FC2ブログ

5月21日(木)

いっときは荒れ狂っていた新型コロナも、ここに来て落ち着きを見せてきている。

私の地元である大阪府も、今日、緊急事態宣言が解除された。

事前に予測されたとおりであり、唐突感は全くない。

これで重くのしかかっていた呪縛からは解き放たれ、気持ちの上では少しは楽になった。

もちろん、解除されても、しばらくは緊張感を持っての行動を心がけなければならないが。

ここであらためて感じているのが、では5月4日の「延長」措置は意味があったのか、という疑問である。

スローガンであった「8割削減」が達成されなかったから、というのが延長の理由でもない。

そもそも、「8割削減」の具体的内容が一般人にはわからず、また、客観的な数値としてあらわせるものでもなかった。

理論上での数理モデルは開示されていたものの、それはあくまでも計算式の上での話であって、では具体的に私たちがどう行動すれば8割を削減できるかは、全く見えてこない。

私は、もっぱら「できるだけ人との接触を減らす」と解釈したのだが、いくら考えても曖昧でしかない。

その点、吉村知事が大阪モデルで示した3つの基準は、それが適正であったかどうかは別にして、誰が見てもわかる数字で出ている。

この違いは大きく、府民にとっての納得性を大きく左右したと思う。

2週間あまりであったが、少なくとも大阪府にとっては意味のない「緊急事態延長」ではなかったか。

人と人の接触を8割減らす、との目的のもとでは、「ステイホーム」はむしろ逆に働いたと、私は考えている。

私のようなひとり住まいであれば、家の中にこもってさえいれば感染拡大にはならないが、複数の人間が住んでいる家庭の場合、「ステイホーム」で余計に人との接触が増えてしまう結果になる。

現に、緊急事態が宣言されてからの期間、家庭内感染が急増していることは統計的に明確に出ている。

感染を拡大させないことが大切なのに、そこに「ステイホーム」のスローガンを持ち込んだものだから、本当に大事なものがわからなくなったのである。

さらに、「ステイホーム」によって、うつ病状態やDV、離婚、家事の負担増などさまざまな弊害も発生した。

だから、「ステイホーム」は、決して手放しで歓迎すべき性質のものではない。

なお、私自身はお目にかかったことはないが、交通標識の中には
「美人多し 脇見運転注意」
というのがあるらしい。

しかし、そんな標識を見たら、私など逆に身構えてしまって運転への注意が散漫になってしまうと思う(汗)。

キョロキョロしながら運転するドライバーを増やすだけではないか。

スローガンというのは、趣旨が正しく伝わって、そして、一般の人にもわかりやすいものでなければならない。

「8割削減」も「ステイホーム」も、スローガン選びとしては失敗であったと思う。



20200521.jpg
吉村知事は作業着姿のほうが似合う (大阪府WEBより引用) 
20 : 20 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<5月22日(金) | ホーム | 5月20日(水)>>
コメント
こんばんは♪

今週は通勤の人も増えているようです。
うちの会社も6月からは毎日出勤になります。
30分の時差出勤ですが…
ステイホームはあまり苦になりませんでした。
by: きっちゃん♪ * 2020/05/21 21:41 * URL [ 編集] | page top↑
(y^ω^)y こんばんは~☆彡
(y^ω^)y 「美人多し 脇見運転注意」!

(y^ω^)y それはかなり危険ですよねwダメだと思います☆

(y^ω^)y コロナ問題は本当に難しいですよね、医療関係者の方々と商業を営む方々では全く違うでしょうし、

(y^ω^)y 自分は、何一つ変わらない感じなので、ピンとこないのが正直だったりします。
by: かえるさん * 2020/05/22 00:14 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。
 
そろそろ、社会全体が動き出しそうな空気が流れてきました。
今までの停滞が長過ぎたと思います。
なお、「時差出勤」は朝の混雑緩和に役立ちますので、今後も多くの会社で継続していただきたいと望んでいます。
by: 声なき声 * 2020/05/22 01:14 * URL [ 編集] | page top↑
かえるさんへ
おはようございます。
 
「美人多し・・・」の標識が立てられていることは、公安委員会は認めているのでしょうか。
ギャグは気持ちを和ませますが、運転は緊張感を持ってやるべきですし、これは冗談では済まないレベルだと私は考えています。
 
