FC2ブログ

5月28日(木)

ピロリ菌の除菌治療を2月に受けたが、それが成功したかどうかの検査結果を伺いにクリニックに行ってきた。

廊下の椅子で待っている間、自分でも説明のつかないほどの緊張と不安がこんこんと湧いてきたのである。

そんなに怖がらなくても70~90%の成功率なんだし、仮に一次治療でうまく行かなくても、二次治療のチャンスが残されている。

2回の治療機会が用意されていることで、ほぼ全員が菌を除去できる、と聞いている。

ただ、極めて少ないパーセンテージの人が、二次でも陽性反応が出るらしい。

その原因となっているのは、過去に使った抗生物質に求められるのが大半だという。

今までに抗生物質を使っていたとしたら、胃の中のピロリ菌も鍛えられて耐性を持ってくるので、せっかく除菌治療をしても効果が薄まってしまう。

実は、9年前に帯状疱疹にやられたとき、抗生物質を飲んだことを、後になって思い出したのである。

そのことは医師には伝えていない。

もしかしたら、帯状疱疹のときの抗生物質がピロリ菌除去の邪魔をしているのではないか、との疑惑が心の中を行ったり来たりしてた。

そんな思いが私の不安をふくらませていったのかもしれない。

ほどなく私の名を呼ばれ、診察室に入っていった。

いよいよ決定的な瞬間の到来である。

椅子をすすめられ、腰かけるときに何気なくテーブルの上を見たら小さな紙片があり、手書きで
「ピロリ菌(-)です」
と書かれているのが目に飛び込んできた。

おっと、陰性で出ているではないか、と心の中で快哉を叫んだのは言うまでもない。

私にしてみれば、ドラマチックな告知場面を想像していただけに、思わぬ形で朗報に接したことに脱力してしまったほどだ。

医師の口から結果を告げられるのを、まるでプロポーズの返事を聴くかのように、全身を耳にして聞き入る構えをとっていたので、当てが外れたというところか。

とにもかくにも、望ましい結果に終わって万々歳である。

あれほど心配して、損をした(汗)。



20200528.jpg
「2.5未満」の基準値に対し「0.4」であったのだから優秀だ、と自画自賛した
 
20 : 20 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
<<5月29日(金) | ホーム | 5月27日(水)>>
コメント
こんばんは♪

陰性、よかったですね。
たいていの人は大丈夫のようです。
ただ、私はピロリ菌が陰性になっても
慢性胃炎のままです^^;
by: きっちゃん♪ * 2020/05/28 22:17 * URL [ 編集] | page top↑
良かったですね、友達は2回失敗して・・・もう諦めました。
私の場合、除菌前は(6、5以上測定不能)と書いて有りました。
ゾッとしますね。。
by: アイハート * 2020/05/28 22:33 * URL [ 編集] | page top↑
(y^ω^)y こんばんは~☆彡
(y^ω^)y 良かったですね!

(y^ω^)y 僕は以前心配性だったのですが、振り返るとほとんど杞憂だったことに気付き、起こっていないことは解決のしようがないので起こってから考えるようにしました。

(y^ω^)y 随分楽になりましたよ☆彡
by: かえるさん * 2020/05/29 00:10 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。
 
医師のお話では、
「ピロリ菌が除去されても、慢性胃炎は何年もの年月をかけないと治りません」
とおっしゃっていました。
幾分はがっかりしましたが、気長に付き合っていかざるを得ません。
by: 声なき声 * 2020/05/29 04:10 * URL [ 編集] | page top↑
アイハートさんへ
私も、知人に二次除菌にも失敗した人がいました。
それがあって、ピロリ菌の除去は難しいものだとのイメージが先行していたのです。
なかなか着手しようとしなかったのですが、この年齢になってようやく重い腰を上げました。
 
「測定不能」というのは、数値化できないほどですから、相当なレベルでしたね(汗)。
by: 声なき声 * 2020/05/29 04:15 * URL [ 編集] | page top↑
かえるさんへ
おはようございます。
 
