FC2ブログ

2月26日(水)

新型ウイルスは、まだまだ終息の様子を見せない。

それどころか、毎日、感染者数は増えていくばかりである。

専門家の話によると、「立食パーティーや飲み会にはなるべく行かない」ということだが、もちろんそのとおりだ。

何の反論もできない。

なら、冠婚葬祭の場合はどうなんだろう。

とりわけ、結婚式や披露宴に早くから招待されている人など、今さら出席を見合わせるなんて言い出しにくい。

立場を変えて新郎新婦の側に立ったら、より判断に迷うところだ。

案内状を送っているゲストたちに対しては、事情は承知であっても、礼儀上、個別に説明とお詫びをしなければならない。

さらに、披露宴出席の前提でお祝いまで頂戴していたとしたら、これは複雑な話になる。

まさか披露宴相当分の金額だけを返却するというわけにもいかないし、それ以前に、おめでたい場面で「返す」なんて行為は慎むのが世間では常識だろう。

ある意味、それ以上に恐ろしいのは、式場や会場をキャンセルしたら、少なからぬキャンセル料を負担する必要がある、ということ。

中には、「キャンセル時には全額を支払う」との契約になっている会場もあるらしい。

これなんて、披露宴をやろうがやるまいが同じ費用がかかるのだから、頭が痛いどころの騒ぎではない。

それは特別なケースだとしても、挙式ひと月前のタイミングであればおよそ40~50%が相場のようだ。

延期するにしても、人気の式場であれば予定が詰まっていて、あるいは1年以上も待たされるかもしれない。

仮に延期するにしても料金がかかるから、金銭の負担のことを考えると、長い期間があれば相当の高額になる覚悟が必要だ。

もし私がご招待を受けた側であれば、出席させてもらうつもりだ。

行ってみて、新郎新婦がマスクをして座っていたら、それは普通ではなかなか得難い経験になる。

しかし主催者の立ち場となると、おカネの話を別にしても万が一の事態を考えて躊躇してしまう。

こんな話題を書いたのは、私、実は「3月頃に」と約束していた飲み会を控えているからである。

そろそろ日程の調整をしなければならないのだが、時期が時期だけにずっと様子見を続けている。

昨年に同窓会を企画した実行委員会のメンバー6人が集まる話が、昨年の暮れに出ていた。

特段、何の目的もなく、気の合うもの同士が集まって飲んで食べてしゃべるだけの集まりである。

”不要不急”の集まりそのものだ。

今の騒動も「この1、2週間が瀬戸際」だと聞いているので、せめて1週間はアクションを起こすことなく、待っていようと考えている。

お騒がせなウイルスだ。



20200226.jpg
結婚式は皆の祝福を受ける晴れの舞台だ
20 : 20 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<2月27日(木) | ホーム | 2月25日(火)>>
コメント
こんばんは♪

この1週間は様子を見るしかないですね。
1週間では無理なような気もしますが…
by: きっちゃん♪ * 2020/02/26 22:13 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪ へ
おはようございます。
 
私も「1週間」で事態が変わるとは思っていませんが、3月になってから見極めをするつもりでおります。
繁華街の様子については知らないのですが、一部で言われているように閑古鳥が鳴いているわけでもありませんし、そこそこの人出はあるようです。
by: 声なき声 * 2020/02/27 04:15 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
このウイルスは、色が付いてないので
どこに付着しているのか 浮遊しているのか
分からないので ある意味恐怖です。

テレビコマーシャルの除菌洗剤のように 
吹きかけたら色が浮き上がって来ると
分かりやすくて良いのですが・・(笑)

不要不急では無い生活必需品の買い物へ行っても
商品の包装や レジ袋 自動精算機のタッチパネル
サッカー台 その他 どこに付着しているのか
分からないですから どこも触れられないような気がします。

学校を休校にしたら、困る親も出てくるでしょう
どれも 関連があって動いてる社会ですから
どれかが止まったら 経済活動の混乱が起こるでしょう。

この1、2週間では 収まらないとは思いますが
最低 その間は、家に籠って 家にある食材で
食いつないで行くようにしなければ(汗)

これだけ拡大しているのですから
先々を防ぐのには限度があると思います。

政府は安全な場所で指揮を取るのではなく
あの豪華客船に入り調査をすれば良いと
あるコメンテーターが行ってました(笑)

それにしても 厄介なウイルスに狙われたものです。
by: ヨンヨン * 2020/02/27 05:19 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。
 
新型コロナがどういったものか、未解明な部分が多くて、それが人々の不安を駆り立てているように思います。
そもそもウイルスは突然変異で生まれるそうですので、いわば新しいタイプのウイルスが出現すれば、その実態がわからなくて疑心暗鬼になるのは仕方ないことかもしれません。
 
ときおり行くスーパーのパン売り場では、陳列してあるパンのひとつずつをラップしてありました。
注意書きはありませんでしたが、このウイルス騒動での衛生対策の一つなのでしょう。
そのせいで、できたてのパンの匂いをかぐという楽しみを味わえませんでした(笑)。
 
