FC2ブログ

2月18日(火)

昨晩の7時過ぎのこと、部屋のインターホンが鳴った。

また、どなたかがお福分けの品を持ってきたのかなと思って出てみると、
「〇〇新聞です。
定期購読をお願いできませんでしょうか。」
と、女性が語りかけてきた。

その新聞の勧誘を受けるのはこれで3回目である。

最初は引っ越してきたばかりのタイミングであった。

その際、
「私はニュースはネットで読んでいます。
おカネを払って新聞を読むつもりは全くありません。」
と明確に答えたのだが、その後も懲りることなく続いている。

今回も断ったらすぐに帰ってくれたのだが、そもそも、マンションでの勧誘は禁止のはずであった。

どこかでそんな決めごとがあったはずだ。

しかし「管理規約」にも「細則」にも載っていない。

今朝、マンションの管理人さんに尋ねてみたところ、しばし考えてから、玄関の掲示に書いてあることかと教えてくれた。

いわく、
「みだりに当マンションに立入り、物品販売・勧誘・パンフレットの投函等を行うことは厳禁する。」
と書かれている。

ただ、管理人さんの話では、
「”みだりに”の語句があるから、さりげなく営業活動をするのは構わないこととなる」
というのである。

なるほど、”みだりに”を国語辞書的に解釈すると、「正当な理由なく」となる。

言い換えれば、それなりの理由があればやってもいいことになるのだ。

結局、”みだりに”の一言のせいで、この文章は「勧誘OK」の意味になってしまう。

そういえば法律の条文でも、”みだりに”がいろんな場面で使われている。

いろんな団体や組織でルールを作ったことがあるが、好ましくはないものの、だからといって一律禁止してしまったのでは身動きが取れないというとき、”原則として”の言葉を入れることが多かった。

「原則として、午後7時までに部屋から退出する」などのように。

運用上、遅くなるときは責任者に一言伝えておけば、いつまででも残ることができるようになる。

”みだりに”も”原則として”も、魔法の言葉だ。

ちなみに、当マンションでは、朝刊は契約者の部屋ごとに個別に投函することになっているので、販売店責任者はマンション玄関の鍵を持っている。

だから、夜の時間帯であっても中に入っての勧誘が物理的には可能だ。

これが「正当な理由」とは言いがたいと思うが。



20200218a.jpg
この看板を掲げていることの意味がよくわからない
20 : 20 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<2月19日(水) | ホーム | 2月17日(月)>>
コメント
こんばんは♪

販売店責任者がマンション玄関の鍵を持っているんですか!?
ちょっとびっくりしました。
それなら新聞の勧誘は認められていることになるような気がしますが…
by: きっちゃん♪ * 2020/02/18 21:37 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。
 
玄関のキーを持たせているのは、あくまでも朝刊をそれぞれの部屋に配達するためです。
他の新聞販売店にも鍵を渡していますが、少なくとも私の部屋には勧誘は来たことがありません。
くだんの新聞販売店だけが独自の判断で購読勧誘をしているだけなのです。
by: 声なき声 * 2020/02/19 03:10 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
「みだりに・・」の張り紙は、その辺でも見られます。
それは、形だけのもので 
無視して勧誘に訪れる人も居るのでしょう。

勧誘と言う正当な理由が有るのですから
曲解すれば 「みだり」では無いのですね(汗)

息子のマンションでも クリーニング屋さん
生協の人は、玄関まで来ていますから
オートロックと言いながら 完全では無いです。
管理人さんが必要に応じて開けてくれるのか分かりませんが。

最近 新聞の勧誘は来ないです。
来るのは、乳製品の営業 宗教の勧誘
そして 建設業の人
家を見れば 建て替え リフォームなど
必要ではない事は 一目瞭然なのですが、
どこかに空地は持っていませんか?
家を建てたい人 土地を売りたい人は知りませんか?
情報を得る目的で来ています。
息子の土地探しの事を思えば 偶然という事も考えられますから
人からの情報も必要なのでしょう。

我が家には「みだりに・・」の張り紙はありません(笑)
by: ヨンヨン * 2020/02/19 05:03 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。
 
戸建ての家を出てマンションに引っ越してきてから約2年半が経ちました。
マンションで良かったと思うことの一つに、訪問販売がなくなったことがあります。
戸建てのときは、おっしゃるようにリフォームの案内、飲料品の勧誘、宗教の布教等々、いろんな人が訪れていました。
マンションとなると、一応はオートロックで遮断されていますので、見事なまでにシャッタアウトされています。
おかげさまで、精神衛生上、非常に心地よい状態です。
その唯一の例外が〇〇新聞なのです(汗)。
 
オートロックといえどもパーフェクトに機能を果たしているわけではありません。
住人が開けたときに、素知らぬ顔をして入っていけば、難なく”突入”できるのです。
ただ、一種のオヤクソクのようなものがあって、訪問販売の人はマンションはターゲットにはしていないのだと思います。
 
売ったり、契約したりを目的でなくて、情報収集のための訪問もあるかもしれません。
リフォームを検討している家庭があれば、業者としてはそこに集中して営業をかけることができますから、効率的な営業ができることとなります。
家族構成や年齢の情報を聞き出すことができれば、たとえば学習教材や結婚式場、葬式プランなどのジャンルの販売につながるかもしれません。
そんな情報を欲しがっている業者は数多いものと思われます。
by: 声なき声 * 2020/02/19 05:21 * URL [ 編集] | page top↑
マンションの玄関のカギを外部の方に貸し出してるってあまり聞かない話ですが・・・。新聞配達の方も結構しんどいでしょうね.各階を回らないといけないって。まあ新聞購読者が毎日一階にある郵便受けに行くのもしんどいかな~
by: 自遊自足 * 2020/02/19 05:38 * URL [ 編集] | page top↑
自遊自足さんへ
私は新聞を購読していないので知らなかったのですが、当マンションでは、朝刊だけは戸別配達をしているとのことでした。
そのために玄関の鍵を業者に持たせているのですが、そのことを特別待遇を受けている、と誤解しているのかもしれません。
いくらなんでも、それは「正当な理由」にはならないと思いますが。
by: 声なき声 * 2020/02/19 05:49 * URL [ 編集] | page top↑
では看板の文言を今の権限で変えるように動議を出しましょう。
みだりに、ではなくて、一切合切認めない、と。入ってきたら出るとこ出るくらいの。これで穏やかな日常が帰ってきますよ。というかどこの新聞か知らないが、ネットの有料会員記事とかもあるしなあ。紙媒体とかいらんというか。
by: てかと * 2020/02/19 11:44 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
「勧誘活動はすべて禁止」という文章に変えること自体は、おそらく理事会メンバーでも反対はないと思います。
ただ、実際にはその新聞販売店がやっているだけですし、それも断ればすんなりときらめてくれますから、ほとんど実務上のトラブルはありません。
新しい看板に付け替えるために使うエネルギーを考えるとコスパ的には見合いませんので、変更しようとの気持ちはわいてこないのです。
 
Y新聞社の販売店でした。
もしA新聞社系列であれば、購読を誘われたときに、報道の内容があまりにも不適切だからタダでも読む気が起こらない、といった論調で断ることができたのですが。
by: 声なき声 * 2020/02/19 14:58 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3916-e65b3926
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する