FC2ブログ

5月2日(土)

常備灯ライトを買ってきた。

機嫌よく睡眠している最中に地震が起こって、しかも停電してしまったとしたら、まわりが何も見えなくなってしまう。

すぐさま行動しなければならない状態で、まわりが真っ暗の闇の中だと、不安のあまり狼狽するものだ。

そこで、枕元にライトを置いておき、にわかの事態に備えようというもの。

目新しい手法でもなんでもなく、災害対策の一つとして以前から常識的に行われてきたものだ。

私にしたって、かの阪神淡路大震災の後は、毎晩、枕元にライトと非常食の入ったリュックを置いていた。

気がつけば、いつしかリュックがなくなり、ライトも置かないようになっていたのである。

あの悪夢が平成7年であったが、それ以降は大きな地震も起こらず、一昨年の大阪府北部地震は地震の名前も付けられることのないレベルで済んだほどで、地震の生々しい記憶は徐々に遠のいていった。

弁解じみているが、災害から日時が経つと緊張感が薄らいでいくのは、私だけではあるまい。

ところが、今、武漢肺炎が蔓延している渦中にあって、突然に危機意識が頭をもたげてきたのである。

あくまでも仮定の話であるが、もしコロナ禍が猛威を振るっている状態で南海トラフ地震が発生したとき、私がどう行動するか、あらかじめ考えておくのはムダにはならないと思う。

二つの災害が同時に進行している状況で、さてどのように動くべきかをシミュレーションする必要がある、と思い立ったのだ。

すぐに答えを出せるものでもないし、模範解答なんてそもそもあり得ない。

ただ、答えを考えるプロセスが大事だと考えている。

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」では、リスクマネジメントがお粗末すぎる。

その手始めがライトである、というのはあまりに幼稚であったか(汗)。



20200502.jpg
このライトが役に立つことのないように願っている
 
20 : 22 : 44 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑
<<5月3日(日) | ホーム | 5月1日(金)>>
コメント
こんばんは♪

枕元のライトは重宝します。
我が家は阪神淡路大震災以前から置いていました。
震災の時も役に立ちました。
姉はラジオも置いていてそれで情報を得ました。
リュックはベッド横の押し入れに入れています。
大したものは入っていませんが…
by: きっちゃん♪ * 2020/05/02 20:51 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
こんばんは。
 
阪神淡路大震災は、朝の6時前に発生しました。
私はすでに起きていましたが、まだまだ夜明けからほど遠い暗さでした。
もし電灯を点けていなければ、私も相当に不安を感じていたはずです。
 
それ以来、非常用にライトを置いて就寝するようになりました。
しばらくの間だけでしたが(汗)、いま感染症が荒れ狂っている様子を見て、そのときの危機を思い出し、まずはライトから備えを始めたのです。
 
なお、食糧や水は荷物になるのがイヤですから、用意しないつもりです。
住んでいるマンションは築47年ですが、地盤が強い地域の上に建てられたこともあって、揺れには耐性が強いと聞きました。
by: 声なき声 * 2020/05/02 21:07 * URL [ 編集] | page top↑
いずれにしても、家に被害がなく、備蓄があれば「ステイホーム」。しかないと思います。我が家は常に2週間は耐えられる準備はしておりますよ。
by: senri32 * 2020/05/03 04:50 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
枕元の懐中電灯は、必需品です。
災害では無くても ブレーカーが落ちる事も有りますから(笑)
私も置いてますが、1回も使ったことが無く 幸せな事ですね。

阪神淡路大震災の時は、遠く離れた地域の出来事だったのですが
東日本大震災は、かなり揺れましたので 明日は我が身と
防災用品も 揃えました。
身近な必需品は、自室のクローゼットに入って居ます。
本当は、枕元に置くのでしょうけど 邪魔です(汗)
もし、避難所生活になった時必要になるであろう物は
物置に置いてます。
車のトランクにも 多少なりとも 入れて有ります。
鍵は室内に有りますから 家がつぶれたら使えないです(汗)

懐中電灯は 電池切れの心配もあるので
部屋には ソーラー充電の少し小さめですが
もう一本置いてます。LEDですから
小さくても明るいです。

のど元過ぎればなんとやら
これは 誰にでも言える事です。
定期的に入れ替えをしなければならない防災用品です。
私は 引っ越しの時に 入れ替えたのですが
食べ物など 期限が来てる物も有るでしょう。
そちらは、阪神淡路大震災の日 こちらは東日本大震災の日と
決めて 見直す必要が有りますね。

今の時期に災害が起こったら地獄(-_-メ)
災害の死者も避難所での感染者も増えて
日本滅亡の危機に立たされるでしょう。

自分はコロナに感染しても良いと言ってる人たちは
この時期に災害が起きたらどうしようと言う危機感が無いのでしょうか。
危険な状態は早く 収束させるべきです。
それは、国民みんなの意識も必要ですが
政府の意識も変えて欲しいものです。
by: ヨンヨン * 2020/05/03 05:05 * URL [ 編集] | page top↑
senri32さんへ
私のマンションは丘陵地の上にあり、「水」の心配はまずありません。
また、過去の大地震でもほとんど損傷を受けなかったところから、振動には強い構造になっていると判断されます。
マンションが崩壊することでの危険性は極めて低いと見て、災害のときは「ステイホーム」に徹する心積もりです。
by: 声なき声 * 2020/05/03 05:09 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。
 
