FC2ブログ

3月12日(木)

どうやら風邪のようである。

今の時期にこの話題を出すと、反射的に武漢ウイルスが懸念されるが、おそらくそこまでには至っていないと考えている。

熱はないし、体の倦怠感もない。

ただ、鼻水が止まらないのである。

典型的な鼻風邪だ。

当初は花粉症の再発かなと思ったほどで、昨日の午後からずっと続いている。

この状態が変わらなければ、家にあるティッシュペーパーの在庫が底をつくのではないかと、冗談半分に心配している。

現在のトレンドを考えると、減ってきたからといってボックスティッシュを買いに行くのは、いかにもデマに踊らされている軽率な人間のように思われるのがイヤだ。

なんとか明日には引いてもらいたいと願っている。

しかし、風邪を引くのは2年ぶりのことだ。

おおよそ、2年に一度の周期で風邪引きに見舞われてる。

冬場は朝に必ず葛根湯を飲んでいるのだが、そのマジックも2年に一度は効かなくなるようだ。

そもそも、風邪引きの薬というものはない、と聞く。

昔は西洋医学に基づく医薬品で風邪薬を飲んでいたが、いずれも睡眠導入剤のようなもので、要するに睡眠をちゃんととって安静にするしか、治癒の方法はないのだと思う。

私の妄想にすぎないが、もし葛根湯が武漢ウイルスの活動を抑え込むのに有用だということになれば、人類の窮地を救った画期的な大発見になること必至である。

武漢肺炎も広い意味では風邪引きなのだから、確率はともかくとして葛根湯が効果を発揮する可能性があるかもしれない。

夢物語ではあるがそれが現実となれば、間違いなく明るいニュースである。



20200312.jpg
「肩こり」のために処方されたが今では「風邪」対策で飲んでいる
20 : 20 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<3月13日(金) | ホーム | 3月11日(水)>>
コメント
こんばんは♪

鼻水や鼻詰まりはコロナではないと書かれているのを見ました。
乾いた咳が危ないとも…
風邪薬はなくてその症状に処方するだけですよね。
軽く済んで早く治りますように…
by: きっちゃん♪ * 2020/03/12 21:22 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。
 
今朝は鼻水は止まっていて、鼻声になっているようです。
熱は全然出ませんでしたので、武漢ウイルスにやられたのではないと確信し、安心しております。
 
ご心配をいただいたようですが、どうぞご休心ください。
by: 声なき声 * 2020/03/13 04:26 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
鼻風邪にやられるのは、空気の乾燥が原因の事も有りますから
加湿器で部屋の空気を湿らせる事も必要かと思います。
私は、ニトリで2千円弱で買った小さな加湿器を毎晩使っています。
一晩で水は無くなりますから 溜まった水での細菌の繁殖も
あまり心配ありません。

昨日 夫も鼻水が出ると言って マスクにサングラスをして
怪しい人のような姿でした。
鼻水とサングラスは何の関係か分かりませんが・・(笑)
花粉症ではありません。

風邪に効く薬は無く 休養栄養だそうですね。
薬が必要なのは 
熱が高くて体の他の部分に影響が出る事を防ぐだけのようです。

ティッシュペーパーが必要になったら
売るほどの在庫が有りますから
貰いに来てくださいね(笑)
乗り物に乗るのは コロナの心配も有りますから
宅急便で送れば良いのですね(笑)

生姜入りの暖かいスープなど飲んで
ゆっくり休んで 早く治りますように。
by: ヨンヨン * 2020/03/13 05:21 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。
 
厚労省専門家会議の話では、武漢ウイルスは湿度の高いところを好むそうです。
その点がインフルエンザとは真逆になると聞きました。
そんな事情もあって、加湿器は使っておりません。
ただ、今朝は鼻水はほぼ止まっている状態です。
鼻声状態になっていて、城達也さん並みの美声ではないかと、自分だけが思っています(汗)。
 
「サングラス」の意味は私にもわかりませんが、人それぞれにこだわりというものがありますので、それは尊重すべきでしょう。
もしかしたが紫外線が目に入るのをカットすることで、鼻水を止めることができるメカニズムがあるのかもしれません。
 
風邪のときは寝るしかないと、よく言われます。
会社勤めのときは無理をして出社していましたので、結果的にはそれが症状を悪化させていたのだと想像しています。
今回の私の風邪は、ほぼゴールが見えてきたように感じております。
今晩ゆっくり眠れば、明日は快調になっていることでしょう。
何かと気をかけていただき、感謝いたします。
 
今日は、1枚もティッシュのお世話にはなっておりません。
もし何かの機会に必要となれば、ご無理をお願いすることがあるかもしれません。
そのときは宅配便にてお送りただければ幸いです。
しかし、送料が高くつくことでしょうね(笑)。
 
葛根湯を熱湯に溶かして飲んでから、床に就くようにしました。
これが功を奏したのかどうかはわかりませんが、体が暖まったことは確かです。
by: 声なき声 * 2020/03/13 05:36 * URL [ 編集] | page top↑
新型肺炎がうわさから恐怖に変わったころにHIVとインフルのワクチン混ぜると陰性になったぞ、とかありましたね。
ひょっとするともう中国あたりだと葛根湯混ぜたとかってのも試したんではないでしょうか。
人民に人権とかあってないようなもんだし、なんでも試されているいるのでは、と。
by: てかと * 2020/03/13 18:19 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
ご推察のことは、私も想像していました。
葛根湯の速効性を考えると、あながち根拠のない話ではありません。
人体実験もやりやすい環境にありますし。
多くの人柱にはお気の毒だと思いますが。
by: 声なき声 * 2020/03/13 18:32 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3939-e9696e00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する