FC2ブログ

5月15日(金)

昨今、吉村知事の評価が高く、その人気は日を追うごとにウナギのぼりで上昇している。

端正なルックスもモノを言っているのだろう。

感染症対策でも大阪府独自のモデルを作り上げ、その基準が満たされたとして、休業要請が大幅に緩くなることが決まった。

  → https://www.yomiuri.co.jp/national/20200514-OYT1T50239/

早速、明日からの実施である。

一部には、感染症が再燃するのではないかとの不安の声もあるものの、大半の府民は好意的に受け止めているのではないか。

府知事としての手腕を如何なく発揮し、いまや首相候補に推す声も聞かれるまでになってきた。

そんな知事を見ていると、こうなることを運命づけられていたのではないかという気がしてならない。

故やしきたかじんさんの顧問弁護士であったが、彼からすすめられて市会議員になったのが政治との最初のかかわりであった。

それが本人の本意であったかどうかはわからない。

ともかく、その後は、揺れ動く社会の荒波に翻弄されて、国会議員、大阪市長、そして大阪府知事となり、未曽有の感染症対策に身を投じることとなったのである。

弁護士になったばかりの頃には、おそらくは今日の姿なんて想像すらしていなかっただろう。

自分の意思とは関係なく、社会が大きく変わっていく中で、気がついたら大阪府のリーダーとして矢面に立たされていた、というのが真実だと思う。

私の勝手な憶測だが、吉村知事自身も波乱万丈の人生展開を見ていて、そこに数奇な運命を感じていたのではなかろうか。

ここで頭をもたげてくるのは”運命論”である。

天や神が、あらかじめこうなるようにと定めておいたとおりに事が運んでいって、人間はただ単にそのレールの上を歩いているだけだという説である。

まるで自分がプランや構想を考え、自分の思いで判断して進めてきたことであっても、実際には、既定路線を歩まされているに過ぎない、という発想がベースにある。

私も、もしかしたら現在の環境というのは、ずっと以前から決められていたものなのかもしれないと思うと、なんだか無力感にとらわれてしまいそうになる。

私自身は過去を振り返っても、反省している点は数え切れないほどあるが、決して後悔はしていないし、自分の生きてきた足跡を全部否定する思いは毛頭ない。

ただ、ほんのときおり、もうひとつの人生があったのではないかと妄想にふけることがある。

進学や就職や結婚などで決断をしたとき、もし違った道を進んでいれば、今とは異なった人生を味わっているかもしれない、などと夢想したりするのだ。

しかし、今の姿が運命づけられているものであると考えれば、好むと好まざるとにかかわらず、その枠内で生きていくしかない。

吉村知事も、もしかしたらもっと自由に過ごせる立場に憧れていたのかもしれないが、いま、与えられた場で役割を演じることにすべてのエネルギーを投入しているではないか。

いっときは夜も寝ていなかったとの噂もあるが(汗)。



20200515.jpg
大阪府WEBサイトより引用
 
20 : 20 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
<<5月16日(土) | ホーム | 5月14日(木)>>
コメント
こんばんは♪

都構想には賛成ではなかったため、
今までは正直評価していませんでした^^;
でも、今回のことで目を見張るものがあると思いました。
by: きっちゃん♪ * 2020/05/15 22:07 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。
 
吉村さんが国会議員から大阪市長になるまでは、ほぼ無名の人であったと思います。
それからの活躍はご存じのとおりです。
もしかしたら、リーダーとしての適性を兼ね備えているのかもしれません。
40代半ばという若さで、化け物の住んでいる政界で頭角をあらわすのですから。
by: 声なき声 * 2020/05/16 03:04 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
吉村知事の采配は称賛に値すると思って居ます。
第一に分かりやすいです。

この事態になった頃 独自の緊急事態宣言を発令して
知名度は一挙に全国区になった北海道知事を追い抜いて
今や 時の人。
どちらも イケメンである事は別にして、
ですが・・イケメンであると言う事も 重要でしょう(笑)
「住民の生命と生活を守りたい」という強い意志が伝わってくるから
みんなに支持されるのだと思います。
また それを支えるバックが大きいとも思います
1人の考えでは 出来ない事ですから。

人間は 大小によらず毎日のように岐路に立たされ
選択を迫られていると思います。
どちらの道を行くのか 決定する事は
運命として決まっているのか 選ぶ本人の意志で
その後の運命が変わって来るのかは 分かりません。

自分の今迄の人生を考える時 
過去のもしあの時に・・と考えても別の道は浮かんで来ません。
今の人生をそのまま受け入れているからでしょう。
そう考えると もっと毎日を真剣に過ごさなければならないと
そんな思いに駆られるのです。
過去より現在が大切だと思うからです。
by: ヨンヨン * 2020/05/16 05:14 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。
 
大阪モデルが「分かりやすい」と感じたのは私も、そして多くの府民も共通しています。
その3つの基準が妥当なものかどうかについては意見があろうかと思いますが、いずれも客観的に測定可能です。
「8割削減」と根本的に違っています。
具体的な数値目標であるからこそ、納得も行き、府民の共感が得られるのだと思いました。
 
