FC2ブログ

5月20日(水)

高校野球の夏の全国大会を中止することが、正式に決まった。

事前に、中止の方向で調整に入っているとのニュースは伝わってきていたので、多くの人は冷静に受け止めているのではないか。

インターハイの中止がすでに決まっているだけに、野球だけが特別な対応をするのも角が立つ。

感染対策以前の問題で、空気感から開催することには無理があったと思う。

夏の大会のために、高校生活のすべてを捧げてきた部員たちの無念を思うと、言葉もない。

全国大会はあらかじめ覚悟していたものの、、各都道府県レベルでの地方大会までも今年は開催しないというから、私の受けた衝撃は大きい。

確かに、地方大会で優勝しても全国には進めないのであれば、選手にしてみれば張り合いがなくなるかもしれない。

しかしながら、大阪高野連では独自の大阪大会を模索している、との話も小耳にはさんたことがある。

大阪であれば、首都圏に比べれば感染の度合いも落ち着いており、また、面積が狭いだけに選手の移動に時間もかからない。

かすかな望みをつないでいこう。

ところで、大阪大会といえば、息子の現役時代、高校3年生のときの思い出が色濃く残っていて、折りにふれてそれが蘇ってくる。

息子は名だたる弱小高校に所属し、大阪大会初戦は先発メンバーからはずれてベンチを温めていたのだが、なんと最終回にピンチヒッターで出てきた。

1死二塁、三塁で、2点差を追いかける場面であった。

おそらく監督はスクイズを命じると思っていたが、予想に反して強行策をとったのである。

いよいよツーストライクまで追い込まれた。

今でもそのときの私の緊張は鮮明に記憶に焼き付いている。

息を呑みながら、そして自分の心臓が激しく波打つのを全身で感じながらバッターボックスを凝視していた。

だがしかし、祈りもむなしく、懸命のスイングはかすりもしない空振りに終わった。

スタンドから見ていた感覚では、おそらくボールから30㎝ほど離れてバットが空を切ったように思う(汗)。

次のバッターも打ち取られ、敗退は決定した。

もう10年以上も経つのに、夏の大阪大会のたびにそのシーンが頭に浮かんでくる。

そんな息子も、いまや二児の父親である。



20200520.jpg

たぶんボールが目に入っていなかったのだろう
20 : 20 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<5月21日(木) | ホーム | 5月19日(火)>>
コメント
こんばんは♪

たとえ甲子園には遠い高校でも目指すのは"甲子園"です。
それに子供の頃から目標にしてきている甲子園はインターハイとは意味的には違うものもあるのも事実です。
by: きっちゃん♪ * 2020/05/20 22:11 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。
 
他のスポーツの関係者からは、高校生のスポーツの中では、世間はとかく野球だけを特別扱いしているのではないかと、不満の声が聞かれます。
テレビで試合の中継をするのも野球だけですし、日程も優先してとられています。
今回、先にインターハイが中止を決めたことで、「また野球は別なのか」との疑問が出てくることを恐れているのではないでしょうか。
 
球児にとって甲子園での全国大会は簡単には語れない大きな意味合いを持っているとは思いますが、昨今の教育界の風潮として、平等に扱うべきだ、との発想が強いと思っています。
by: 声なき声 * 2020/05/21 03:49 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
多分 今日の話題は 高校野球の事だと思って居ました(笑)

少し 前から 中止の方向だとの情報が流れていましたから
突然の事で驚かされた事ではありません。
高校野球に限らず その他スポーツ 世界レベルで言えば
オリンピックの延期など。
それによって 今回しか出場出来ない選手は
涙を呑んでると思います。
誰が悪い訳でも無いので 選手たちは憤懣やるかたなしでしょう。

昨日のお昼頃 高校野球では 名前の知れた明訓高校の
野球部監督と主将との会話がテレビで流れていました。
まだ中止が決まる前の事ですから
どちらに決定しても 今までの練習が無駄になる事は無い
甲子園の為だけに練習を重ねたのではないと言うような
意味の話をされていました。
けれど それは建前であって 本音は悔しくて悔しくて・・でしょう。

息子さんもお父さんも 記憶に残る試合の一場面でしたね。
いまだにその記憶が鮮明に残ってる事は良く分かります。

我が家の長男の試合を思い起こします。
野球では無く陸上でハードルをやっていたのですが
中学の県大会予選の時 トップで飛び終わったのですが
その先で フラフラと自分のコースを外れて失格しました。
そのような指導は無かったのでしょう
応援している親も 本人もなぜ失格になったのか
放送が有るまで分かりませんでした。

