FC2ブログ

5月13日(水)

私の住んでいる市でも、図書館の利用が一部だけではあるが、できるようになった。

予約していた本を借りるのを認めましょう、というものである。

おそらくは日本各地の自治体で美術館やら図書館の開放が再開したことを受けてのものではないかと思う。

再開の趣旨というのは、WEBによると
「・・・外出を自粛して安全に家庭で過ごしていただくため・・・」
ということらしい。

私は、感染症以前から変わらずに散歩に出かけているし、家にいるときも本を読まなくてもビデオを見ている。

決して「小人閑居して不善をなす」ことはないと自覚しているが、せっかく図書館運営者がそこまで言ってくれるのだからというので、ホイホイと借りに行ってきた。

予想はしていたが、いざ行ってみると、国際的なサミットを思わせるほどのものものしい防御ぶりであった。

隣接する小学校の通用門から入って、入り口でアルコール消毒をし、注意事項を書いた紙を渡され、廊下を伝ってようやく見慣れた図書館に到着した。

受け取りのコーナーが用意され、カードを手渡すと予約済で借出し可能な本を係の人から受け取るというアナログ的なシステムになっている。

何人ものスタッフの人が立っていて、マスクで顔の表情は見えないものの、ただならぬ緊張感を醸し出していた。

とてもではないが、「楽しく読書」という雰囲気ではない。

しかし、手続きを終えて本を片手に外に出ると、一転、気分は晴れやかになった。

振り返れば、きのう、WEBで図書館再開のことを知ったときから、胸のはずむ思いを感じていたのである。

単に本を読めるという喜びにとどまらず、息の詰まるような鬱屈した日々の中、一条の光明を見出したからにほかならない。

大阪の吉村府知事は記者会見で
「できるだけ早い時期に抗体検査を実施したい」
と言っていた。

吉村知事のことだからリップサービスだけに終わらず、ちゃんと検査も行い、その結果も公表すると思う。

14日に”大阪モデル”の結果が発表されるが、後日、それに抗体保有率の数値が加味されて、大阪府での緊急事態措置が大きく緩和されるとの大きな期待を持っている。



20200513.jpg
↑ クリックで拡大
 
20 : 20 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<5月14日(木) | ホーム | 5月12日(火)>>
コメント
こんばんは♪

図書館利用ができるようになってよかったですね~
緩和してもらわないとスーパーや100均などが三密状態になります。
行くところがないので来ると思いますので…
by: きっちゃん♪ * 2020/05/13 22:06 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。
 
約一か月ぶりに図書館に入りました。
また、製本された状態での活字に接することができて、心が躍る思いで読むことができました。
図書館が使えるということは、単に本が読めるというだけでなしに、日常が戻ってきた実感があって、それがうれしくてたまりません。
今晩に大阪府知事からの発表が行われる予定ですが、少しでも自粛緩和が広がることを望んでいます。
 
スーパーの混み方は、私が気づいている範囲では、少し収まったような気がします。
小さい子供を連れた家族連れの姿は、ほとんど見かけなくなりました。
お店のほうからの「お願い」が相当に効果があったのだと思っています。
ほかに行くところが増えてくれば、もっと混雑は少なくなると期待しています。
by: 声なき声 * 2020/05/14 03:58 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
手順が面倒であったり 違和感があっても
希望する本を手に入れる事が出来るようになった事は
喜ばしい事です。
本が読みたいと言うより 日常が戻りつつある喜びは良く分かります。
正直そうなんですね。

私は、日頃行っていた所へ行けなくなった場所は無くて
仕事で行かなければならない場所は 行けて居ますので
不自由感は無いのですが 出かける事自体に 後ろめたさや
束縛感を感じていましたので 早く自由に遊びにも行きたいですし
自然の中で 深呼吸もしたいです。
お天気の良い日が有ると YさんやSちゃんとぶらりと公園など
行っていましたから そんな日が戻って欲しいと思って居ます。
ただし、コンビニ2店舗目の開業準備で あまり自由時間が無くて
遊びに行けないのは 幸いな事でした。

大阪の吉村知事の言動には 安心感を感じますね。
政府のやる事 言っている事には 最近不信感が拭えませんが
ネットを見ていると 芸能人が政府を批判したりする文が載ってますが
本当の所がどれほど分かっているの?と言いたくなります。
先日の調査結果として 一番信用出来るのが 新聞 次がテレビ
ネットは最下位でした。
新聞テレビは、社の責任も有りますから
あまりいい加減な事も出来ないですが
ネットの書き込みは、自己責任だけですから何でも有りでしょう。
確かに好き勝手書いてますからね。人への批判も含めて。
読む側が どのように読むかが問題なのでしょうけど、それを信じる人が居ることは 忘れてはならないと思います。
by: ヨンヨン * 2020/05/14 05:30 * URL [ 編集] | page top↑
吉村知事は大阪の誇り
吉村知事、良く頑張ってますよねぇ。
民意をくみ取り、先手、先手とスピード感をもって対処。
彼の言動には情熱と誠意を感じます。
それゆえ、府民も心から頑張ろうと思えるんですよねぇ。
吉村知事を見習うならまだしも、その人気をやっかんだり、
イチャモンつける国会議員にはうんざりしますが……。

