FC2ブログ

5月6日(水)

タオルを買った。

普段づかいのもので、シャレた言い方をすると「フェイスタオル」と称されているものである。

店に行って、自分でおカネを出してタオルを買うというのは、私の人生を振り返って実に初めての経験であった。

今までは、会社や店舗が宣伝のために提供している粗品としてのタオルを使っていた。

あるいは、近所に引っ越してきた人からの挨拶の品として、タオルをいただいたこともあった。

だから、タオルというのは無料で頂戴するものとの意識が、私の中には出来上がっていたと思う。

しかし、最近は長引く不景気のせいか、あるいは、形骸化を廃止する動きが盛んになってきたせいか、企業が粗品を顧客に贈る行為そのものが格段に少なくなってきた。

銀行など、その顕著な例である。

学校を出て会社に入った時代、つまり40年ほど前であれば、年末ともなれば、会社の取引銀行から窓口担当者が挨拶にやってきて、タオルやカレンダー、貯金箱、メモ用紙、時には屠蘇などと、実に広範囲にわたってのグッズを持ってきてくれたものである。

それが複数の銀行からやってくるのだから、職場だけでは消化しきれず、従業員の間で山分けすることになるのだが、持っていても邪魔になることのないタオルは一番人気であったと思う。

かつては、個人が定期預金をすると、宝くじやホテルの食事券を持ってくることもあったらしいが、さすがに年末の挨拶の品としては不似合いなのかして、私は恩恵に浴したことがない。

だから、従業員がおこぼれにあずかるのはタオルが多かったのだと思う。

ただ、時が流れるにつれて、豪華絢爛を絵に描いたような光景は姿を消していった。

そんな銀行と歩調を合わせたかのように、保険会社や自動車ディーラーはじめ、他の取引先からの粗品も、まるで波が引いたかのようになくなっていった。

タオルを無料でもらえるのは、私の場合、スーパー銭湯と新聞販売店だけになってしまった。

そのときにもらったノベルティのタオルが傷んできたから、新しいものにかえようとすると買うしか手立てはない。

考えようによっては、私が新聞を購読していた時代から使っていたのだから、タオルの耐久性は悪くはないようだ。

ノベルティグッズとして、タオルは実用的でもあり、一般消費者の満足度は高いと思う。

しかし、今の時代の感性にマッチしているかどうかには、私は自信がない。



20200506.jpg
4枚セットで400円であった
20 : 20 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<5月7日(木) | ホーム | 5月5日(火)>>
コメント
こんばんは♪

我が家は父や母が残していたタオルがたくさんあります。
会社ではまだ粗品でもらっていますが、
あまり使うことはないです。
by: きっちゃん♪ * 2020/05/06 22:11 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。
 
家庭でも会社でも、私のほうとは事情が全く違っているようですね。
私にとっては、タオルはすっかり貴重品になっています。
ほんの何年か前までは、まさかお金を出して買うものだとは思ってもいませんでした(汗)。
by: 声なき声 * 2020/05/07 02:10 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
確かに 社名の入ったタオルをあまり見かけなくなりました。
銀行から貰うのは タオルでは無く
鼻セレブなどと言う 高級ティッシュになりました。
時代の流れでしょうか。

我が家で毎年貰うのは 牛乳屋さんくらいですから
最近は、タオルはお金を出して買っています。
タオルは、入浴時 手拭きだけでなく
台拭きも布巾もタオルを使って居ますから
かなりの枚数が必要です。

用途に応じて 柄や色を変えて居ますから
我が家に下がっているタオル事情は、カラフルです。
これは、ファッションとかインテリアを考えての事では無く
洗濯後 用途を間違わない為です(笑)

それでも キッチンの手拭きは
キッチン用品の絵が付いているタオル
台拭きは 小花の付いたタオルなど
少しは考えて買っています。

用途別に使い終わって 汚れが目立つと
雑巾にしています。
やはりキッチンで使うタオルが一番汚れます。

雑巾になったタオルは 床を拭いたり使って
最後は、窓の外を拭いて 汚れて ゴミに。

ぼろ雑巾などと言う言葉が有りますが
最近のタオルの耐久性は すごいです。
かなり使っても ボロボロにはなりません。
汚れるだけです。

昨日のコメントの歌
「背くらべ」でしたね(汗)
「こいのぼり」と間違っていました(汗)
童謡の時代も遠くなりにけり(笑)
by: ヨンヨン * 2020/05/07 05:01 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。
 
私は、プライベートの銀行はネットバンクですので、ノベルティーは一切ありません。
悔し紛れで申しますと、そういった合理的な発想に大変に好感を持っているのです(汗)。
その分、手数料が安かったり、定期にしたときの金利は市中銀行より有利になっています。
 
台拭きや布巾までもタオルでやられているのですか。
そうなると、枚数をたくさん消費するのは仕方ありませんね。
タオルの色でもって、用途の区別をするというのはなかなかのアイデアだと思います。
 
私も、古くなったタオルは雑巾にするつもりです。
フローリングの床が最近はべとつくようになってきましたので、雑巾がけをして、快適に歩ける床にしたいからです。
実は、ずっと掃除機をかけていたのですが、ネットを調べてみますと、掃除機やワイパーでは取れない汚れがあるそうです。
まずは雑巾がけして、古くからのごみを除去してしまおうとの考えなのです。
キッチン近くの床は、どうしても脂が飛んでしまうでしょうから、知らない間にそれが蓄積していったに違いありません。 
 
「ぼろ雑巾」というのは、過去の言葉なのですね。
タオルもかなりの耐久性を持つようになって、この言葉も、近いうちに死語になるかもしれません。
by: 声なき声 * 2020/05/07 05:23 * URL [ 編集] | page top↑
やすっ!!
なにそれ安い!
日銀の政策金利がマイナスになったときからタオルもらえるほど利息でてないし、
今はポケットティッシュくらいもらえますかね?(笑)
俺たちの世代は積極投資をして配当をもらいタオルを買う時代、それが平成、令和みたいな。
by: てかと * 2020/05/07 13:47 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
ギフト用のブランドタオルともなれば、もちろんそれなりの価格をつけるでしょうが、自分しか使わない日常用タオルであれば、こんなものではありませんか。
 
高度経済成長期であれば、粗品も豪華でしたし、預金金利も今の時代からは想像もできないほどの高率でした。
ものによっては、定期預金で10%を超えることもまれではありませんでした。
by: 声なき声 * 2020/05/07 15:56 * URL [ 編集] | page top↑
 そう言われると、年末などにタオルを
頂く機会が少なくなりました。
最近では、手帳すら無い事も珍しく有りません。
 職場でお菓子の山分けは過去の話になりつつあります。
by: nekochan59 * 2020/05/07 17:00 * URL [ 編集] | page top↑
nekochan59さんへ
会社員時代、年末の楽しみの一つがお歳暮の山分けでした。
一番人気は缶ビールで、次はお菓子でした。
大騒ぎしながら福引をして分けていた時代が懐かしく思い出されます。
もう30年ほど前の古き良き時代でした。
by: 声なき声 * 2020/05/07 17:51 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3997-b4ec2217
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する