FC2ブログ

6月13日(土)

娘の離婚問題であるが、弁護士に入っていただくことにした。

妻の仕事関連でお世話になっている人で、ひょんなことで私も面識がある。

この問題が表面化した当初から、妻は弁護士に代理人になっていただくことを私に主張していた。

私は決断を渋っていた。

というのは、いきなり弁護士を立てたら相手に宣戦布告をすることになり、角が立つのではないか、と懸念していたのが一番。

さらに、弁護士費用の問題もあって、ためらっていたのである。

ところが、通帳事件はじめ、記事には書いていないが、真意をはかりかねる事柄が次々と発生し、これは相当に複雑で簡単には解決がいかない問題だと気付いた。

また、ブログをお読みいただいたかたからのアドバイスもいただいて、決断したのである。

おそらくは、調停だけでは片がつかないような気がする。

裁判に発展する可能性もある。

その段階になって依頼するよりも、最初からかかわっていただくほうが弁護士としてもやりやすいだろう。

もちろん、夫やその両親を相手にケンカをする意思は毛頭ない。

最終的には関連する人の最大限の納得が得られる状態で終えることができれば、それが理想である。

きれいごとに聞こえるかもしれないが、何らかの縁があって一緒になった二人なのであるから、袂を分かつに際しても見苦しい振る舞いはしたくない。

なお、娘が実家に帰ってきてから約2週間が経ったが、最近はかなり元気が戻ってきたと思う。

今日も、本人の口から軽いジョークが出てきて、だんだんと以前の娘の姿が蘇ってきつつあるのを実感した。

前向きな気持ちが回復しているのは、心療内科の薬も効果があったようだが、夫の言動におびえる環境から逃れることができたのが最も貢献しているのだろう。

モラハラの場合、程度にもよるが「よく話し合って・・・」というのが通用する世界ではない。



20200613.jpg
来週に一回目の打ち合わせをいれてもらっている
 
20 : 20 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(16) | page top↑
<<6月14日(日) | ホーム | 6月12日(金)>>
コメント
「よく話し合って」が出来ない相手どころか、二人で(皆で)決めた結論でさえ「お前が決めただろ」と言うのが目に見えていますからね~

こちらは本気であり、今までみたいに謝って有耶無耶にすることは通用しない、と示すためにも弁護士に依頼してよかったと思います。直接会わずに済みますし。
その結果ケンカになってもそれならその程度の相手です。
情け無用。

若輩者がスミマセン。
by: みさと * 2020/06/13 20:36 * URL [ 編集] | page top↑
みさとさんへ
すべて相手の責任にしてしまうのは、モラハラ夫には共通のようです。
ですから、論理的な話し合いをしようしても成立しません。
挙句の果ては機嫌が悪くなって暴言をはく始末です。
それでいて、相手に逃げられてしまうと、態度を急変させてひたすら謝るのですから、何か本心なのか、全くわかりません。
 
娘にしても、直接、相手と対面しなくていい、というのでかなり救われたことと思います。
今は、電話もメールもラインも、すべてブロックをかけているようです。
 
共感をいただき、ありがとうございました。
by: 声なき声 * 2020/06/13 20:47 * URL [ 編集] | page top↑
こんばんは♪

娘さん、話が具体的に進んだので、
前向きな気持ちになられたんでしょうね。
初めから弁護士を依頼されたのはいい選択だと思います。
by: きっちゃん♪ * 2020/06/13 22:22 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。
 
まずは娘の体調回復を最優先に考えておりました。
弁護士への依頼ができて、問題解決への道筋はついたのですが、これからが本格的な仕事の始まりとなります。
長期戦は覚悟しております。
by: 声なき声 * 2020/06/14 02:56 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
親の見栄外聞 費用の事など 度外視して
お嬢さんにとって最も良いと思える方法を取る事が良いと思います。
そう言う意味では、弁護士さんにお願いしたことは良かったです。

この記事を書かれた時から、弁護士さんにお願いした方が
良いと思って居ましたが、
多分 非公開コメントにはそのようなアドバイスが有るだろうと
思って ここには書きませんでした。

私の過去の記事に書いたかどうか忘れましたが
もう十数年前 末息子が前妻と離婚する時 大きな問題が有った訳でも無く
一般的に言われる 性格の不一致が理由ですが
夫は会社の顧問弁護士さんにお願いして 間に入って頂きました。
裁判にはなりませんでしたが 調停時も 家裁に来てくださって心強かったです。
費用は少しかかりましたが きちんとした解決が出来ました。

裁判になった場合でも
普通の理屈が通用する相手ではないので 長期的になる事と思いますし
決着がついた後も 近くに住んで居ると心配事も有るでしょう。
相手は、お嬢さんには未練が無くても 子供の父親であると言う事を
盾に 何かと接触しようとするかも知れませんから
後々の事も考えて 弁護士さんへお願いしたことは良い決断だったと思えます。