「心配ごとの9割は起こらない」というフレーズを聞いたことがありますが、私もそれは事実だと思います。
しかし、杞憂だと頭でわかっていても、私のような小心人間はあれこれと心配してしまうものなのです(笑)。
今回のように、振り返ってみると意味のない心配であったことが大半なのですが、これは気性ですから、私の場合は変わらないと思っています。
by: 声なき声 * 2020/05/29 04:20 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
ピロリ菌の除菌治療 陰性で良かったです。
成功率が70~90%ですから その中に入る事の方が
多いのですが、100%では無いので
心配の気持ちも分かります。

検査後の結果を聞くための診察までの待ち時間は
本当に嫌ですね。
私は、能天気なので あまりマイナスには考えないのですが
それでも 良い気分では居られません。
良好だった結果を聞いた後は、爽快感ですね\(^o^)/

抗生物質の使用がピロリ菌除去の障害になるのですか。
私は、心配になるような検索はしないようにしていますので無知です(汗) 
お料理の事は、良く検索しますけど(笑)

胃は ストレスなどを直に受けますから
胃に関しては これで安心ですね。
あまり気にせず ゆったりと過ごしてください。
by: ヨンヨン * 2020/05/29 04:57 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。
 
私の場合、「成功率が70~90%」と聞いたら、「失敗の可能性が30%」と解釈してしまう部分があります(汗)。
心配性の人間とのは、そんなものだと自覚しています(笑)。
私の心理に共鳴をいただき、ありがとうございます。
 
「待ち時間」というのは微妙な雰囲気に包まれています。
とりわけ、検査の結果を気にしているときの「待ち時間」というのは、蛇の生殺し状態で、とにかく早く脱出したいと一心です。
これで、もし不本意な結果が出ていたら、一日中、重苦しさを引っ張ったままであったかもしれません。
 
私はネット検索が「趣味」です(笑)。
インターネットの機能の中で、検索は自分の求めている情報を得られるという点で、非常に優れたものだと思っています。
逆に、いろんなことを検索しまくって、無用な不安や心配を抱え込んだりしていますので、私の場合は功罪相半ばすると言うべきでしょうが(汗)。
 
医師のお話では、ピロリ菌治療が終わっても慢性胃炎そのものが治ったわけではない、とのことです。
来年も胃の内視鏡検査を受けるようにと指導されました。
長いお付き合いになりそうです。
by: 声なき声 * 2020/05/29 05:14 * URL [ 編集] | page top↑
ピロリ菌が陰性良かったですね。
仙台在住の知人は3回もピロリ菌除去に失敗してもう諦めています。
で、ヨーグルトを食べていましたがピロリ菌は住みついてしまっているようでした。
ただピロリ菌は唾液でも感染するので再発も有り!と言う話も聞きます。
同じコップ等での飲みまわしは駄目かもですね。
私も以前 除菌しましたが成功しました。でも、気は強いのに胃はいまだに弱いです(笑)
by: 桜子 * 2020/05/29 11:04 * URL [ 編集] | page top↑
桜子さんへ
「3回もピロリ菌除去」とお聞きすると、絶望的になってきますね。
私の知人では二次治療までやったものの、不本意な結果に終わった人がいますが。
たしか三次除菌治療は社会保険の適用がないと聞いています。
そのかたのショックは大きかったに違いありません。
 
除菌がうまく行かなかった原因の大半は、過去に抗生物質を服用したことでピロリ菌が耐性をつけたことにある、というのが定説です。
そもそも、何でも消化するパワーを持った胃液の中で生息できるピロリ菌なのですから、生命力が異様に強いのは間違いないと思います。
 
ピロリ菌除菌をしておけば、再発の危険性はほとんどないようです。
ネットでも記載されていますし、今回の検査と治療でお世話になった医師からも、「1%以下」と伺っています。
ほぼ再発の恐れはないと考えていいのではないでしょうか。
by: 声なき声 * 2020/05/29 11:25 * URL [ 編集] | page top↑
ピロリ菌、たいしたことないですね(慢心)
これで心置きなくうまいものでも食いまくりましょうか。
by: てかと * 2020/05/29 14:46 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
ピロリ菌のせいで慢性胃炎になったとはいえ、その自覚症状がないだけに除菌が完了したことの実感が具体的にはあまりありません。
検査医からも食べものに関して注意はとりたててありませんでしたので、「食いまくり」とまでは言いませんが、おいしいものは気をつけながらも食べていきたいと思っています(笑)。
by: 声なき声 * 2020/05/29 15:17 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/4019-7a16145c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する