FC2ブログ

4月8日(水)

7日に緊急事態宣言が出され、大阪府も対象地域となった。

正式に発令となって二日目だが、今のところ、私が最も驚いているのはトイレットペーパーの買いだめ現象である。

厳密に言えば、事前に告知が流れ始めるや、すぐさまスーパーでの買いだめが始まったようだ。

私の生活圏のスーパーも例外ではない。

昨日の朝に見たときは、もうトイレットペーパー売り場はもぬけの殻であった。

これが食料品だということであればわからないでもないが、なぜかトイレットペーパーが一瞬にして消えてしまったのである。

少し前の騒動と全く同じである。

一部の人が先走ったに過ぎないとは思うが、あの体験から何も学ばなかったのだろうかと唖然とする。

今回の緊急事態宣言も、要は「一か月間は感染を拡大させないための努力をしましょう」というだけの趣旨である。

大阪府の場合は、大雑把に言えば、
1. 外出を控えてなるべく家にいる
2. イベントの開催を控える
の2点である。

おそらく、他の6地域もほぼ同様だろう。

これは「強制」ではなく、あくまでも「お願い」である。

だから、一般の住民が守らなかったとしても、刑事罰も行政罰もない。

ちなみに、特措法では、行政の命令を無視したり、立ち入り検査を拒否したときは、
”六か月以下の懲役または30万円以下の罰金”
が科せられるとされているだけだから、ごく普通の人には関係がないこと。

つまり、住民の大人としての成熟度が試されていると私は考えている。

スーパーは営業を続けるのだし、生活維持に必要な外出まで禁じられているわけではない。

私は、散歩は健康維持のために不可欠だと考えて、今も続けている。

だから、緊急事態だからといってあえて行動を変えた部分はない。

もちろん、会社勤めをしている人などは動き方が大きく変わっただろうが、年金生活者には今も「日常」が続いている。

ただし消費者を相手にしているお店にとっては、打撃が大きいことは言うまでもない。

以前に行ったイタリア料理のお店など、つい一昨日までは昼間の時間帯などは空席がほとんど見当たらない状態であったのに、今日は二人連れの客ひと組の姿しか見えなかった。

料理やお酒を提供するお店には死活問題だが、感染症拡大リスクを少しでも減らすためにはやむを得ない措置だと理解している。

日本社会を支えている経済活動が停滞することを呑み込んで、感染症の封じ込めを優先したのだから、実に悲壮な覚悟としか言いようがない。

「もし成果が出なければどうするのか?」の質問があるかもしれないが、拡大にストップをかけるべく、住民が最善を尽くすのが先決だと思う。

ほかならぬ私たち自身のために。




大阪府吉村知事
 
20 : 20 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<4月9日(木) | ホーム | 4月7日(火)>>
コメント
こんばんは♪

どうしてトイレットペーパーなんでしょう。
全然学習していませんね。

うちの会社は休業しないで交代で出勤です。
流石に休業している飲食店は増えました。
by: きっちゃん♪ * 2020/04/08 22:31 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。 
 
前回の買いだめ騒動のときにも思ったのですが、「なぜトイレットペーパーなのか」というのが疑問でなりません。
生活必需品となると、ほかにもたくさんあります。
しかも、日本だけでなく海外でもトイレットペーパーに殺到したのですから、これは人間に共通した心理のようです。
 
仕事そのものは毎日続きますので、止めるわけには行きません。
このような形になると、「交代制」が効率的なのは確かです。
飲食店の場合は、お客さんが来ませんので休業はやむを得ないのでしょう。
実にお気の毒としか言いようがありません。
by: 声なき声 * 2020/04/09 03:33 * URL [ 編集] | page top↑
オイルショックの時から進歩していない、ということですかね。。。我が家では、ご近所さんが買い込んだ石鹸がオイルショックから10年以上も使い切れずに使い続けていました。。。その昔。
by: TORU * 2020/04/09 03:58 * URL [ 編集] | page top↑
TORUさんへ
はい、おおよそ半世紀前にも、全く同じ体験をしていました。
あのときはネットはありませんでしたので、テレビや新聞の報道で煽られた人が多かったのだと思います。
一種の群集心理だとは思いますが、全く生産性のない行動にほかなりません。
少し考えればわかりそうなものですが、危機を目の当たりにすると、正常な判断力を失ってしまうのでしょう。
 