そうでしたね、日常的にブレーカーが落ちることも考えられますので、そんなときにもライトはなくてはなりません。
近年は停電はめっきりと少なくなりましたが。
 
私は災害時の避難所への退避は考えておりません。
私の居住地にも自治体指定の「災害時避難所」があり、近くの公民館がそれに当たっております。
しかし、もし住民の多くが指定の公民館に詰めかけたら、たちまち満員になってしまいます。
また、その中での人間関係や衛生状態なども気がかりです。
おそらく、マンションでのステイホームのほうが、快適性も安全性も高いと考えています。
 
いまは、食料品や水の備蓄は全くしておりません。
大型災害時の事例を見ていますと、被災の直後に公的な救援物資が届けられるシステムが完成しているようです。
過疎地であるとか、アクセスが完全に分断された地域であるというのなら話は別ですが、そうでなければ現在のマンション生活であれば、万一に備えての食料品を持っておく必要はないと見ております。
 
「自分はコロナに感染しても良いと言ってる人」というのは、実際にはごくわずかだとは思います。
しかし、今回の感染力が異常に強いウイルスは周囲を巻き込む危険性が高いのです。
自分だけの問題ではありません。
三密そのものの避難所に行けば、ますますリスクが高まるのは確実です。
疾病の流行と大規模災害が同時に発生した場合の対処について、模範解答を求めることは無理だと思います。
ただ、各人各様に考えておくことは必須ではないでしょうか。
by: 声なき声 * 2020/05/03 05:32 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちは
私は 枕元に スマホを充電器につないで、置いてます、目が覚めた時に 何時かすぐわかるために。 勿論緊急対応にもですが。

先日より スマホの 懐中電灯機能も覚えて
夜中のトイレ行きにも助かってますよ。


非常持ち出し袋は 震度7を鮪経験してから、玄関に 嫁用 車の中に私用と別に 用意していますが 暑くなってくると 私のも玄関に移動が必要となります。
先日 非常食を取り換えたばかりですよ
クラッカー美味しくいただきました…笑
by: 壁ぎわ * 2020/05/03 09:34 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちは
枕元には常に懐中電灯を置いてあり、ときどき電池のチェックもしてあるにもかかわらず、昨年の台風で停電したとき、その存在をすっかり忘れて結局、役に立ちませんでした。
by: ライラ * 2020/05/03 09:51 * URL [ 編集] | page top↑
壁ぎわさんへ
スマホに懐中電話機能ってあったのですね。
いま試してみて、十分、実用に耐える明るさだと思いました。
ただ、私は就寝前にスマホの電源は落とすようにしていますので、寝ている間に何かがあっても私の意図どおりには使えません。
ほんのときおり、暗い場所で探しものをするときに役立ちそうですので、使ってみます。
教えていただき、ありがとうございました。
 
私も、戸建ての家に住んでいた頃は、非常持ち出しリュックに乾パンやミネラルウォーターを詰めておりました。
何年かしての入れ替えのときに、乾パンをパクパクと食べて、新しいのを補充しないままでした。
それっきり、非常持ち出しの準備はしておりません(汗)。
by: 声なき声 * 2020/05/03 10:08 * URL [ 編集] | page top↑
ライラさんへ
長い間使わないでいると、せっかく用意しておいたのに忘れることは、人間の常だと思います。
おそらく、私もやりそうな忘れものです(笑)。
by: 声なき声 * 2020/05/03 10:11 * URL [ 編集] | page top↑
一時期、腰のベルトとかにひっかけられるLEDランタンの購入を検討したことがあるんですよね。
停電で夜中真っ暗闇になるから、トイレに行くのも困るんで。
それが手回しラジオにライトがつくやつあるんで、もうそれでいいかなとなり、
電池が切れた後もマッチとろうそくはあるから最悪長期戦になってもいいやとなって購入してないと。
工務店のひとみたいに家の屋根裏、床下でひんぱんに作業するとかなら買ってもいいんだけど年1、2回のICカードリーダの出番よりも使う機会ないでしょこれ(笑)。
by: てかと * 2020/05/03 12:58 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
ライト付きの手回しラジオというのは、一石二鳥ですね。
これならコスト負担はほとんどなく、目的を果たすことができます。
 
たぶん、昨日、試験的に試してみたのが一生で最後になるような気がします(笑)。
ほかのかたから寄せていただいたコメントで、スマホの懐中電灯機能を使えばいい、とアドバイスを頂戴しましたので、日常的に暗い場所を照らしたいときはスマホを使うことになるでしょう。
買ったライトは、一種のお守りとして働いてもらおうと考えています。
by: 声なき声 * 2020/05/03 13:51 * URL [ 編集] | page top↑
 備えるというのは大切なことですネ。
断捨離と並行して、備蓄とかを始めています。
by: nekochan59 * 2020/05/03 16:28 * URL [ 編集] | page top↑
nekochan59さんへ
何事であっても、起こるかもしれない災害に対して、あらかじめ備えをしておくというのは、万が一の事態が発生したときに有効に働くと思います。
火事のときも、火災訓練を一度でも受けていれば、被害を最小限に収めることも可能です。
最近は捨てることが推奨される傾向にありますが、必要なものを「備蓄」sておくというのは望ましい姿勢だと、評価いたします。
by: 声なき声 * 2020/05/03 18:08 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3993-2a1f5b00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する