「顔」はリーダーとして大事だと私は考えています。
昨年の府知事選での対抗馬の候補者は、行政の出身で実務経験は十分と期待される人材でした。
しかし、どれほど経験豊富で頭脳明晰であっても、首長として人々をリードしていく立場の人というのは、それらしい面構えが求められるのも事実です。
美形で知性があふれている顔と、実務をこなす中で形成されてきた顔つきとは、一般人が受ける印象が大きく違ってきます。
吉村知事は、まずは「顔」で勝っていたと思います。
 
事前に決められた運命というのがあって、人間がいくら努力してもそこから自由になれないものかどうか、それを調べる方法はありません。
ただ、現実に生きていることは事実なのですから、「過去より現在が大切」という言葉は身に沁みてまいります。
たとえすでに設計されている人生であったにしても、今のこの瞬間を真剣に生きていくことに力を注ぐべきでしょう。
コロナ騒動で気分が滅入っている昨今でしたが、なぜか気分が晴れやかになってきたと感じています。
ありがとうございます。
by: 声なき声 * 2020/05/16 05:37 * URL [ 編集] | page top↑
この度のコロナ騒動で思いがけず全国の知事に注視する機会ができました。
私個人としては不謹慎ながらも、高校野球の代表校に見立て、それぞれの首長の発言や振る舞いに関心を持って見ています。
そういう意味でもやはり大阪強しです。
コロナ終息時の決勝戦はやはり大阪対北海道でしょうか。
残念ながらおらが県の首長は元俳優というのを疑うほど、実力以前にトーク下手でカメラ映りも悪く、聞くに見るに堪えられません。
by: ライラ * 2020/05/16 10:47 * URL [ 編集] | page top↑
ライラさんへ
日本全国が影響を受ける災害なり事件が起こると、各都道府県の知事の露出度が高まってきます。
コロナに関しては、おっしゃるように「大阪」と「北海道」に好意的な眼差しが注がれています。
余談ながら「東京」は都知事選を意識しての突出した発言が気になるのは、私が神経過敏になり過ぎでしょうか(汗)。
 
「秋田県」はお名前から察するに武家のご出身だと思われます。
俳優をされていたとは存じませんでしたが、おそらくは幼少時より武士としてのしつけを受けてきたこともあって、プレゼンテーションの技術を磨くことには関心を持てなかったのだという気がします。
しかし、今の時代ではそれは致命的なハンディになることは明らかですが。
by: 声なき声 * 2020/05/16 11:22 * URL [ 編集] | page top↑
SARSはWHOが機能していたときはパンデミックにならずに防げていたことを考えると、今度の新型肺炎は運命ではなくてあきらかに人災ですね。
これまで防げていたものが防げなくなった。
今後10年、世界の形は脱中国により大きく変転するでしょうが、その先に中国共産党政府が残っているかはわからなくなってきました。
それが運命だというなら従いましょう(笑)。
by: てかと * 2020/05/16 12:52 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
中国で新型肺炎が発生したこと自体は、これは中国の責任とは言い難いです。
ただかなり以前から今までになかったウイルスが出ている事実を知りながら、それを隠ぺいしてきたことは犯罪的ですらあります。
情報公開をしなかったことは意図的ですし、人災であることは間違いありません。
WHOの事務局長は中国の代弁者として今回の事案でも肩入れしてきましたので、彼も同罪だと思います。
 
漢民族はしたたかですので、そのエネルギーを失ってしまうことはあり得ません。
ただ、市場経済が導入されたことで中国の人々も幸せになれたのですから、中国共産党がいつまでも現在のままで生き残っていることはないでしょう。
by: 声なき声 * 2020/05/16 13:36 * URL [ 編集] | page top↑
コロナの行方
 大阪は順調に感染者が減っていますね。そして東京都でさえも…
 私の住む神奈川だけが、最近、日々感染者が増加しています。
 このままでは神奈川だけが、自粛延長になるのではないか、神奈川のおかげで首都圏の自粛が解けないと言われるのではないかと、気が遠くなる思いです。
by: ひねくれくうみん * 2020/05/16 16:37 * URL [ 編集] | page top↑
ひねくれくうみんさんへ
厚労省での感染者数のカウントの仕方は、「感染数」に「退院」した人の数も合算されていました。
さらに、「軽症・無症状」の人の数を引くと、神奈川県で5月14日時点の数値は約200人が心配しなければならない患者の数ということになります。
もちろん、少ないからといって甘く考えてはいけませんが、神経過敏になって警戒するようなレベルではないと私は思っています。
もう時間の問題で、事実上の事態収拾が可能になるのではないでしょうか。
by: 声なき声 * 2020/05/16 17:17 * URL [ 編集] | page top↑
 当地の知事さんは、殆ど表に出て来ません。
 県内にはいないとさえ言われています。
 困ったものです。
by: nekochan59 * 2020/05/16 18:27 * URL [ 編集] | page top↑
nekochan59さんへ
メディアに頻繁に顔を出しているからいい仕事をしている、というわけでもないと思います。
表に出ないからといっても、見えな部分での仕事をされているかもしれません。
とはいえ、県内にはいないというのもいかがなものかと思いますが(汗)。
by: 声なき声 * 2020/05/16 18:43 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/4006-79230b82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する