがありました。
息子の中学2年のときのことでした。
中高一貫の私立でしたので、以来、息子が高校を出るまで役をさせてもらいました。
おっしゃるように、いろんな事情で若くてもお手伝いのできない人はいるものです。
そして、言い訳でなくて、物理的に役員として活動できる時間的余裕のない人も少なくはありません。
そういった立場への理解は忘れてはならないと思っています。
 
こういった問題では、誰もが納得できる解決策は見つからないでしょう。
ただ、強制するのはいかがなものかと常に考えています。
私のマンションでは順番制となっていて、役に就くのが義務となっています。
これも、近い将来には見直される可能性があるかもしれません。
by: 声なき声 * 2020/06/26 05:19 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます。
マンション組合にしても自治会にしても、その仕組みが社会構造の変化に合わせられていないのが問題だといつも思います。

若い世帯の共働きが普通になった現代にそこまで手を回せないのが現状でしょう。

若い世帯の参加がないあるいは少ないことで、組織自体も代謝しなくなり、硬直化するという悪循環じゃないかなと思います。

自治会の廃品回収なんかみても老人の親睦会になってますからね~。しかも、数十人が集まって作業しても回収金額が数千円となると本当に労力の無駄と感じちゃいますからね。
by: ひまわり * 2020/06/26 09:57 * URL [ 編集] | page top↑
ひまわりさんへ
現在の管理組合の理事長が、たぶん40代半ばで、次に若いのが私です。
理事会を開催すれば、文字どおり老人クラブとなります。
おそらくは自分の存在感を発揮できる場として、管理組合の活動があるのではないか、と私は推測しています。
若い家庭のことをケアするとの発想は、全くありませんね。
by: 声なき声 * 2020/06/26 10:57 * URL [ 編集] | page top↑
 マンションの管理組合だけで無く、全国の自治会、町内会も似たような状況です。
 現在、辞める口実を探しています。
by: nekochan59 * 2020/06/26 17:28 * URL [ 編集] | page top↑
nekochan59さんへ
事情はどちらも同じようですね。
昔は、地域の運動会でも、団地の自治会とかが音頭を取ってやっていたのですが、最近は目立った活動はほとんどありません。
高齢社会そのものだと感じております。
なお、私は8月末で任期満了です。
あと少しの我慢です(笑)。
by: 声なき声 * 2020/06/26 18:05 * URL [ 編集] | page top↑
こういった話はどこにでもありますね。
町内会でもそういう取り決めしてるところはあります。
暗黙の了解で町内会長、副会長、班長にならないで済むような設定を加えているとか。
例えば高齢者とか、あと高齢というほどでもない健康的な女性の単身者なのに省かれているとかもありました。
理由は不明です。
こういう会は俺は嫌いなのでなんとか抜ける口実を探してましたよ。
たまたま予算の執行に不公平が見つかり、指摘したうえで俺は退会しましたが・・・。
マンションだと抜けるのも難しいのかな。
by: てかと * 2020/06/26 19:40 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
役員就任にあたってその人の事情を斟酌する、という団体や組織はあるようです。
ただ、マンションの管理組合は法律で設置が義務付けられていますので、入会や退会の自由は認められていません。
どうしても参加できないとか、したくないという場合は、何も言わないで欠席するというのが常套手段です(笑)。
「高齢」や「病気」であれば、住民もその事実を知っていますので、あえて何も言いません。
また、区分所有者が出席できないときは「同居親族」が代わりに出席することが認められています。
しかし「介護」や「看病」の名目で、実際には出てこないケースが一般的です。
by: 声なき声 * 2020/06/26 19:56 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/4048-86602696
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する