FC2ブログ

3月3日(火)

所属団体の定例会議があった。

指定の会議室に行ったら、いつもとは違って広い部屋が用意されていたので、間違えたのかなと思った。

なんでも、隣の人と1.5mのスペースを保つようにしなければならないらしい。

そこで、やけに広い会議室が用意された次第だ。

出席者はスタッフを入れても10人ほど。

意見を交わすとき、あまりに広い部屋だと話がしにくいという感覚を持つのは私だけではあるまい。

コミュニケーションをとりやすくするには、狭い部屋のほうがはるかに向いている。

とはいうものの、密室に多くの人が集まることでの感染リスクは、繰り返し指摘されている。

「1.5mルール」が実際に適用された会議は、私は今日が初めてであったが、これはやむを得ない。

また、マスクの着用も義務付けられた。

持っていない人には、主催者側が用意していたマスクが手渡されたほどである。

学校が休みになり、行政が行っている各種行事が軒並み中止になって、なにやら厳戒態勢を思わせる雰囲気だ。

ただ、これも長くはないという気がする。

実態が解明されていけば対処法も見えてくるし、有効な治療薬が出てくる可能性がある。

いま、中国での様子を見ていると、かなり落ち着いてきていることがわかる。

南京など、2月19日からは新規感染者は一人も出ていない。→ 「新規感染者ゼロの街」

そのかわり、徹底した監視体制を敷いていて、至るところで体温検査をし、市民が少しでも動けば行き先を記録される。

一般市民のプライバシーは全くない。

ファストフードの店でホットドッグを買うのも、店員さんと接触することなく購入するシステムが出来上がっている。

捨てられるものはすべてあきらめて、とにかく新型ウイルスの封じ込めに躍起になっているようだ。

それが功を奏したおかげで、新規の感染者は一人も出ない結果となったと思う。

日本も、まさか南京の真似はできないが、封じ込めに成功すれば、この騒動を克服できるはず。

今は非常事態なのだから、ある程度の自由が制限されるのは我慢すべきだと思うが。

うまく行けば3月中には峠を越えて、GW前に終息宣言ができる、というのが私の描いている最も理想的な青写真である。

早く、悪夢から目をさましたい。



20200303.jpg
イヤな夢を見た後は気持ちは良くない
20 : 20 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<3月4日(水) | ホーム | 3月2日(月)>>
コメント
こんばんは♪

うちの会社関係では
会議そのものが中止になっています。
by: きっちゃん♪ * 2020/03/03 21:43 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。
 
本来は、社内会議もすべて中止にするぐらいの対応をしてこそ、徹底できるものだと思います。
失礼ながら、社内の会議を一切やらなかったにしても、それが原因で業績を落とすことはないと想像しています。
 
記事で取り上げた会議は、3月24日まではすべての活動が禁止になりますが、会の運営上、必須である議案審議のためなら例外的に認められる、というものでした。
それで、1.5mルールやマスク着用などが義務付けられたのです。
by: 声なき声 * 2020/03/04 03:09 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
広い部屋で 1.5㍍も離れて マスクをしての会議は
異様と言えるものですね。
人の話も聞き難かったと思います。
必要で開催された会議でしょうけど。

テレビ会議などが出来る会社では
そのような方法で コミュニケーションを取ってるようです。

日本の政府は 海外からも批判の対象になっているようですね(-_-メ)
中国で発症したと分かってからも 
経済の為でしょうか 中国の春節の来日を止めないで
大勢の中国人を迎えていました。
「日本は安全だから来た」と言う中国人も居ましたが
その結果が 今 国民にこれだけの負担を強いているのだと思います。

先日 知人と 田中角栄時代と現総理の違いの話をしていましたが
角栄は、たたき上げの総理で 国民の底辺生活を知っていて、
ボンボン育ちの現総理は、それを知らないからだと言う結論になりました。
もっと日本を大切にして欲しいですね。

3月末になれば、感染者数は減ってくるだろうとは思いますが
台風の被害のように 台風が去った後に残された爪痕は
悲惨なものであるような 現実が見えてくるだろうと思います。

普通に生活をしている私たちには
感染者が減ってくることは 終息のように思えますが
これによって 受けた企業の損失 個人の生活の収入減など 
嵐の後の修復には、時間がかかると思います。
by: ヨンヨン * 2020/03/04 05:18 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。
 