一部の地域では学校を休校にしています。
ただ、今の時点では終わりは見えませんので、休校措置を解除するタイミングが予想できないのが困ります。
まさかこんなことはないとは思っていますが、この夏が過ぎてもウイルスが猛威を振るっているのであれば、学校には行けないことになります。
遅れた分を取り戻すのは、これはこれで大変です。
 
私はテレビは見ませんので、コメンテーターがどんな発言をしているかは知りようがありませんが、おそらくは専門家でも事情通でもない人が好き勝手を言っているだけだと想像しています。
ネットの記事を見ていても、相応の立場にある人でも無責任な記事を平気で書いていますから。
ダイヤモンドプリンセスはイギリス船籍ですので、本来はイギリス政府が責任をもって対処しなければならないのですが、日本政府が対応に回っているのが実情です。
そんな矛盾を指摘している識者には、私はお目にかかったことがありません。
ウイルスの実態そのものがわからない現状で、行政の批判ばかりに終始している姿勢のほうが、私にはいびつに思えます。
冷静さを取り戻すことが大切だと考えています。
by: 声なき声 * 2020/02/27 05:40 * URL [ 編集] | page top↑
検査を
国と厚生省が 検査を必要とする人を絞りすぎているために、患者動向をつかめないのが悪いんですよ。

一週間でも 二週間でも せめて 希望者の半数でも 検査ができるまでは この状態は変わりないと思いますよ。

気温と湿度が高くなるまでは、このまま政府がだんまりを決め込むなら、そのままでしょう。

三月末か 四月頭に 検査キットができれば そのあとひと月ぐらいで 実際の 罹患者数が判ってくればですが……

頑張ってもその位より先がめどかと。

不特定多数が 大声で応援、声援するところが 一番怖いですね。

バレーボールの試合で インフルエンザが 大発生したこと。

野球の 風船も原因になりましたね。


ただ 友人との呑み会は 不特定多数ではなくて

普通の 混雑の通勤を許されている状況ですから、感染する案件に該当しない人ばかりであれば……

自分の免疫を信じて 手洗いを欠かさずに乗り切るしかないかと思います。

しかし本当に 迷惑なウイルスですね


ウイルスの多い動物を 生食する不衛生な国の これからの対応を 何とかできないかと思いますね、 
これからも 人には感染しないはずのウイルスが突然変異する可能性は大ですからね。
by: 壁ぎわ * 2020/02/27 11:10 * URL [ 編集] | page top↑
壁ぎわさんへ
検査のときは「陰性」と判定されても、実は「陽性」であったとか、あるいは、検査後に「陽性」になった、というケースもあるようです。
とはいえ、検査をしないことには患者の概数すらつかめませんので、今後の見通しも立ちません。
なんでも、スピーディーに検査のできるキットが米国で開発されたとも聞いています。
だとすれば3月には検査体制が整う形になると、希望的観測をしていますが。
 
大相撲の三月場所をどうするかで、相撲協会では検討中のようです。
上を狙っている力士にしてみれば、なんとしても開催してほしいでしょうし、大相撲人気は根強いですので楽しみにしている人々も少なくありません。
同様に、野球のセンバツもどうなることか心配です。
ただ、野球の場合は密閉空間ではありませんので、その点はさほど神経質にならなくてもいいかもしれません。
ただ、主催者にしてみれば万が一のことを考えて不安になるのは確かでしょう。
 
友人との飲み会は、よくある飲み放題の居酒屋がほとんどですので、仕切りはあるとはいえ、見知らぬ人々と隣り合わせることは頻繁です。
また、その飲み屋さんに行くまでは電車に乗りますので、危険な要素は否定できません。
あれこれ考えると、本当にうっとうしくなってきます。
 
中国では「机以外は何でも食べる」との言葉があるほど、あらゆるものが食の対象となっています。
いわば漢民族の古くからの慣習ですから、今回の事件に懲りて食伝統を改めるなんてことはあり得ないでしょう。
ずっとリスクは抱えたままになるに違いありません。
これから先に、どんな新種のウイルスが生まれてくることやら、想像するだけでも恐ろしくなってきます。
by: 声なき声 * 2020/02/27 11:44 * URL [ 編集] | page top↑
 未だに仕事をしている身としては、
連日の通勤電車が恐怖で仕方がありません。
「怖がりすぎだ」と識者がテレビで言っていますが、幾ら致死率が低くても治療法が無ければ、怖いですヨ。
by: nekochan59 * 2020/02/27 18:56 * URL [ 編集] | page top↑
nekochan59さんへ
潜伏期間の人が満員電車に乗っていたら、たちまちアウトです。
マラソン大会をはるかに上回る危険度だと、私も思います。
 
検査結果が陰性と出ても、実は感染していたという事例もありますから、何を信じていいのかわかりません。
 
有効な治療法の出現を待っていますが、インフルでも多くの人が亡くなってますので、100%完治を約束する薬などは出てこないでしょう。
とはいえ、日本でも某製薬会社の薬が有効だと言われ、その会社の株も上がっているとか。
一定の期待はできると思っています。
by: 声なき声 * 2020/02/27 19:18 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3924-b99ba2f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する