FC2ブログ

3月14日(土)

全国の学校が休みになって、2週間になる。

当然ながら、学校行事もすべて中止になった。

小学生の野球部の活動も、基本的には学校関連の行事とみなされ、本来は休まなけれならない。

ただ、実際には、「自主練習」の形で、休日に集まって練習をしている。

ユニフォームは着ないで、運動のできる私服ですることになっているから念入りだ。

学校のグラウンドは使えないので、不十分ながらも近くの空き地での練習となるのはやむを得ない。

キャッチボールと素振りだけでも、やらないよりははるかにマシである。

第一、子供たちにとっては、平日は家の中にいなければならないし、友達とも会えず、思うがままに体を動かすこともできないところから、かなりフラストレーションがたまっているらしい。

これは、今朝、野球チームの監督から聞いた話だ。

今日の当地は雨のため、自主練習中止の連絡メールを受けたとき、そこにそういった文面が添えられていた。

せっかくの土曜日、せめてキャッチボールをするのを楽しみにしていた子供も多かっただろう。

そんな日に雨に降られたのでは、踏んだり蹴ったりだ。

もちろん、もっと苦しい思いを強いられてる人が多いのは確かだし、野球ぐらいは我慢しろ、という忠告は理解できる。

しかし、本当なら元気が満ちあふれている小学生が自宅で悶々としている様子を聞かされると、私もいたたまれなくなってくる。

天気予報では明日は晴天のようだ。

いつも練習に使っているあの空き地には、子供たちの笑顔がはじけることだろう。

そのことが私には大きな救いである。

何かと議論はあるものの、武漢ウイルスの感染者の推移を見ると、諸外国よりは日本国内のほうは拡大に歯止めがかかっているのは間違いない、

学校休校も、感染症の封じ込めのためには一定の成果があったと考えられる。

このことは、小学生には理解するのがむずかしいかもしれないが。



20200314.jpg
普通のグラウンドの内野ぐらいの広さはある空き地だ
20 : 20 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<3月15日(日) | ホーム | 3月13日(金)>>
コメント
こんばんは♪

感染を恐れるあまりストレスがたまりすぎるのも困りますよね。
予防しながら屋外でキャッチボールすることはいいと思います。
by: きっちゃん♪ * 2020/03/14 21:12 * URL [ 編集] | page top↑
公共施設から締め出された、小中高生は スーパーのイ―トインコ―ナーで見かけます。医学的な根拠もなく、側近からも反対され、コロナ専門会議に諮問も無く総理独断で強硬した「休校」実際の効果も発表されずにいます。国としてやらねばならない医学的対応がはっきりせず、危機感ばかり増幅する政治。こういう事態の時に、信頼出来るトップ不在、考えると寂しさを覚えます。
by: kitchenplaza * 2020/03/14 23:35 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。
 
平日に子供が外に出ていることを非難するかのような見方がありますが、ずっと家にこもりっきりというよりは、はるかに子供らしいと思います。
感染に気をつけるのは当然ですが、家の中に”監禁”するよりは適度に遊ぶのが自然ではないでしょうか。
by: 声なき声 * 2020/03/15 02:21 * URL [ 編集] | page top↑
kitchenplazaさんへ
突然に生まれたウイルスへの対応には、前例がありませんので誰がやっても100%完璧な対応というのはできないと思います。
ただ、今回は集団感染を可能な限り抑え込むとの趣旨が徹底していて、韓国やイタリアと違って爆発的な拡大は見られておりません。
学校の一斉休校も、当初はあまりに突然のような印象を受けたのですが、早期に封じ込めるためのやむを得ない手法として、まずは子供の学校から着手したのではないかと考えています。
いきなり全員を対象に外出禁止などしてしまうと、それこそ国民生活が成り立たなくなりますから。
当面は気づまりな空気にも耐えていかなければならないと思っています。
by: 声なき声 * 2020/03/15 02:31 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
学校が休校になって
各行事が中止になり
家に籠る生活が続き 
親も子も 発散する場が無くなり
フラストレーションが溜まっていると思います。

街の中 スーパー 公園などで
親子連れの姿を時々見かけます。
日頃出来ない事が出来るので
良い時であるようにも思いますが
子供たちにも 働く親たちにも
苦しい時期を強いられて
あまりにも長い期間です。
しかし 人間は比較的柔軟な生き物のようですから この場は何とか乗り越えると思います。

そんな中 野球の練習の場が与えられてる事は
喜ぶべき事です。
そんな小さな楽しみが雨で中止になったのは
がっかりでしょう。

今回の感染者の多くは クルーズ船など
特殊な環境に居た人が多いので
普通の生活をしている人の感染率は少ないのではないかと思います。
感染者数は国民の0.006%だとか。

しかしどのような広がりを見せるのか
分かりませんから 注意するに越したことは無いです。
by: ヨンヨン * 2020/03/15 05:16 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。
 
何かと不自由な世の中の雰囲気ですが、「柔軟な生き物」としてこの難局を乗り切っていけるものと確信しています。
敗戦からも大災害からも、奇跡に近い形で復興を遂げてきたのですから。
 
マイナーな部分にスポットを当てた場合、地域の小学生野球部にしても、本当は好ましくないのかもしれませんが、「自主練習」の看板で活動をしています。
これは子供たちはもちろんですが、そんな話を聞いた親にしても心の琴線に触れる話だと感じたのです。
厳しい環境にあってもどこかに楽しみを見出していくという姿勢は、私も大いに学ぶものがあります。
 
感染率の計算はかなり曖昧な側面があると考えています。
現在のPCR検査はかなり精度が低く、陽性であっても検出しなかったり、あるいは、逆に陰性なのに陽性と判定してしまう例が少なくないそうです。
なんでも、3割とか7割の正確性しかないとか聞きました。
ですから、実際には感染していない人でも「感染者」としてカウントされている可能性はあります。
反対に、検査を徹底的にやっていけば、もっと感染者は増えていきます。
ただ、韓国やイタリアで大失敗したように、誰でも彼でも検査をしていけば医療崩壊が起こるのは当たり前です。
その結果、ますます感染により死亡者が増加していったのですから、検査の範囲を広げるのは考えものです。
 
たぶん、「普通の生活をしている人」であれば、ほぼ感染していないと判断して差し支えないと思います。
0.006%のリスクを恐れるのであれば、交通事故や心臓麻痺に留意するほうが賢明でしょう。
もちろん油断は大敵ですが。
by: 声なき声 * 2020/03/15 05:39 * URL [ 編集] | page top↑
日本の感染数もそれなりに伸びてますが、よく耐えているほうですね。
子供って体力があり、感染してもしばらく動けるから元気にしてるしわからんのだよな。何人かの子供が感染しているならもう発症しているはずだし今元気にしている子供は大丈夫だと信じたいですよ。
ただ、油断禁物というか。37日潜伏するとかって話題を先日みましてね。事実ならもうお手上げだな、と。
あと今の子供はスマホとかLINEとかあるから、わりと時間つぶせそうだと思ってた。やはり運動も必要か・・・。
by: てかと * 2020/03/15 14:57 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
若年層であれば、感染そのものがしにくいし、また感染しても症状は非常に軽いのが通例だと聞きました。
逆に、子供が保菌者になった場合、気がつかないうちにまわりを感染させてしまうリスクがあります。
学校の休校措置は、そういった配慮もあったとのことです。
 
時間つぶしはできるでしょうが、家のなかでじっとしているのは苦痛だと思います。
今日は天気にも恵まれましたので、子供たちも、存分に発散したに違いありません。
by: 声なき声 * 2020/03/15 16:52 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3941-eae9a23c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する