離れているうえに、マスクをしていることでもって発言が聞き取りにくく、不完全燃焼気味の会議でした。
ただ内容はその団体の主催している行事をどうするか、という先送りのできないものであっただけに、議決の必要はあったのは間違いありません。
 
日本政府の対処が何かと批判されていますが、問題があった部分と結果論に過ぎない部分との両方があったと思います。
問題なのは、書かれているとおり、最初の水際作戦で後れをとった点です。
ゲスの勘繰りですが、4月に中国から習主席を国賓として招く予定がありますので、刺激をしたくなかったのでしょうが、それが今日の事態を招いたのです。
結果論での批判の部分は、あのクルーズ船での対応です。
本来はイギリスが責任をもって対応すえるべきところ、日本政府が乗り出して保護に出ざるを得ませんでした。
その時点では、新型コロナの感染力も何もわからず、それがために大量に感染者を生み出す事態につながってしまったのです。
しかし、だからといって、クルーズ船の邦人乗客の日本上陸を認めていたら、国内の感染者が爆発的に増えていたことは火を見るよりも明らかです。
コメンテーターは勝手な論評をしていますが、それは結果が出てしまったことを見ての話に過ぎません。
 
遠くないうちに事態は収まると思いますが、本当に後が大変です。
少なくとも経済面では大打撃を受けていることは容易に想像がつきます。
しかし、大災害からも立ち上がって再起を果たしてきて日本人の知恵は、必ず今回も活かされることと私は信じています。
by: 声なき声 * 2020/03/04 05:36 * URL [ 編集] | page top↑
コロナが発覚した当初の政府対応の遅れは明らか。報道されている様に総理は対策会議を10分ほどで退席 その後連夜ご自分のお友達と豪華会食。報道されさすが、これはまずいとなったのでしょう、総理会見。小中高 公立学校の休校。唐突で驚きました。医療体制をこのように整備する。病院で診察を出来るようにするとの話はほとんど触れられませんでした。休校の医学的根拠も説明なし。感染症専門の医師は「若年者の感染リスクは低く 感染しても軽症、感染させる事もない。」と話していました。関係大臣の反対を押し切り、「私が責任取る」と会見に踏み切ったとのこと。会見は原稿棒読み、記者からの質問は、あらかじめ指名、質問の事前提出。やらせと言われても仕方ないでしょう。終了後多くの記者の質問を打ち切り、そそくさと帰宅。国民の理解を、と言われても 気持ちは伝わりません。阿部はこれだけやるという演説です。これによる様々なマイナス、一番大きいのは、国民に「不安感」を植え付けた事でしょう。経済損失はどれくらいになるのか 消費税増税と合いまって、パンデミック とならぬよう祈ります。庶民の気持ちが分からぬ ボンボン宰相では・・・
by: kitchenplaza * 2020/03/04 10:15 * URL [ 編集] | page top↑
kitchenplazaさんへ
新型コロナが表面化した当初は、症状の実態が全くわからず、それが対処を誤った一番の理由だと判断しています。
いわば水際作戦の失敗ですが、日本のような民主主義国家やアメリカのような大統領制でもない国では、総理の一声ですべてを指示することもできません。
クルーズ船での対応にしたって、ウイルスを日本国内に持ち込ませないとの施策を優先した点では、決して間違っていなかったように思います。
 
情報を出し渋っている気配はありますが、1億2千万人の国民への責任を背負う立場として、相当な苦悩の中にあることと思います。
急な休校要請には私も首を傾げていますが、この時期に感染の拡大を封じ込めておかないと取り返しのつかない事態になると判断したのではないでしょうか。
 
経済活動が相当に影響を受けているのは間違いありませんが、緊急事態ゆえ、この難局を乗り切っていくしかないと覚悟しています。
by: 声なき声 * 2020/03/04 10:52 * URL [ 編集] | page top↑
可能性のひとつですが致死率が初期のエイズみたいに高ければ、もっと政治もわかりやすいアクションしたかもな、と。
by: てかと * 2020/03/04 14:04 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
まさしくそのとおりです。
「致死率2%」がこわければ、街なかを歩くことなんてできません。
しかも、重篤な症状を示すのは高齢者がほとんどだといいます。
これがエイズやサーズ並みの恐ろしい疾病ともなれば、政治も社会もより高い緊張度をもって対応せざるを得なかったでしょう。
by: 声なき声 * 2020/03/04 14:35 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3930-3b5a5d62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する