FC2ブログ

4月25日(土)

大阪府の吉村知事が、休業を要請したにもかかわらずそれを無視したパチンコ店6軒の名前の公表に踏み切った。

特別措置法の規定に基づいてのものだから、言うならば当然のことと思う。

一部には、パチンコをやりたくてウズウズしている人に営業中の店の存在を教えているのではないか、との懸念もあるが、かといって、知事が法律に基づいて行っている要請を踏みにじっている店を放置する手はない。

パチンコ店の中は、考えるまでもなく極めて「三密」となりやすい環境であり、ウイルス生育を促進させている施設にほかならない。

いま感染症の広がりが衰えを見せるどころか、ますます拡大している対策として経済活動まで止めているのに、あえてウイルスの坩堝に跳びこむなんて愚の骨頂だ。

そもそも論を言い出せば、現在のパチンコは事実上のギャンブルであり、刑法で禁じられている賭博に当たる。

「三店方式」などというワケのわからない理屈でもって、景品を現金化する行為を正当化することで成り立っているのである。

極論を言えば、パチンコ店は法に反する存在なのだから、もし休業の結果として経営が破綻することがあっても、それは社会的には好ましいことと言える。

あり得ないことではあるが、もしパチンコ店が景品を現金には替えないようにルール化するというのであれば、話は違う。

ただ、純粋に「遊技」だけの店になってしまったら、パチンコを打ちに行く客が激減するのは目に見えているが。

合法的な企業や店舗であっても、休業要請の対象となったばかりに経営不振にみまわれている事業所は枚挙にいとまがない。

大阪府や東京都はじめ、おそらくはすべての自治体で「スーパー銭湯」は休業するように要請が出されている。

片や、「銭湯」つまり公衆浴場は「社会生活の維持に必要な施設」だとして、休業要請の対象にはなっていない。

ほぼ同一の施設なのだが、「スーパー銭湯」は遊びのための施設だと、行政には判断されたのだろう。

政治献金をしているかいないか、といったレベルでセーフかアウトかを線引きしたわけではない(と思うが・・・)。

スーパー銭湯にリラクゼーションを求めていた私は、当面は訪問を見合わせることにしていたとしても、それでも明確に社会生活には不要であると断定されたのは愉快でない気持ちがくすぶっている。

しかし、物事は何につけても、新しいことを始めるとなると矛盾も出てくるし、抵抗する人もあらわれてくるものだ。

いま直面している国難を乗り切っていくためには、少々のことには耐えていかなければならない。

日本人の英知が試されていると思う。



20200425.jpg
至るところで見かけるステッカーだ
 
20 : 20 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<4月26日(日) | ホーム | 4月24日(金)>>
コメント
こんばんは♪

希望ある未来を迎えるためにも今は耐えてべきるだと思います。
子供が耐えているのに大人ができないなんて情けないです。
by: きっちゃん♪ * 2020/04/25 21:50 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。
 
パチンコについて言えば、依存症の人が多いことは以前から指摘されています。
依存症の場合は、たとえ自分の命の危険があっても、パチンコをやってしまうようです。
「大人」の自覚があっても、その衝動を抑えることができないと聞いています。
依存症の治療を優先するべきかもしれません。
by: 声なき声 * 2020/04/26 02:12 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
ギャンブル依存症の人は 何を言われても
止める事が出来ないのでしょう。
薬物依存と同じだと思います。
元を絶たなければ 無くなる事は無いでしょう。

細々と居酒屋をやっている人が
閉店に追い込まれて 収入の道を絶たれているのに
言い訳を言いながら 営業しているパチンコ店
それを探しながら 他県まで足を延ばすお客
どちらも狂ってると言えますが
自分が狂ってるとさえ思えない狂っている人は
自覚症状のない病気です。

営業しないと従業員の給料が払えない
営業しているお店を探して行列を作るお客さん
どちらの言い分も お金を動かし経済を支えていると言う。
ウイルスが蔓延して 国が立ち行かなくなれば
経済を動かすなんて言えなくなります。
先々 パチンコで楽しみたいなら 今は自粛の時だと思います。
今が良ければ良いと言う 先の読めない人達だと思います。

「銭湯」は自宅にお風呂が無い人の為で
「スーパー銭湯」は、リラクゼーションの為で
必要ではないと判断されたのでしょう。
今の時期 リラクゼーションは人との係わりの無い所で
求めるようになのでしょうか。
人と接しない事が 感染を減らす事なので
気持ちの問題は後回しにされているようです。

これらが解除された時 みんなが色々と求めて
活動をして 第2次感染拡大が起こるように思います。
そして また自粛
いつまで続くのでしょう。ウイルスとの闘い。
by: ヨンヨン * 2020/04/26 04:50 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。
 
