FC2ブログ

4月24日(金)

眼科クリニックに白内障の目薬をいただきに行った。

出かけるとき、持ち前のウッカリ病でマスクをするのを忘れてしまった。

駐車場に着く前に気がついたのだが、「もうエエわ」と思い直してそのままクリニックに向かった。

というのは、その眼科の医師も受付スタッフも、今までマスクをしている姿というのは見たことがないのである。

おそらく、マスクの効用については大きな価値を認めていない立場なんだろうと、自分勝手に解釈した。

それに、診察はせいぜい15分ぐらいのもので、密接状態で会話を交わしている時間なんて、わずかなものである。

そんな言い訳を頭の中で組み立てて、良心の呵責に苦しむことをやわらげた。

その眼科に行ってみると、受付の女性も医師も、これ見よがしにマスクをしているではないか。

もしかしたら、私と一緒で、緊急事態宣言が発せられてから方針を変えたのかもしれない。

しくじったとは思ったものの、今さら弁明をしてもみっともないだけなので、何も言わずに、ハンカチを口に当てながら会話をすることにした。

大阪府の場合、武漢ウイルスの陽性反応の出た人の1割が医療関係者であった、という。

感染リスクの高い職業の人だけに、私の配慮が足らなかったことを反省した次第である。

語弊のある物言いになるが、たとえポーズだけでもマスクはつけていくべきであった。

持っていくのを忘れたのであれば、気がついたときに面倒であっても取りに帰るのが筋であろう。

もしスマホを部屋に置いたままで出かけてきたことに気づいたら、まず間違いなく引き返していたに違いない。

しかし、この時期、私のスマホは2週間ほど全く音なしの構えである。

おそらくは、早くても5月6日以降でないと、私への緊急の電話なんてかかってこないと思う。

いま大事なのは、電話よりも周りの人たちにもたらす安心感のほうだ。

時と場合によっては、スマホよりもマスクのほうが値打ちを持つこともある。

自分が感染することの予防としてマスクが役に立つかどうかはともかく、もし自分が感染していたときにまわりの人にうつさない気配りを示すのがマスクだと思う。

「自分は絶対にウイルス感染しない」という思い込みは、根拠のない妄想にすぎない。



20200424.jpg

左目の白内障が少しだけ進行しているとの診察結果であった
20 : 20 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(11) | page top↑
<<4月25日(土) | ホーム | 4月23日(木)>>
コメント
こんばんは♪

事態は大きく変わっていますね。
火曜日にうちのかかりつけ医に行くと、
「マスクをしてください」とドアに書かれていました。
かかりつけ医もコロナの前まではマスクされていませんでしたが、
今ではしっかりされています。
by: きっちゃん♪ * 2020/04/24 21:15 * URL [ 編集] | page top↑
コロナウィルスは、(目)からも移るそうですね。
だから、医療従事者は(ゴーグル)を掛けたり、透明のガードで目や口の辺を覆っているそうです。
例によって(純正)は無いので、とりあえず何かのフィルム様なもので代用しているそうです。
by: アイハート * 2020/04/24 21:16 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
こんばんは。

医療を施す側からもマスク着用をすすめられる方向に変わってきているのですね。
医療関係者の間にこんなに感染が広がってしまったら、何らかの手は打たなければならないのでしょう。
by: 声なき声 * 2020/04/24 21:20 * URL [ 編集] | page top↑
アイハートさんへ
はい、目を通じても新型は感染していくと私も聞きました。
ゴーグルそのものの在庫が底をついたということで、その代用品もいろいろと工夫しているようです。
また、本当は患者の側も顔をシールドする防具をつけるのが理想的だそうです。
しかし、数が足らないのは目に見えていますが(汗)。
by: 声なき声 * 2020/04/24 21:24 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
マスクの効果は どうであれ 今の時期
マスク無しだと 白い目で見られそうな現状です。
病院に限らず お店でも 「マスクを着けてお入りください」の
表示がある所も目立ちます。

どのような状態で 感染するのか 良く分かってない現状で
すれ違った数秒で ウイルスが飛び込んで来るかも知れないとの
怖さが有る中 15分ほどの診察だから大丈夫とは言い難いのではないでしょうか。

