FC2ブログ

3月22日(日)

大相撲は千秋楽であった。

今場所は結びの一番が優勝決定戦であり、しかも横綱同士の対決という、願ってもない好取り組み合いとなった。

外出自粛の折りから、家で目を皿のようにして観戦していた人は多かったのではないか。

おそらく相当な視聴率があったことと思う。

結果は、白鵬関が勝って44回目の優勝を決めた。

かねてより、白鵬関の相撲のとり方に対しては手厳しい批判が寄せられてはいるものの、勝ち星を多く上げたということは強かったことの証こほかならない。

これはこれで評価すべき事実である。

ところで、今場所は無観客という異例のスタイルで行われ、そこが物足りなかった人は多かったようだ。

しかし、観客が誰一人いなくとも、土俵の熱気は十分に感じられたのではなかったか。

醍醐味のある取り組みを見せてくれれば、そういった不満も十分に解消してくれる・・・と負け惜しみ半分ではあるが、思いたい。

ただ、どうしても無観客であることの欠陥を見たのは、簡略化された表彰式が終わった後の「出世力士手打式」のこと。

新弟子検査に合格して稽古を重ね、次の場所からは序の口として相撲をとっていく力士を紹介する儀式であるが、いつもなら、観客から「がんばれよ!」の声が必ずかかってくる。

相撲の世界に入って間もない若者たちへの声援と拍手は、見ていても胸が熱くなる場面だが、今場所はそれがなかった。

大相撲のいい場面の一つが見られず、寂しい思いは禁じ得ない。

次の五月場所での楽しみにしておくく。




平成30年1月場所の出世手打式と神送りの儀
 
20 : 20 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<3月23日(月) | ホーム | 3月21日(土)>>
コメント
こんばんは♪

今日は見ていませんが、場所中ちょこっと見ました。
やっぱり熱気が全然違いますね。
by: きっちゃん♪ * 2020/03/22 20:55 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます。
 
横綱が負けたときでも、また、人気力士が登場したときにも全くの無声ですので、いつもとは勝手が違っていました。
音がはっきりと聞こえたのは臨場感があって、見知らぬ相撲の世界を垣間見ることができ、これは大きな収穫です。
by: 声なき声 * 2020/03/23 04:08 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
今回は、白鵬が優勝したのですね。
今回も・・と言えば良いのでしょうか(笑)

色々言われる白鵬ですが 優勝をするという事は
強いという事ですが、それ相当な練習もしてきた結果だと思います。

大鵬 柏戸時代(それ以前の事は分からないですが)
貴乃花時代のように 上位に強い力士がひしめいている事が
無くなって 横綱 大関が休場する事もあり
精彩に欠ける場所も多くなったと思います。
そんな時代でありながら「満員御礼」の
垂れ幕も下がる大相撲ですから
お相撲人気も まだまだあると思いますので
今回の無観客場所は、寂しいものでしたね。

テレビに映るお相撲の場面を見ても
見慣れた大相撲の中継とは思えないでした(汗)

今の時代ですから BGMに人のざわめきを流しておいたら
もう少し 盛り上がったかも知れませんね(笑)

五月には、コロナ騒動も沈静化して
今まで通りの場所になりますように。
by: ヨンヨン * 2020/03/23 04:56 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。
 
はい、白鵬関が優勝をしました。
私は鶴竜関を応援していたのですが、その祈りは天には通じなかったようです(涙)。
ただ、張り手やかちあげなどの、横綱らしからぬ手を使わないでの勝利でしたから、その点は救われました。
 
大相撲の世界での実力低下は否めません。
例示されているレジェンド的横綱がおらず、また大関も一人だけという現状です。
しかも、大関が負け越したりするのですから、「強い力士」の姿は見られません。
とはいえ、人気があることは確かです。
やはり日本の伝統に根差した競技だけに、単に勝ち負けでは語れない奥深いものがあるのだと思います。
 
5月までには今の騒動が沈静化し、衛生面への配慮をしながらでも、すべての席を埋めた観衆の応援の中で、大相撲が開催されることを願ってやみません。
by: 声なき声 * 2020/03/23 05:10 * URL [ 編集] | page top↑
千代丸関がコロナ感染していたら中止されるところでしたが、無事に千秋楽まで実施できてよかったです。
土俵下に転がり落ちるのを見るのは恐怖でもありました。
普段はあそこに座っている人たちがクッションになっていたんですね。

それにしても先場所優勝した徳勝龍、デーモン小暮が『ことごとく期待を裏切られてきた、信用できない』と、場所前におっしゃっていた通りでした。
by: ライラ * 2020/03/23 09:41 * URL [ 編集] | page top↑
ライラさんへ
千代丸関の休場には私も肝を冷やしました。
もしや中止では、と。
しかし、いい方向に予測がはずれて安堵しました。
それにしても、休場後は何事もなかったような顔で土俵に上がってくるのですから、プロ魂には筋金入りのものがあるのでしょう。
常人にはマネができません。
 
観衆がいることで「クッション」になっていたことは確かです。
今場所でよく見られた現象は、勢いよく対戦相手に突き出された力士は、観客席のかなり奥のほうまで追いやられていました。
最初は意図的にやっているのかと思ったほどですが、何人もそういった例を見ますと、従来は観衆のところでブロックされていたということがわかります。
見方を変えますと、土俵間際でので観戦には大きなリスクが付きまとっている、ということになります。
 
相撲通の閣下のお言葉ですが、力士には酷すぎるように思えます。
本場で優勝したら、次の場所では上位陣との取り組みが増えるのは当然のことですから、黒星先行はやむを得ない結果ではないでしょうか。
by: 声なき声 * 2020/03/23 09:56 * URL [ 編集] | page top↑
ネット動画配信なら画面にがんばれよ!とか流れてでてると思います!
きっと伝わっていると信じましょう。
無観客興行なら今後もやっていいのではないかと。
by: てかと * 2020/03/23 10:22 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
アベマTVには「コメント」機能がありますので、そこに視聴者からの感想や意見が表示されるシステムになっています。
私は画面を少しでも広く使いたいので、コメントは使っていませんが。
 
おそらく、五月場所は観客を入れても管理体制をつくっておけば開催できると、根拠はなしに考えているのですが(汗)。
by: 声なき声 * 2020/03/23 11:32 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3949-a34f65db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する