FC2ブログ

2月29日(土)

今年はうるう年なので、2月は29日まである。

400年の間に97回、うるう年はやってくる。

以前に勤務していた会社のエライさんで大の酒好きがいて、
「うるう年は楽しみだ」
と言うのである。

そのワケを訊ねてみると、
「1日余分にあるから、いつもの年より1日分、余計に酒が飲めるから」
と機嫌よく答えてくれた。

それを聞いて、まさにポジティブ思考そのものだと、心の中で納得したことをいまだに覚えている。

私など、逆にうるう年は損をしている、と思っていた。

というのは、勤務先ではあらかじめ年間休日の日数が決まっていて、それに帳尻を合わせて土曜日の休日やお盆、お正月の休みを決める手順を踏んでいる。

つまり、うるう年だと、1日分は多めに出勤しなければならなくなる。

短絡的に「これは損だ」と思っていたから、そのお酒大好きオジサンとは真逆のネガティブ思考であったことになる。

うるう年は全国民に平等に訪れるが、考え方次第で得と感じるか損だと思うか、大きく分かれてくるから奇妙なものだ。

ところで、このうるう年の計算方法は、日本の法律では”皇紀”に基づくと定められている。

明治時代にできた法令だが、
「皇紀、すなわち神武天皇がご即位になった年を4で割って、それが余りなしで割り切れる年がうるう年である」
となっている。

補足があって、
「皇紀年数から660を引いたときに100で割り切れる年で、同時に100で割ったときの数字が4で割り切れない年は平年とする。」
と続いている。

結局は、西暦での計算方法と同じ結果になるのだが、気骨のあった明治人は、西洋のマネをするのではなく、日本独自の形でやりたいと考えていたのであろう。

見方によってはこじつけともとれるが、欧米に追い付け追い越せのスピリットにあふれていた意気込みが伝わってくるではないか。

そんな明治の人が、トイレペーパーやティッシュをわれ先にと買いに走っている姿を見たら、どう言うだろう?

明治人から寄せられるコメントを聞いてみたいものだ。



20200229.jpg
今日で1年の6分の1が終わってしまう
20 : 20 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<3月1日(日) | ホーム | 2月28日(金)>>
コメント
こんばんは♪

月給で働いている人は損だと思いますよね。
>いつもの年より1日分、余計に酒が飲める
私には好きなことが余計にできるという発想なかったです。
by: きっちゃん♪ * 2020/02/29 21:22 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
こんばんは。
 
その人は幸せな人生を送られたことと思います。
発想の転換などとよく言いますが、私もその言葉を聞いたときは、目からうろこの思いでした。
by: 声なき声 * 2020/02/29 21:32 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
うるう年が 損か得かは、考えた事は無かったです。
月末の送金業務が その月によって 30日になったり
31日になったり (29日になる場合も有りますが)
その月によって違いますが 今年の2月は28日でした。
ゴールデンウイークは、もっと変化しますので
カレンダーを見ながらの作業ですから
特別に違和感もなく過ぎました。

年間の休日数が決まっている訳でもなく
必要なら 日曜日も仕事してますから
うるう年の損も得も無いのです。

私的な生活では お酒も飲まないので
1日多く飲める感覚も有りません。
そんな訳でうるう年の ポジティブもネガティブも無いです。

多くの出来事の中では
ポジティブ思考だと思いますが
言い換えれば 深く考えないいい加減な性格でしょう(汗)
by: ヨンヨン * 2020/03/01 05:10 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。
 
日給制や時間給制の人も、休日が増えることを手放しでは喜んでいないようです。
自分の収入が減ることにほかなりませんから。
今回の学校休校の措置で、パートに出ているお母さんがたが仕事を休まざるを得ないケースが続出しているそうです。
たちまち生活に影響をもたらすことになります。
 
私の場合、そういった事情でうるう年には抵抗感を持っていました(笑)。
年が明けて、いろんなところで
「今年はうるう年です。オリンピックがあります。」
などと聞いても、気持ちが後ろ向きになったほどです。
「余分にお酒が飲める」
との話を聞いたとき、目がさめるような思いをしたものでした。
貴重な体験であったと思います。
 
物事には、納得が行くまで熟考すべきことと、片や「なるようになる」と気楽に構えてやるしかないことの両方があります。
ヨンヨンさんは、その使い分けを上手にされていると思います。、
by: 声なき声 * 2020/03/01 05:24 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちは

真向ネガティブな私がこの話を読んですぐ思ったことは、
「閏年じゃない年はお酒を飲めるのが1日少ないのか。
 閏年じゃない年の方が多いのだから、長い目では損なのか。」
だったりします。
まぁ、ポジティブ・ネガティブではなくて
両方考えて適切に天秤が読めるのが良いのでしょうね。

ちなみに、子供の頃は閏年は損だと思ってました。
早く大人になりたいという子供共通の願望のためです。
年を取ると、閏年で話のネタが1つ増えるので、そんなに悪くないと思い。
今は、年を取るのが遅くなるので気持ち的には良いのか、
忘却力が強大になったので、時間に余裕ができるのは良いことなのか、
などと考えたり。
結構いい加減に良い悪いを考えてます。
by: shah-san * 2020/03/01 09:23 * URL [ 編集] | page top↑
shah-sanさんへ
こんにちは。
 
先場所で優勝した徳勝龍関は、インタビュアーから「もう33歳ですが・・・」の問いかけに対して、
「まだ33歳です。」
と返して観衆の大喝采を受けました。
同じ数字をとらまえても、「もう」と「まだ」とではニュアンスが正反対になってきます。
もちろんどちらが正解という性質のものではありません。
おっしゃるように、少なくとも心の中では「適切に天秤」を読めるようにするのが理想だと私も思います。
 
小学生のころは、私はうるう年は得をする、と感じていました。
その酒好きオジサンと一緒で、余分に1日、遊べるのですから。
成長するにつれて、日数が増えることに損失を意識するようになってきたのです。
もっとも、70歳近くなった昨今は時の経過が早く感じられますので、一日の価値が貴重に思えてなりません。
今の私には、うるう年はうれしい年です。
by: 声なき声 * 2020/03/01 09:52 * URL [ 編集] | page top↑
俺は酒やらないから一日多く肉が食えるってことにしときます。
あと便所紙に群がる連中のSNS動画がネットにでまわってるんですが本当に面白いですね。
オイルショックのときもこうだったんだろうかと。もう失礼ながら大爆笑ですよ。
by: てかと * 2020/03/01 15:36 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
今朝は、スーパーのコメ売り場で買いだめ現象が見られました。
小さな食品スーパーでは完全にカラッポ、大手の総合スーパーでもかなり在庫が少なくなっていました。
もしかして外出禁止令が出た時の”籠城”のための備蓄なのかもしれません。
理屈も論理もありませんね(汗)。
 
昭和48年のオイルショックのときのトイレットペーパーの全出荷量は、騒ぎが収まって集計すると、例年とトータルは同じであったそうです。
瞬間的に忙しい思いをしただけ、損したことになります。
by: 声なき声 * 2020/03/01 16:40 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3927-ff228890
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する