FC2ブログ

中学は公立か私立か、その究極の選択

息子が小学校から中学校に進むとき、親としても迷いました。
多くの友達が進む学区の公立中学に進むか、それとも、進学指導に熱心な私立中学に進むか、非常に悩んだものです。
公立中学なら、何の苦労もなく、そのまま行けます。
家からも近いですし、学費も安いです。
ただ、息子が将来的に大学進学となったとき、学区の中の公立中学では、高い目標は立てられません。
学力以前の問題で、「荒れて」いましたので、そもそも落ち着いて勉強をする雰囲気ではなかったようです。
その点、教育方針のしっかりした私立中学では、中学入学と同時に、大学受験を意識したカリキュラムが組まれており、将来的な進路のことを考えると、安心して子供を託せると感じていました。
妻とも話し合った結果、小学校5年の3学期に、私立中学の受験を決定しました。
そして、私立中学受験のために家庭教師をつけての勉強も始めました。
そんな苦労が実って、なんとか希望の私立中学に合格でき、家族一同が大喜びしたことを、いまでもはっきりと覚えています。
その後、やはり希望の大学にも合格し、やはり、私立中学を選択したことは間違っていなかったと、安堵したものです。

07 : 52 : 14 | 感想 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<治療院やリラクゼーションサロン向けの卸・通販サイト「トワテック」 | ホーム | 電話占いフリーコールの新サービス占い鑑定実績18年の老舗東京エムシー>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/393-6f862f94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する