こんな時ほど ご家族の支えが必要だと思います。
早くお嬢さんが安心して過ごせる時が来ますように願っています。
by: ヨンヨン * 2020/06/14 04:48 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。
 
妻は早くから弁護士を立てるのがベストだと言っていました。
私が躊躇していたのが、今となっては時間のロスのように思えてきます。
今回の件で、夫の実の父親と電話で話しているときに、途中でその人が激高するに至ったことがありました。
こういった問題で近い人間同士が話すと、どうしても感情的になってしまいがちです。
代理人を立てるというのは、そういった意味でも有効だと考えています。
なお、その話を娘に言ってみたところ、「夫も全く同じ反応をする」と言っていました。
思わず笑いそうになりました(汗)。
 
私が読ませてもらっていないだけのことかもしれませんが、ヨンヨン家のご事情のことは存じませんでした。
やはり専門家に間に入っていただくほうが安心確実だと、感じました。
できるだけ裁判に入る前に、調停で合意ができることを望んでいます。
相手の出方を見ていますと、それは実際には困難なような気がしてなりません。
乗り越えていくしかないと覚悟を決めております。 
 
もし離婚が成立しても、おっしゃっているような点を、私も娘も心配しております。
とりわけ現在のマンションは、名義は共有であっても、大半はわが家から資金を出しており、第一、娘は非常に愛着を持っているのは間違いありません。
夫がそのことに理解を示してくれるかどうか、楽観的にはなれないのが現実です。
これも交渉事ですので、弁護士にお任せするのが賢明だと思います。
 
面接交渉権については明確に決めておいて、何らかの形で文書化しておくつもりです。
それはよほどの事態が起こらない限り、厳格に守ってもらうつもりでおります。
夫にしても子供たちの父親であることは確かなのですから、社会通念に合った形で子供の顔を見ることは自然な営みだと思っています。
 
ヨンヨンさんにはいつも支えてくださって、本当に心強い限りです。
あらためて感謝を申し上げます。
by: 声なき声 * 2020/06/14 05:29 * URL [ 編集] | page top↑
弁護士。正解です。でも時間はかかります。
by: senri32 * 2020/06/14 05:35 * URL [ 編集] | page top↑
senri32さんへ
ありがとうございます。
円満な解決を図るためには、たとえ時間や費用がかかろうとも、専門家の知識と交渉力がモノを言ってくると考えています。
いずれにしても賽はふられましたので、後はゴールを目指すだけです。
by: 声なき声 * 2020/06/14 06:01 * URL [ 編集] | page top↑
FC2ブログ更新お疲れ様です。
仔細は申し上げられませんが、自分も以前人間関係に悩んだことがございました。そんな際、第三者の「当事者同士、よく話し合ってみたらどうですか?」という進言に甚だ疑問(無責任な発言)を感じたことがございました。

それは話し合ったことによって却って関係が悪化したからです。話し合いに至る前の第三者の言い分はこうでした。「行き違いがあるからそうなっているのです。腹を割って話し合えば必ず理解し合えるはずです」と。

私はそう述べた人物が自ら汗を流し、両者の間に割って入るのなら、それはそれで受け入れようと思いますが、そうでない際(決裂になったことに責任を取らない)は、最初からそんな進言など控えるべき(結果ありきでの評価ゆえ)と考えています。

これは当事者にしかわからない問題です。話し合って理解し合えるのなら、ここまで話はこじれない。自分はそう考えています。泥沼化を食い止める意味で、弁護士を立てたことは最良の采配と察しております。

後はなるべく事務的に向かい合うしかありません。ネガティブな情感は時の流れが浄化してくれるものと考えています。(机上の理論ではなく自らの経験を基に語らせて頂いております)

◎御礼◎
本日も有意義な話題を提起して頂きました。ありがとうございます。
by: 横町利郎 * 2020/06/14 07:08 * URL [ 編集] | page top↑
横町利郎さんへ
トラブルがらみでは、「よく話し合うこと」というのが解決策として提示されることが多いです。
しかし、それは事と次第によりけりでしょう。
単なる夫婦喧嘩であれば、もしかしたら「行き違い」や「言葉足らず」が原因であったかもしれません。
それなら「話し合い」で誤解が解ける可能性もあります。
しかし、モラハラが原因というのであれば、どれだけ誠意を持って話し合ったところで、問題解決には至りません。
モラハラをする人間は自分が正しいと信じ込んでいるのですから、妻側が論理的に「それは間違っている」と説明しても受け入れるはずがないのです。
逆上させてしまい、修羅場を作り出すのがオチだと覆います。
一般論としての話し合いを提案してくる人は、本人は親切のつもりなのでしょうが、おっしゃっているように「無責任」な側面を私も感じてしまいます。 
 