私自身も、コロナでの「自粛」が始まってからも、とりたてて行動に変化はありませんでした。
ほとんど影響は受けませんでしたので、経済的に苦しまれている人たちの心情には理解が及ばなかったのは事実です。
ただ、第三者的な目で見ても、あまりにも経済活動への規制が行き過ぎたように感じられてなりませんでした。
誰かが言っていましたが、「コロナで死ぬよりも収入がなくなって死ぬ恐れのほうが強い」というのは、強烈な説得力を持っています。
by: 声なき声 * 2020/05/22 01:24 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
今回の緊急事態宣言も人との接触8割削減もステイホームも 
あまり現実味の無いスローガンであったと私も同感です。
第一 人との接触8割減は、どうやって数えたら良いのか
曖昧な表現です。 
ステイホームで家庭に居たら 100%接触ですから(汗)
しかし あのまま何もせずに放置していたら
感染者が外国並みに増え続けて、死者が何万人にもなった事でしょう。

緊急事態宣言が出された時は、いつまでと決める事は不可能で
とりあえず 人との接触を最低限にしようと言う意図だったでしょう。
時が経つにつれて どこまで行ったら解除出来るのか
吉村知事が大阪モデルで示した3つの基準のような出口を
示す事が必要だったと思います。
政府は 何となく曖昧で 国民を苛立たせました。
それは、権限が与えられてる居ないの問題も有った事でしょう。

私は、閉館になった図書館やスポーツクラブを使って無かったので
普段の生活は スーパーへ行く時に気を付けるだけでしたし
仕事関係の人は、普通に来ていましたので あまり閉塞感は有りませんでした。
夜遊び外食へは行っていませんが
それがストレスになるほどの事では無かったです。

こちらの地方は 大阪に先駆けて緊急事態宣言が解除になりましたが
いまだに 道行く車の数は少ないです。
みんな気を付けているのだと思います。
第二波 第三波を起こしてはいけないと言う思いでしょう。

けれど 首都圏の人の波を見ると
少し 怖い思いがしています。
by: ヨンヨン * 2020/05/22 04:52 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。
 
「8割減」の定義を、仮に他人との会話時間を8割分減らす、とでもすれば、効果があるかどうはともかく、実行はしやすかったと思います。
ただ、自分自身を振り返りますと、以前からリアルで会話をする対象の人物は少なかったですし、会話の時間もわずかでした。
そんな状態で8割を減らすことができたとしても、トータルの時間数にしてみればほんのわずかです。
大勢には影響がありません。
ですから、私など、「8割減」の話を聞いたときからこれは意味がない、と感じていました。
 
特措法そのものがかなりルーズなようで、国が緊急事態を宣言するものの、その実際の展開は自治体に丸投げしているところから話が混乱してくるのだと思います。
だれが権限を持つのかが明確でないから、曖昧な表現しかできないのは致し方ないのかもしれません。
「権限が与えられてる居ないの問題」がいろんな場面で出てきたのは、法律の杜撰さによるものにほかなりません。
いっそ、国に権限を集中させて、同時に「要請」ではなく「命令」の形で実行させる強制力を持たせた内容にするほうが、成果は期待できます。
だとすれば、望ましい事態ではありませんが、西洋の各都市で行った「都市封鎖」も可能になります。
もちろん、休業を命じるにあたっては補償もセットになってきます。
たとえ金額が安くても、休業を命じられた企業にとっては、少しは助かることとなります。
 
私は、「自粛」ムードに覆われることで重苦しい気分になったことが不快なだけで、ほかに何ら不利益を受けたものはありません。
ただ、会社や学校関連が休まざるを得なかったのは、関係者にとってはあまりにも痛かったでしょう。
そんな人たちの苦悩を前にしますと、私なんて何の痛痒もなかったも同然です。
 
おそらく、大半の人は「解除」されたからといって、一斉に遊びに狂奔することはないと思います。
次が来るかもしれないことは、誰しもが頭の片隅に置いているはずですから。
某テレビ局が、人通りがにわかに増えたことを強調するために、2月頃の写真を使って、あたかも今の姿であるかのように放映したのがバレて、ちょっとした問題になっています。
メディアにしてみれば、少しでも問題が大きくなるほうが有難いのでしょうが。
世の人々の大半は、何をすべきか、何をしてはいけないのかは、わきまえているはずです。
by: 声なき声 * 2020/05/22 05:32 * URL [ 編集] | page top↑
専門家でなくても人の流れが戻れば無症状の感染者が増え第二波がくることは想像に難くないんで三密は避け、とくに人の流れの大きい大阪はお気を付けくださいませ。
by: てかと * 2020/05/22 15:46 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
緊急事態が解除されても、おそらく大半の人は感染のリスクのある行動には走らないと信じております。
そこは日本人の良識の確かさに信頼するしかありません。
by: 声なき声 * 2020/05/22 16:02 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/4012-a5f0bab3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する