後々まで長男は父親に
「お前は 最後の詰めが甘い」と言われてました。
1度の失敗から学ぶべき事は多いと思いますが
一番悔しかったのは本人ですから
傷口に塩を塗るような事はしないで欲しいと
母親である私は思いました(笑)
by: ヨンヨン * 2020/05/21 05:03 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。
 
ヨンヨンさんには、私の手の内はすっかり読まれているようで、恐れ入りました(笑)。
 
今回の中止決定は、おっしゃるように「誰が悪い訳でも無い」のです。
厳しい練習に取り組んできた選手たちにとっては、予想はしていたとはいえ、夢の舞台でのプレーができなかったことは血の涙が出そうなほどの悔しさであったに違いないでしょう。
泣くだけ泣くしかなくしかない、と思っています。
中止の決定をした日本高野連にしたって、元は野球に取り組んでいた人たちですから、選手たちの心の叫びは痛いほどわかっていることと思います。
彼らも辛かったと想像しています。
 
テレビでご覧になった名門高校の監督と主将の会話にしても、そう言わざるを得ない状況での本心ではなかったことは、私もわかります。
本音はちゃんと聞こえてきます。
しかし、それはとりわけ監督の立ち場では口が裂けても言えないものでしょう。
まさかこんな事態が待ち受けているなんて、想像すらしていなかったはずです。
お気の毒でしかありません。
 
ご長男のハードル競技では、せっかくトップで跳び終わりながら思いも寄らぬことで残念な結果になりましたね。
何があったのか、もしかしたら本人にもわからなかったのかもしれません。
「魔物が住んでいる」が住んでいるという言葉が甲子園ではよく使われますが、陸上競技場にも魔物がいるのでしょうか。
 
お父さんにしてみれば、ご子息への教
訓としておっしゃっていることは承知していますが、私も「傷口に塩を塗るような事はしないで欲しい」との言葉に共感しています。
本人自身はいやというほど辛さを体感しているのですから、再度、それを指摘されても「わかっている!」の返事しかできません。
私が息子の凡退を見て感じたことは、「彼が強くなるための肥やしになるだろう」ということです。
挫折したことこそ、少しでも耐性が身についたはずだと、親の私は見ています。
by: 声なき声 * 2020/05/21 05:30 * URL [ 編集] | page top↑
甲子園をやらない夏はいつもと違う夏になっちゃいますね~
息子さん、声なき声さんがバッティングセンターで仕込んだスクイズを活かせなかったのは悔やまれますね。こんな場面の為のスクイズ練習だったはずなのに‥
by: みさと * 2020/05/21 07:22 * URL [ 編集] | page top↑
みさとさんへ
今年は、春も夏も甲子園がありません。
毎年、当たり前のように体感している季節がごっそりと抜けてしまったような気がします。
ただ、選手にしてみれば、私なんかは及びもつかない失意のどん底に突き落とされたことでしょう。
 
バッティングセンターでのバント練習のことを、よく覚えていらっしゃいますね。
驚きました。
実際に、それまでの各種の試合でも、同じようなシチュエーションでは送りバントやスクイズのサインがよく出されていました。
監督のセオリーであったのかもしれません。
ですから、大阪大会のその場面でも、私はスクイズだと思い込んでいたのです。
ただ、スクイズが成功して1点返してもまだ得点差がありますし、アウトカウントが二死ですので、監督としては一か八かの策に出たのではないかと、推測しています。
客観的に眺めれば、こういった監督の采配も野球の面白さの一つだと思っています。
by: 声なき声 * 2020/05/21 08:18 * URL [ 編集] | page top↑
夏の球児の成績がでてこない、わからないということは、
今年のスカウトは苦労しそうですね。
なにしろ数値で成績がわからないのに、
金の卵を探さないといけないわけです。
本当にスカウトの能力を試されるといえましょうか。
by: てかと * 2020/05/21 14:19 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
プロ野球のスカウトも困っていると聞きました。
高校3年生クラスだと、夏の頃に著しく成長する者もいるので、肝心かなめのタイミングを失ってしまうことになります。
スカウトの苦労が察せられます。
 
ほかにも、甲子園の旅館やホテルも当てが外れて大弱りだとか。
また、地元の飲食店も書き入れ時であったのに、すべて皮算用になってしまいました。
春も夏もという、ダブルパンチですからこれは痛かったことでしょう。
by: 声なき声 * 2020/05/21 16:08 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/4011-0bc62d52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する