FC2ブログ

5月24日(日)

妻から、巷でうわさの特別定額給付金の書類を手渡された。

「書いて出しておくように」とのことで、要は、世帯主が申請する形になっているから、というのが彼女の論理である。

これぐらい自分で書いてくれ、という言葉が口から出かけたのだが、先日、いかなごの釘煮をもらったことを思い出して、その言葉はすんでのところで呑み込んだ。

そもそも、この給付金は、中国からの招かねざる客がもたらした災害によって、経済的な打撃をこうむった人たちへの補償という意味合いが含まれていた。

私のように年金をいただいて生活をさせてもらっている立場では、1円たりとも損害は受けていない。

これは妻も同様だ。

だから、私の世帯としては本来は受け取るべき性質のものではない。

ただ、住民基本台帳に名が載っている人全員に給付するというのが法律のたてまえだから、誰はばかることなく自分のポケットに入れられる。

もし私が辞退するにしても、妻は当然の権利として受け取るのは目に見えている。

同じ世帯の中で、特定の人だけが受け取らないというケースが起こることは行政としても想定していて、氏名の横にチェックを入れる欄を設けているほどだ。

ほんの何秒かほど、私だけが辞退するという選択肢も頭に浮かんだが、それをしたところで大局的には意味がないと考え、役に立つ使い方をするとの前提で受領することとした。

当初、その世帯の所得に応じて給付するといった構想で進んでいたが、急転直下、国民一律10万円支給という形に落ち着いた。

平等という観点からはいいことだが、そうなると矛盾も出てくる。

納税が趣味という高額所得者や死刑判決が確定した受刑者などが10万円を手にしても、その人生に何の意味も与えない。

片や、非正規従業員や自営業者の中には、10万円では焼け石に水といった人も目立つ。

しかし、法律がそうなっているのだから、例外は認められない。

こういった矛盾は必ずあるのだから、それはそれで受け止めるしかない。

私は有効な10万円の使い方を考えることにエネルギーを注ごうと思う。



20200524.jpg
総額12兆円の経済効果は大きいだろう
 
20 : 20 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<5月25日(月) | ホーム | 5月23日(土)>>
コメント
おはようございます
我が家にも 特別定額給付金の申請書が届きました。
このような書類は、以前から私が書く事が習慣になっているので
もちろん 私が書きました。

夫も私も この事態で何の損害も受けて居ません。
普段と同じ生活を続けています。
けれど 辞退する気は全くありません。
どのような生活体形であろうが、これは私たちが払った税金から
給付されるものですから 後ろめたさもなく
大手を振って戻して貰っても良いと思って居ます。

受け取って 本当に困って居る人の所へ届く方法は
たくさんあると思います。
そちらに回す事を考えた方が良いと思って居ます。
自分のポケットマネーとして 消費に使う事も良いと思います。

辞退して政府に戻して 賭けマージャンに使われたら
たまらないですからね(笑)

私は、以前から 自分の記事に書いている通り
このお金で「地元の飲食店を応援しよう」の
クラウドファンディングで 「未来チケット」を
買う事にしていました。
給付されるより先に購入したので 給付金ではなく
自前のお金を使いましたが。
結果の集計を見て居たら 10万そのまま使っている人が
かなりの数有りました。

納税が趣味という人には、納税してもらって
国民の何らかの為に使って貰えば良い事です
無事に国民の為に使われるかは 分からないですが(汗)
死刑判決が確定した受刑者は、相続人が相続したら良いですが
そう上手くいくかも 分かりません(汗)

それにしても このお金は収入として 申告をし
また税金を取られる事になるのではないかと言う話も聞きました。
国民にタダで税金還付は考えられていないのでしょうね。

by: ヨンヨン * 2020/05/25 04:54 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。
 