石鹸が10年以上も残ったというのは、これはこれで記録に残りそうな気がします(笑)。
日持ちするものですので、ムダにはなりませんし。
by: 声なき声 * 2020/04/09 04:16 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
わが県は緊急事態宣言の対象地域ではないせいか
トイレットペーパーの買いだめは起こっていません。
普通に並んでいました。
フリーアナウンサーの加藤綾子さんの
「お尻は一人一つ」の名言に思わず笑みがこぼれました(笑)

我が国の法では、強制力が無く 「お願い」しか出来ないのですが、
著名人が危機感を持って発言していられるように
私も これではこのウイルスを完全に封じ込める事は出来ないと思って居ます。
経済の落ち込みを考えると これ以上の事は出来ないのでしょうけど(汗)
一時は 感染者も減ると思いますが 緊急事態宣言が解除された後に
再び 今より更に悪い事態が起こるのではないか危惧しています。
これが危惧だけで終われば良いのですが・・

今まででさえ ここまで感染が広がって居るのに
医療従事者の飲み会が行われて感染者が出たりしていますし
若者が夜な夜な街を歩く姿や 発言を聞いても 危機感は感じられませんから
一部の国民の意識は低いと思えます。
政府にしても 理髪店が ホームセンターが どうのこうの(+_+)
議論の的はそこではないでしょう。

私たちは、自分たちの周囲を必死で守るほか
何も出来ませんけど。
by: ヨンヨン * 2020/04/09 05:10 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。
 
「お尻は一人一つ」は至言と言うべきです。
買い込んでも積んでおくだけで、すぐに役に立つわけではありません。
腐るものではありませんので、広い家に住んでいる人とか、コレクションの好きな人にはまとめ買いをする意味があるのかもしれません。
ただ、本当に手持ちが少なくなってきから買おうとという人が、たちまち困ってしまいます。
さらに、お店も顧客対応に大わらわになりますし、運送ドライバーへの負担がますます過大になってきます。
いい加減、役に立たないことはやめるべきです。
 
今回の処置がベストだとは思いませんが、何もやらないよりははるかに建設的だと思います。
趣旨は「感染拡大防止」にあるわけですから、一か月後に感染者数が横ばいになっていたら、それはそれで成果があったと考えるのが妥当です。
北海道では早くから知事が外出自粛を呼び掛けて相応の効果が出たのですが、解除したとたんにまた感染者数が増えました。
となると、エンドレスで不自由な生活を続けなければならなくなります。
しかし、それはそれとして、まずは5
月6日までの辛抱をしてからの判断だと思っています。
 
いま、一般人ができることと言えば、「自分たちの周囲を必死で守る」ことに尽きると私も考えています。
それを、宣言で指定された地域だけでなしに、すべての国民が実施すれば大きな成果が生まれると、私は信じています。
by: 声なき声 * 2020/04/09 05:24 * URL [ 編集] | page top↑
総理が会見で言っていた7~8割接触減。
これ俺も挑んでみようかな、と。
スーパーとか買い出しにいくのを七日に一度にするとか・・・。
いろいろ人間性が試されますね!
by: てかと * 2020/04/09 12:49 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
「7~8割接触減」は説得力のあるフレーズです。
今まで10人と接触を持っていたとしたら、それを3人までとする、とのことですから、やってやれないことはありません。
数値目標が示されたのは好ましいと評価しています。
それぞれの人の「人間性」でもって、実行することができます。
by: 声なき声 * 2020/04/09 16:47 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3969-ea6f27bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する