店名を公表されても営業を続けていたパチンコ店もあって、しかも、開店前から客が行列を作っていた、なんて聞くと、あらためて日本は自由な国なのだと思い知らされます(汗)。
ただ、それが最終的には自分自身に取り返すのつかないダメージを与えることになるのは目に見えています。
その痛みを身をもって知ることになるのですから、お気の毒な気もします。
 
遊技としてのパチンコを楽しみたいのであれば、今ならITの発達により高機能を持って、しかも臨場感のあるゲームアプリも出ているはずですから、それをプレイすればいいのではないでしょうか。
もちろん、景品は出てきませんので現金に交換することは不可能です。
しかし、ゲームを楽しむだけであれば、パチンコ人気もさほど盛り上がらないことでしょう。
早い話が、ギャンブルとしてのパチンコだからこそ、こんな時期にあってもやりたがるのだと思います。
損得計算をすれば、アマチュアではまず儲かることはありません。
それを承知でパチンコ店に群がるのですから、依存症は本当にこわいものです。
自分の健康被害をも覚悟して、パチンコを打つのですから。
 
今の時代、公衆浴場にどれだけの客が入っているのか、想像ができません。
伝わってくる話では、客数が少ないものの、家に風呂を持たない人のためには必要な施設であるとして、行政が補助金を出してまで維持しているぐらいですから。
「銭湯」を認めるのであれば「スーパー銭湯」も認めるのが公平だと私は考えていますが、緊急事態のいま、そんな議論はせずに、強制力がないとはいえ、知事からの要請には従うべきだと考えています。
 
解除後に二次感染が起こる、というのも恐れている問題の一つです。
北海道ではいち早く緊急事態を宣言して外出の自粛を呼びかけ、一旦は沈静化の兆しがありました。
しかし、解除後にすぐ感染が広がったという事態は、記憶に新しいところです。
煩雑になりますが、幾つかの段階に分けて解除をしていくという形をとることになるのでしょうか。
by: 声なき声 * 2020/04/26 05:26 * URL [ 編集] | page top↑
長引きますね。臨時休業の張り紙からあと数か月もすれば、「お世話になりました。閉店いたしました」の張り紙が出て来ると思います。
by: senri32 * 2020/04/26 05:27 * URL [ 編集] | page top↑
senri32さんへ
私自身の目で見たことはありませんが、実際に閉店したお店もあるそうです。
従業員が一人もいないお店であれば、それならば廃業も少しはやりやすいでしょうが、一般的にはそんなわけにはまいりません。
どのお店も苦労をされていることと思います。
by: 声なき声 * 2020/04/26 05:33 * URL [ 編集] | page top↑
私も一時、依存症のような時もありました。こんな事態でも行く客は依存症の可能性が高いです。パチンコ業界からの献金が多いので議員は素知らぬ顔です。日本独特のギャンブルはなくすべきだと思います。コロナは簡単には収まらないだろうと思います。兎に角自己防衛しかありませんね。
by: よたろう * 2020/04/26 10:31 * URL [ 編集] | page top↑
スーパー銭湯がだめでパチンコはなんで?みたいな流れじゃなく、普通にパチンコが自粛要請を無視して営業しているというのがまた日本国民の怒りの炎に油をそそいでますよねえ。
このあたり、俺も今日の記事の一つ目ですこし書いたんですが、仮に俺たちが賭場を開いて三店方式と同じことやると余裕で逮捕されますからね。
しゃれになってないというか。
by: てかと * 2020/04/26 10:55 * URL [ 編集] | page top↑
よたろうさんへ
そう言われれば、私の高校時代の担任が、パチンコを好まれていたそうです。
卒業後の同窓会のときにそのお話を伺って、初めて知りました。
同好の士は多く、くだんの先生は「ボクが一番うまかった」と自慢されていました(笑)。
 
パチンコの業界も政治と密接につながっているところに問題があると思います。
政治献金が露骨に行われているところから、「三店方式」を隠れ蓑にして事実上の賭博が大手を振ってまかり通っているのは看過できません。
ちなみに、私の高校の恩師はあくまでも趣味の一環として楽しまれていただけで、依存症にまでは発展していなかったと推測していますが。
by: 声なき声 * 2020/04/26 11:59 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
吉村知事が6軒のパチンコ店の名前を公表したのですが、その中のある店は、それでも素知らぬ顔で営業を続けているそうです。
恐れていた事態が現実になりました。
現在でもパチンコができる店であることのPRになり、開店前から客が店の前に行列を作って並んでいた、と。
開店と同時に、ほぼ9割の席が埋まってしまったといいますから、命知らずの人々のやることは想像を超えていますね。
 
普通の日本人が「三店方式」を使っての換金方法でおカネを賭けたゲームをすれば、即逮捕は当然です。
あの「三店方式」を聞いて、心から納得している人なんて、まずいないでしょう。
by: 声なき声 * 2020/04/26 12:09 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3986-cc4eb16f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する