重症化するのは、免疫力の低下と言われています。
病院へ来る患者さんは 何らかの症状が有って来るのですから
お医者さんや受付の方へだけでなく
他の患者さんへの配慮も必要だったかも知れませんね。
アイハートさんも書かれているように
目からの感染もあるようですから 眼科ならマスクも必要だったかもです。

書かれている通り
「自分は絶対うつさない うつらない」の根拠ない思い込みは
妄想に過ぎないと思っています。
無症状で 人には感染させる恐れのある人も
大勢いるとの 情報も有りますから(汗)

いずれにせよ 国民全員が細心の注意を払うことが
終息へ向かわせる確実な方法だろうと思います。
by: ヨンヨン * 2020/04/25 05:06 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。
 
はい、おっしゃっている注意点に関しては、私も全区返す言葉もございません。
マックス15分とはいえ、瞬時にして感染させてしまう危険性は否定できません。
かつて、感染者が座ったシートに腰かけただけでうつってしまった、という事例もありました。
大いに心すべきことです。
自分の不明を心から恥じ入っております。
 
歯科受診であれば、これはマスクを外さないことには診察や検査は受けられませんが、眼科や内科の場合は必要なときだけ外せば問題はありません。
われながら思慮が足らなかったと、心から反省しております。
 
新型コロナの特徴の一つに、2割の重篤な例を除けば無症状か極めて軽いものにすぎない、というのがあります。
これ実はこわいところです。
とりわけ、全く症状があらわれていないと、自分が危険要素であることに気づかいことも多々あるでしょう。
今日からGWが始まるという人も少なくありません。
しかし、今年に限っては、1億2千万人が隠忍自重を心に刻んで過ごすべきだと考えています。
5月6日には宣言解除の朗報に接したいと、ひたすら願っております。
by: 声なき声 * 2020/04/25 05:19 * URL [ 編集] | page top↑
恐怖ですよ
感染しても軽症の人は 自宅待機なのですよ
中には同じように 不要不急なことは仕方が無いと 食品の買い出しをする人も。もちろん、慢性疾患の薬をもらいに医者に行くことも 不要不急の当てはまらない事例だと 勘違いしている 感染者がいるんですよ。

自宅待機で 話したいうっぷんがたまっている人たち 
もう 元気でも感染していることを知らない人たちが 大勢いるはずです
なかなか怖いものですよ。
by: 壁ぎわさん * 2020/04/25 06:46 * URL [ 編集] | page top↑
壁ぎわさんへ
一部の自治体では、「軽症」の人は自宅でなしにホテルにての療養を計画しているそうです。
そちらのほうが好ましいと私は思います。
最も恐れているのは、全く症状のない感染者のことです。
自分が感染しているとの意識がありませんので、つい無防備になってしまいいますから。
とりわけ、若い人などは体力があるだけに、自宅でゆっくり静養を求めることには無理があると思います。
 
私も、もしかしたら感染しているかもしれません。
そんな可能性を考えると、そら恐ろしくなってきます。
by: 声なき声 * 2020/04/25 06:56 * URL [ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: - * 2020/04/25 09:18 * [ 編集] | page top↑
みんながマスクをしているときに、あのひとはなんなの?って思われるのがつらいですね。財布忘れてもマスクはしていったほうがいいでしょう(笑)。
この逆に欧米では当初マスクをしているほうが変人扱いでした。いまではマスクをしないひとのほうが変人扱いになってますけど。
by: てかと * 2020/04/25 13:32 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
財布を忘れていって会計のときに気がつたとしても、「すぐに持ってきます」と言えば済むだろうと思います。
おそらく、受付の人は「来月で結構ですから」と言うでしょうが、そこは今後の信頼関係のために、即持参いたしますが。
 
病人以外でマスクをするのは、日本人だけだと言われています。
3年前に上海に出張で行ったとき、
日本から駐在している商社の人に
「マスクをして街を歩いているのを見たら日本人と思って間違いない」
と言われたのを思い出します。
by: 声なき声 * 2020/04/25 14:54 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3985-fe312fdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する