もっとも、リタイヤ組の私たちとしては
年中自粛生活をしているようなもの。
図書館で本を借りられるというだけで気分が高揚するなんて、
ある意味、幸せな立場ですよねぇ。(^_^ ;)
by: 風子 * 2020/05/14 05:49 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。
 
はい、本を読むだけであれば、おカネさえ出せば書店で買うことができます。
そのこと以上に、普通に使えていた図書館が一部はいえ、再び動き出したことに喜びを感じているのです。
適切かどうかはともかく、病気が治りつつあるような解放感を味わえたのが、私には一番の喜びでした。
 
「自粛」を強く叫ばれますと、まるで散歩のために外出することそのものが悪事のように思えてくるから不思議です。
この「束縛感」は、とてつもなく気持ちの悪いものですし、一日も早く抜け出したいと切に願っています。
そもそも、家の近所を歩くことに気を遣わなければならないなんて、通用する話ではありません。
会社や学校で仕事や勉強をすることも「自粛」を求められるなど、後世の人間が見れば理解に苦しむのではないでしょうか。
私も孫とは正月以来会っていません。
気楽に他愛のないおしゃべりができる日が戻ってくる日が待たれてやみません。
 
いま論議されている事案に関して、芸能タレントがSNSを使っての反対を熱心に行っています。
「本当の所がどれほど分かっているの?」との疑問は、私も持っているところです。
すべての人の発言に目を通したわけではありませんが、明らかに法案の中味を読んでいないとしか思えない誤解が多いです。
そのこと以前に、役者にせよ歌手にせよタレントにせよ、政治の世界に口をはさむよりも自分の芸を磨くことのほうが優先ではないかと思えてなりません。
もちろん、国民の権利として政治に発言する自由は保障されていますが、芸能は政治を超越しているものだと私は考えています。
 
ネットでの情報は、文字どおり玉石混交です。
新聞やテレビが伝えていない側面を指摘してくれることがあり、思わぬ気付きを与えられるのです。
反面、おっしゃっているように匿名で無責任なことが言えますから、毒にしかならない情報も流されてしまいます。
トイレットペーパー騒動や山梨の女性の特定騒ぎなど、酔っぱらいのたわごと以下でしかありませんでした。
私自身はネット情報の有用性には価値を見出しつつも、ごみネタがあることを常に意識しながら接するようにしています。
もっとも、私のことですから、知らないうちに騙されているかもしれませんが(汗)。
by: 声なき声 * 2020/05/14 05:58 * URL [ 編集] | page top↑
風子さんへ
まさに、「吉村知事は大阪の誇り」だと私も考えています。
一言で言えば彼は頭の回転が速くて、大阪府民のために自分は何をなすべきかを明確に把握できているのだと思います。そこにプラスして、周囲を説得し構想を実現する実行力も兼ね備えていますから、自治体の首長には適任の人材です。
それだけに、嫉妬や憎悪も相当なものがあるでしょうが。
 
私も、もし現役で仕事をしている立場であれば、図書館で本を借りられるだけで感動するなんてことはなかったでしょう。
それ以前に、図書館で本を借りることも考えなかったと思いますが。
おっしゃるように、本当に「幸せな立場」だと感謝を新たにしました。
by: 声なき声 * 2020/05/14 06:09 * URL [ 編集] | page top↑
図書館の一部復活よかったですね。図書館の大切さを痛感しています。
by: TORU * 2020/05/14 07:43 * URL [ 編集] | page top↑
TORUさんへ
ひと月間だけとはいえ、失ってみて初めて図書館のありがたさを体感しました。
決して当たり前ではなかったのですが、以前はそれにも気づきませんでした。
by: 声なき声 * 2020/05/14 07:55 * URL [ 編集] | page top↑
図書館がものものしい空気に包まれているとか聞くだけで不謹慎ですが笑いがこみあげました。
ともあれ再開されてよかったですね。
特定警戒都道府県から大阪が抜ける日をお祈り申し上げます。
by: てかと * 2020/05/14 13:12 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
図書館職員の人も、本来の仕事ができずに相当にフラストレーションが溜まっているのではないでしょうか。
市の職員だから給与は保障されている、といった問題ではないと思います。
安全性の高いと判断された地域や会社、学校などは、速やかに正常な姿に復してほしいと願っています。
by: 声なき声 * 2020/05/14 13:46 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/4004-c7c80918
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する