事態を「泥沼化」させたたくない思いで、当方としては弁護士に依頼することにしました。
法律知識はもちろん、実務経験も豊富にお持ちの弁護士ですので、お互いに傷の少ない着地が可能であると期待しています。
 
横町利郎さんのご体験に基づく貴重なアドバイスを頂戴しまして、ありがとございました。
今後の糧とさせていただきます。
by: 声なき声 * 2020/06/14 07:25 * URL [ 編集] | page top↑
離婚の話
 こんにちは。
お父様としては結末をさぞ心配していることでしょう。
僕の両親も離婚し、実際に僕も離婚経験がありますが、理由が込み入ったケースでもなかったので裁判にはなりませんでした。
子供(お孫さん)のことが一番心配なんじゃないでしょうか?
僕の経験や見聞きしたことから言うと、
色々と悩んだ挙句に結論まで至ると、
女性の方がサバサバして次のステップに移行できると思うので軽いジョークも出てくるのでしょう。
早く騒動が収まることを願います。
by: 直感馬券師 * 2020/06/14 10:11 * URL [ 編集] | page top↑
直感馬券師さんへ
こんにちは。
 
おそらく、二人の子供のことが気がかりで、娘もずっと我慢に我慢を重ねてきたのだと思います。
なんでも、夫婦で気楽に語り合えたのはほんのいっときだけのことで、あとは終日夫の顔色をうかがいながらの生活であったそうです。
なら、もっと早くから言ってくれれば対処の方法もあったのですが、両親のもとで子供を育てたいとの思いから、おびえつつも自分を殺してきたのでしょう。
それを知って、親としてもいたたまれない思いでいっぱいです。
 
おっしゃるように、結論が出た以上は女性のほうがアクティブになるのかもしれません。
「ジョーク」は全くなんのひねりもない中身でしたが、それを聞いた私はうれしくなって大笑いしたものです。
by: 声なき声 * 2020/06/14 10:27 * URL [ 編集] | page top↑
すすむケースによっては慰謝料とか財産分割とか親権まで進むことを考えるとここは弁護士スタートで出し惜しみなしでいくべきかと!
それにしても結婚とは人生の墓場とはよくいったものか・・・。
あと別居したほうが生き生きとしているとか読むともうどう解釈したものなのか、と。
やはり人間関係は複雑ですね。惚れた晴れたでくっついて子までなしてもこの結末がくるとかまさに波乱万丈。
俺は圧力鍋で一人飯を炊きながら、やべえこの鍋すげえ楽だ嫁いる?、とか立ち込める湯気を見ながらもの思いにふけるのでした。
by: てかと * 2020/06/14 13:27 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
親権については、一般的には母親側が持つようです。
まずは安心しました。
慰謝料はモラハラの場合は認められないケースが多いとか。
DVと違って明確な証拠が残らないので、立証が困難だからだと聞きました。
財産分与は一悶着ありそうです。
こちらは弁護士の先生にお任せするしかないと考えています。
ほかにも、お互いの住居の問題など、当事者同士の利害が鋭く対立する事案だと、調整役の人がいないことには収拾がつかないでしょう。
 
悩み苦しんで決断を下したあとは、なるほど女性のほうが輝やいていることが多いです。
新たな人生を自分の足で歩いていく充実感があるからでしょうか。
by: 声なき声 * 2020/06/14 13:43 * URL [ 編集] | page top↑
こんばんは。
そうでしたか、弁護士さんですね。
家庭裁判所で調停をしても話がまとまらず不調になると、
その上の裁判、長くなります。
最初から色んな事を分かってくれた上で
弁護士さんがついていると良いですね。安心ですね。
なるべく揉めないようにと思っても、お金が絡んだり、
言った言わない等々と色々予想外の事も
出て来たりもあるかもしれません。

娘さんの体調、良くなったきたようで嬉しいです。
きっと進もうと前を向いてきたからだと思えます~。
by: くま8 * 2020/06/14 22:17 * URL [ 編集] | page top↑
くま8さんへ
おはようございます。
 
おそらく、調停は長引くものと予想されます。
夫側は英魂を簡単には承諾しないはずですから。
泣き落としで来るか、あるいは調停で法外な条件を出してくるか、とにかく難航することは明らかです。
裁判は覚悟しております。
 
ただ、結論が出るのが遅くなっても、夫と接する機関がないだけに、娘の状態はかなり快方に向かうでしょうから、むしろ望むところです。
 
「予想外の事」が出てくるのもあり得るでしょう。
今でも、思いも寄らぬことが発生しているのですから。
長期戦はもとより覚悟の上です。
 
今後とも、何かとご支援のほどをお願いいたします。 
by: 声なき声 * 2020/06/15 04:16 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/4036-19593543
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する