FC2ブログ

2月19日(水)

散歩に出る直前にメールチェックをしたところ、図書館からの着信があった。

予約していた本が貸し出し可能になったことの連絡である。

ちょうど、借りている本が一冊もなくなって手持ちぶさたであっただけに、これは助かった。

読める本がなかったので、広告として郵便受けにポスティングされていた新聞やパンフレットを読んで、なんとか紙に印刷された活字との接触を続けていた昨今である。

活字に飢えていたとまで言っては言い過ぎだが、心にぽっかりと穴があいたような空虚感を味わっていた。

勇んで図書館に向かったのは言うまでもない。

予約棚には、多くの本が並んでいた。

この本の数だけ、まだかまだかとひたすら待ち続けている予約者がいることになる。

また、この棚に並んでいる本にしても、自分を選んでくれた人はどんな人物なのか、好奇心に胸をときめかせているのではないか。

この予約棚はそんな相思相愛のドラマが繰り広げられる華やかな舞台でもあるのだ。

そして、これは私だけの思いなのかもしれないが、引き取り手を待っている本というのは、どことなく私を誘っているかのような妖しい魅力を感じさせる。

隣の芝は青いというが、そんな気持ちなのかもしれない。

だから、いつも予約棚の前では少なからぬ時間を過ごしてしまうのだ。

とりわけ、本のタイトルを眺めていると、私の興味をぐいぐいと惹きつけてやまない。

『喉を鍛えれば健康になる』『投資信託の落とし穴』など、私をそそるに十分である。

書店での立ち読み感覚で中身をちらっと見てみたい衝動に駆られるが、もし借りる予定の人がきたら気まずいので、それは我慢している。

私って、もしかしたら浮気性なのかもしれないとの疑惑が頭をかすめた(汗)。

この手の本のタイトルというのは、出版社が読者の購買意欲を掻き立てるために、あれこれと知恵を絞って編み出すのが通例だと聞いている。

私など、愚かにもその術中にはまっていることとなるが。

ともかく、私にとって図書館は、しばしイマジネーションで遊べる場でもある。



20200219.jpg
80日前に予約した柚月裕子さん『あしたの君へ』を借りた
20 : 20 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<2月20日(木) | ホーム | 2月18日(火)>>
コメント
こんばんは♪

私もタイトルに影響されるほうです。
それにしても80日ですか~!?
by: きっちゃん♪ * 2020/02/19 22:16 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
こんばんは。
 
人気作家ですから、読みたいという人が集中するのは避けられません。
ほかにも柚月さんの本は予約してありますが、まだ当分は待たなければならないようです(涙)。
by: 声なき声 * 2020/02/19 22:21 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
読書の習慣が有る事は 良い事ですね。
小説は ハウツー本と違い 直接的に得るような事は
書いて無いですが そこから得る事は大きいと思います。
行間を読み取ると言う頭の体操でもありますから。
読み手によって 感じ取り方も違いますし。

テレビの情報は、誰かの感想が述べられますので
自分の意見ではなく 他人の受け売りになってしまうことが多いです。
考える能力を養うには、読書です。

本屋さんに行くと読みたい本がたくさんあります。
最近は、立ち読みも容認されて 椅子が置いてあります。
本屋さんにしたら、全部読み終わる事も無く
買ってもらえる率も高くなるからの措置でしょう。

私は・・読み終わってない新聞が山のようになってます。
これでは 新聞とは言えない古新聞です(汗)
by: ヨンヨン * 2020/02/20 05:01 * URL [ 編集] | page top↑
図書館ってそういうサービスもやってるんですね。知りませんでした。地元の図書館のカードはとりあえず作りましたが・・・久しぶりに行ってみたくなりました。帰ったら行ってみま~す
by: 自遊自足 * 2020/02/20 05:10 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。
 
子供の頃から本を読むのは好きでした。
いつも暮らしているところと全く違う世界を楽しめますので、そこに興味を見出していたのだと思います。
今も、そういった意味では異質の世界に触れる楽しみのために小説を読んでおります。
 
テレビからの情報は、知らないうちに洗脳されてしまうかもしれませんので警戒が必要です。
意識せずに、「他人の受け売りになってしまうこと」があるのは間違いありません。
しかも、それを自分の頭で考えて判断したと誤解する傾向があるので、その点がとりわけ恐いと思います。
 
最近の本屋さんでは立ち読み用の椅子も用意されているのですか。
これは驚きました。
もしかしたら、販売促進のためには内容確認のために中身を読んでもらうことはプラスになると判断したのかもしれません。
 
新聞はもう15年ほど前に定期購読をやめました。
共働きでしたので、実のところ読む暇もなく、ネットでのニュース情報で十分に賄えましたから。 
by: 声なき声 * 2020/02/20 05:16 * URL [ 編集] | page top↑
自遊自足さんへ
私も、図書館で本を借り始めたのは昨年の1月からです。
ネットで予約しておいて、それが借り出しできるとなったら、メールで知らせてくれます。
私の住んでいる市では、2週間以内に読んで返還しなければならないルールになっていますが、私の場合は時間のゆとりがありますので余裕で間に合います(笑)。
当然ですが、すべて無料で利用できます。
私の生活の中では、すこぶる重宝しております。
by: 声なき声 * 2020/02/20 05:22 * URL [ 編集] | page top↑
その2冊のタイトルの付け方が実にいい。興味をひく。
手数料が高い!
信託報酬が高い!
とか罠が目白押しなんでしょう、知ってた。
ネット証券だとあまり聞かないけど、店頭では核地雷しかすすめないっての定番らしいですね。洗礼とでもいうのか。
by: てかと * 2020/02/20 11:10 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
去年の秋、積み立てNISAに着手するにあたって、ネットを調べまくりました。
相談する相手としては、積み立てNISAを扱っている機関の担当者は避けるべきだと強調しているアドバイスがありました。
金融機関の担当者にしてみれば、自分の勤務先の利益を最優先に情報を教えてくれるので、相談者の立ち場にはなっていない、というものです。
店頭に飛び込んでいって相談するのは、まさに飛んで火に入る夏の虫といったところでしょう。
最終的にネット証券で買うことにしたのは、決して間違っていなかったと自負しています。
by: 声なき声 * 2020/02/20 11:50 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3917-8bba081d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する