FC2ブログ

4月13日(月)

アマゾンプライムビデオで、浅田次郎さん原作の『琥珀』を見た。

原作の小説を読んでいないどころか、タイトルすら知らず、全く事前知識は何もなかった。

実は、最初は同氏の『蒼穹の昴』のビデオを見たいと思ってアマゾンのサイトを検索したのだが、収録されていなかったようだ。

しかし、検索結果に表示された作品集の一覧に、たまたま『琥珀』があったのである。

この作家が書いたものならハズレはないだろうと思って、クリックした。

予想どおり見ごたえがあり、非常に満足できた内容であったと評価したい。

ネタバレになってはいけないのでストーリーは書かないが、富山県の日本海側の小さな町が舞台になっている。

そこで展開される3人の人間ドラマである。

家族同士の信頼感や人間への深い洞察を描写することの第一人者である、浅田氏の面目躍如たる作品だ。

リアリティーの点では弱いと言わざるを得ないが、あくまでも物語として見たので十分に楽しめた。

西田敏行、寺尾聰、鈴木京香の三氏だからこそ、原作の醍醐味を損なうことなく演じきれたのではないかと思う。

とりわけ、エンディングがほど近い部分での寺尾聰さんのひとり語りシーンは圧巻であった。

息を飲んで聞きほれた。

この語り口調はトレーニングによる成果ではなく、天性の資質のなせるわざとしか思えない。

さらに舞台となった地が北陸の漁港であるとの設定も、作品全体に哀愁を奏でる効果を発揮し、実に絶妙であった。

3人の人生の心の微妙なかげりは、漁業の街のイメージによって鮮明に際立っていたと思う。

突き詰めて言えば「暇つぶし」に見たビデオではあったが、私には思わぬ収穫であった。

終わった後も、しばらくは余韻に浸ることができた。



20200413.jpg
東京テレビで2017年に放映された(1時間44分)
 
20 : 20 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<4月14日(火) | ホーム | 4月12日(日)>>
コメント
こんばんは♪

思わぬ暇つぶしになりましたね。
『琥珀』は知りませんでした。
読んでみたいです。
by: きっちゃん♪ * 2020/04/13 21:27 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。
 
原作の小説は読んでいませんが、映像で一度でも見てしまったらそのイメージで読み進めることになります。
ギャップを感じることがありますので、映画で見た作品は小説では読みづらく感じています。
by: 声なき声 * 2020/04/14 02:54 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
この自粛期間の 初めてのビデオ鑑賞が
満足のいく作品で良かったです。
次回の作品への期待も出来ると言うものです。
読書でもそうですが がっかりする作品も有る事と思いますが
次の本の予約を待たなくても良いですし
返却に行かなくても良いので 楽ですね。
待つ楽しみが無いのかも知れませんが。

『琥珀』も『蒼穹の昴』も読んだことは無いのですが
本を読む時と違って ビデオは、演じる俳優さんによって
受ける感じは変わってくるのでしょう。

自粛が始まってから テレビでもアニメや海外の映画などの
放映があります。
見たいと思って録画するのですが
昼間はほとんど見れないので 夜になって報道番組など
見てるうちに 睡魔が襲って来て溜まる一方です。
ダビングしておいたら いつかは見れるのでしょうけど
それでもいつになったら見れる事やら分かりません(汗)
by: ヨンヨン * 2020/04/14 04:59 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。
 
手軽さという意味合いでは、ビデオのほうが図書館の本を借りるよりも優っています。
図書館の予約だと、人気の本は半年待ちなど珍しくありません。
動画配信サービスでのビデオですと、その気になればすぐに見ることができます。
もちろん、収録されていれば、との前提ですが。
 
ビデオや映画を見て胸を打たれたからといって、原作本を読むと、全く違った印象を受けることがあります。
視覚から受けたイメージは、それだけに鮮明に頭に焼き付くのかもしれません。
また、私の魂をゆさぶった寺尾聰さんの独白シーンなどは、小説の文字からは伝わってこないのではないかと思います。
皮肉な話ですが、小説の『琥珀』を読むこととは、今後、ないと思っています。
 
今、会社に出られない人が多いでしょうから、テレビ局などは書入れどきではないでしょうか。
視聴者の数もウナギノボリだと思います。
それに応えて、局のほうでも増やしているのでしょう。
なお、妻も録画をするのが好きで、仕事がオフのときにまとめて見ています。
by: 声なき声 * 2020/04/14 05:12 * URL [ 編集] | page top↑
浅田次郎さん
 おはようございます。
琥珀はまだ読んでいませんが、
声なき声さんと同じ感覚でこの作家を見ています。
まず外さない。
文部省の推薦を付けたり、、
ドラマや映画を小学校高学年の道徳の授業(今は無いけど)で見せたいくらいです。
by: 直感馬券師 * 2020/04/14 09:59 * URL [ 編集] | page top↑
直感馬券師さんへ
おはようございます。
 
直感馬券師さんに共感をいただき、心からうれしく思います。
浅田次郎氏の作品では、私は『椿山課長の七日間』『壬生義士伝』そして『蒼穹の昴』が私の心を打ったものとして印象に焼きついてます。
人間愛を余すところなく表現する筆致は、独得のものがあると思います。
おっしゃるように、学校教育の中で、何らかの形で子供たちに触れさせたいと願っております。
by: 声なき声 * 2020/04/14 10:17 * URL [ 編集] | page top↑
今は巣ごもりで楽しめるビデオを見たり、本を読んだりするのがいいですよね!
家から一歩もでないで知識を増やせる。
新型コロナの感染爆発も防げる、一石二鳥ですばらしい・・・。
by: てかと * 2020/04/14 12:05 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
昨日は終日雨が降っていたこともあり、買い物だけを朝のうちに済ませておいて、ゆったりとアマゾンプライムのビデオを見ました。
「知識」という次元では全くプラスにはなりませんでしたが、久しぶりに心を揺り動かされる体験をさせてもらったと、天の配慮に感謝いたしました。
by: 声なき声 * 2020/04/14 12:24 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3974-7647cc52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する