私の今の考え方は「消費に使う事」に焦点を絞りつつあります。
いざというときのために備えて貯めておくという発想は、全くありません。
給付金の性質上、貯金しておカネの動きを止めてしまうのは意味がない、と考えているからです。
もちろんこれは人それぞれですので、その人の置かれた立場や状況で、あるいは一旦は銀行口座に入れたままにしておくというのはアリだと思いますが。
 
某市で、たしか3,000円出せば再開のときは6,000円分の飲食ができる、というクーポンを発行したところ、たちまちクルマの大渋滞が起こって、大きな混乱になったそうです。
その後、市長が謝罪会見を行ったとのことですが、倍の金額というのは採算ベースは度外視してのものでしょうから、公的な立場で行うのはいかがなものかと感じました。
なお、ドライブスルー形式でクーポンの販売をしたとのことで、「密」は避けたようです。
 
死刑が執行されたときの相続手続きというのは無知にして存じませんが、実務的には相当に厄介なものだと想像しています。
相続人の特定はできても、その人との連絡がすぐにはつかないケースが多いでしょうから、相当な時間がかかるのではないでしょうか。
極めてイレギュラーなケースですから、あまり真剣に考える必要もないかもしれませんね(笑)。
 
当初、一定以上の収入のある人には10万円を給付しておいてから、確定申告をする段階で課税してはどうか、との案もありました。
その後は全くその話は伝えらえてきませんので、おそらく、徴税はあきらめたものだと思っています。
10万円程度の金額であれば、そんな労力をかけるほうが税務当局にとってはロスが出ますからね。
by: 声なき声 * 2020/05/25 05:33 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます♪

こちらはまだです。
世帯主は名前だけなので私が書くことになります。
必要ととしている人だけに必要な金額をとも思いますが難しいでしょうね。
by: きっちゃん♪ * 2020/05/25 08:09 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。
 
マスクにしても給付金申請書にしても、一般人の手元に届くスピードにはかなりの地域差があるようです。
こればかりは、すべて歩調を合わせるわけにはいきませんから、仕方ないでしょう。
 
「必要ととしている人だけに必要な金額」というのは理想的な姿だとは思いますが、現実にはその判断は難しいでしょう。
社会主義の姿とも言えましょうが、経済的なゆとりというのは人それぞれで大きく違っています。
心理的な要素も多分にありますので、そういった意味では、国民一律10万円というのは間違っていない手法であったと私は思っています。
by: 声なき声 * 2020/05/25 08:29 * URL [ 編集] | page top↑
普段鼻息荒く政権批判を繰り返すラサール石井すらも受け取っているんだから問題ないですわ。年金受給者の申請なんてかわいいものです。
あとは国内企業か地元で使って景気を回せばよろしいかと!!
Amazonじゃなく楽天にすれば俺も何も言わない(笑)
by: てかと * 2020/05/25 13:20 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
私が学生時代の話ですが、過激派の人が生活に困窮したものの、生活保護は一切受けなかった、とのエピソードを耳にしたことがあります。
当時は反体制を志向する人は自らのプライドもかけていたのでしょう。
国家からの給付は頑として受けないという潔さには、イデオロギーはともかく心惹かれるものがありました。
 
はい、ご心配には及びません。
寄付の選択肢も捨てましたので、あとは国内企業での消費が再有望の可能性として残っています。
アマ〇〇のは買いません(笑)。
by: 声なき声 * 2020/05/25 14:54 * URL [ 編集] | page top↑
 まだ受け取っていませんが、もう一部は使い始めています。
 給与の一部が減額になった程度なので実害は少ないのです。
by: nekochan59 * 2020/05/25 17:37 * URL [ 編集] | page top↑
nekochan59さんへ
ダメージが少なくて、何よりでしたね。
この給付金は、当たり前ですが公金ですので、自分の便宜だけではなくて、世のため人のためになる使途にしたいと、結構、真面目に考えています(汗)。
プレッシャーではありますが、それはそれで楽しい営みだと思っています。
by: 声なき声 * 2020/05/25 17:56 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/4015-a4692f15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する