FC2ブログ

5月22日(金)

妻が、イカナゴの釘煮とジャコを持ってきてくれた。

淡路島出身の親戚筋からの贈答品で、そのお福分けにあずかったかっこうになる。

とりわけ、イカナゴの釘煮は春の季節感をたたえているとの意味合いもあって、毎年、ひそかに楽しみにしている品でもある。

ところで、この「釘煮」の言葉は、関西では、というか私の生活圏では普通名詞の扱いで気軽に使われている。

今まで全く気にかけたこともなかったが、某製造業者が「くぎ煮」の名称で商標登録しているのに気がついた。(登録1988658)

1987年10月27日に登録され、今も抹消されていないところから現在も現役として有効である。

もっとも、商標権をめぐってのトラブルや訴訟などは、寡聞にして知らない。

おそらくは、他社に権利を押さえられて自社で使えなくなってはいけないから、との防衛的な配慮から申請しただけのことだと思う。

だから、私が小さな魚を集めてきて、醤油や砂糖、味醂などで煮込んだ状態にしたものを製造して「声なきくぎ煮」とネーミングして販売したとしても、商標権を持っている会社からは文句を言ってこないと思う。

もちろん、私がそれをするならば、「声なき釘煮」と書き方をマイナーチェンジすることによってリスク対策をとるが。

こういった無粋な話はともかく、温かいご飯にイカナゴはぴったりとフィットして、食欲を徹底的に刺激した。

炊き立てのご飯と一緒に食べれば、際限なく食が進んだかもしれない。

感染症に明け暮れた今年の春であったが、イカナゴのおかげで春をたっぷりと堪能させてもらった。



20200522.jpg
塩分や糖分、そして各種添加物が満載であったが(汗)
 
20 : 20 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<5月23日(土) | ホーム | 5月21日(木)>>
コメント
こんばんは♪

美味しいですよね~
今年は食べていませんが…
最近、イカナゴは不漁なんですよね?
by: きっちゃん♪ * 2020/05/22 21:47 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。
 
独得の甘さが大いに気に入っています。
ただ、おいしいものは気を付けないと、体に好ましくない成分も多いです。
食べ過ぎには注意をしています。
 
いろんな説がありますが、どうやら乱獲が原因で撮れる量が減ったとも聞いています。
サンマと同じですね。
季節の風物詩ですから、たとえ少量でも毎年口にしたいと願っています。
by: 声なき声 * 2020/05/23 04:20 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちは<(_ _)>
ここ数年あまりにも高くて、炊くのを
止めました。1キロ4000円以上します
からね。とても手が出ません。
by: タンポポ * 2020/05/23 12:43 * URL [ 編集] | page top↑
塩使わない煮物とかすぐ痛んでしまうしなあ。
けっこうやっかいですね、塩の病気って。
俺は今から気を付けよう。
by: てかと * 2020/05/23 13:01 * URL [ 編集] | page top↑
はい、スーパーに並んでいる価格を見ても、異様に高くなってきています。
なんでも、乱獲によって漁獲高が年々減ってきていると聞きました。
品が少なくなってくると、値段が高くなるのは自然な流れです。
気軽に買える価格ではありません。
by: 声なき声 * 2020/05/23 13:34 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
私の場合、過剰に塩分のことを心配し過ぎな部分はあると思います。
昨今は、血圧が上がる原因として「塩分摂取過多」だけではないとの見方が有力です。
暑い季節になると食生活は変わらなくとも、血圧の測定数値は目立って下がるのが私の特徴です。
夏が近い今の季節は、以前ほどには塩分をカットすることなく、むしろバランスを考えて食生活を送っています。
 
とはいえ、塩分は内臓にかなりの負担を与えますので、なるべく控え目にするのがいいそうです。
by: 声なき声 * 2020/05/23 13:40 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/4013-0a2ecc38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する