FC2ブログ

2月17日(月)

月一回のクリニック通いであった。

クリニックに入るなり、待合室の患者の少なさに驚いた。

寒い時期ともなると、感染症の関連もあって待合室は人であふれ返るのが通例だ。

平日の昼間の時間でさえ、どうかすれば座る席がないこともある。

しかし、今日は違う。

5,6人が待っているに過ぎない。

受付で診察券を出したとき、小さな声で、
「今日は少ないようですね」
とスタッフの人に話しかけた。

すると
「最近はずっとこんな感じなんです」
との返事が戻ってきた。

そしてにっこり笑い、
「たぶんあの事が原因だと思うんですけど」
と付け加えた。

彼女の「あの事」が何を指しているのかは、明白である。

私も、たぶんそうだと思う。

いま、外出や集まりに出ることを自粛するムードが出てきた。

天皇陛下お誕生日の一般参賀も見合わせるとか、東京マラソンの一般の部も、どうやらワクをなくしてしまいそうだ。

お気の毒なのは、学生の卒業旅行も続々と中止になっていること。

会社に入ったら海外旅行にも簡単には行けなくなるので、最後の思い出も兼ねて計画していたのに、その夢が潰えてしまうのだから。

このように、不要不急の外出は控えるようにとの注意は、実にさまざまな場面で聞かれる

クリニックに行くのも、”不要不急”の用事なのだろうか?

世間での医療機関を見ていると、どう見ても病人には見えない人の姿もよく見かける。

ほとんどが高齢者だ。

一方的な見方かもしれないが、暇つぶしに来ている人も少なくはないだろう。

医療費が膨大な額にのぼっていることが問題視されて久しい。

しかし、”不要不急”で処方される薬の費用までも、公的に負担しなければならないのか。

とにもかくにも、いろんな問題を投げかけてくるウイルス騒動である。



20200217.jpg
武漢発のウイルスは日本経済に大打撃を与えつつある
20 : 20 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<2月18日(火) | ホーム | 2月16日(日)>>
コメント
こんばんは♪

前の新型インフルエンザの時もそうでしたが、
あまり気にしないようにしています。
ストレスになるだけですから…
マスクも朝の通勤時だけです。
by: きっちゃん♪ * 2020/02/17 21:05 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。
 
メディアでは新型コロナのことを大々的に取り上げていますが、日本での死亡者は80代のかたお一人だけです。
中国でも、感染しても致死率は2から3%ですので、安易に考えてはいけませんが、必要以上に恐れることはないと考えています。
 
私は花粉症対策でのマスクはしていますが、感染症の予防としては考えていません。
by: 声なき声 * 2020/02/18 03:07 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
「あの事」以来 近くのクリニックでも
受付時間前から並ぶ玄関前の列が無くなりました。
以前 並んでいた人たちは ”不要不急”では無かったのでしょうか。

笑い話にあるように
クリニックでのお年寄りの会話
「今日は ○○さんが来ないね。どこか具合でも悪いのだろうか」
クリニックが社交場になっているような(笑)

このウイルスの感染経路が 明らかになっていない現在
拡大防止に努めなければならない事も確かなので
不特定多数の集合する場は 避けた方が賢明かも知れないと思います。

どこまでが 必要な防御策であって どれが不必要なのか
まったく分からない現在ではあります。

感染している可能性の低い人が 咳やくしゃみをするのに
肩身の狭い思いをしていることも聞いています。

世界との交流が深まっている近年
今回のように 海外からの病原菌も多く入ってくる時代になっています。

「猿の惑星」のように「細菌 ウイルスの惑星」に
ならないように 人間も気を付けなければ(笑)
by: ヨンヨン * 2020/02/18 05:03 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。
 
”あの事”のおかげで、観光地は閑散としているそうです。
好機到来とばかり、京都や奈良の社寺に行っている日本人が多いとか。
大阪ではあまり感じないのですが、東京など、街の中から人が減ったとも聞いたことがあります。
小売関係の仕事をしている人には大きな打撃ですし、その影響は一般企業にも及ぶことは目に見えていますので、安閑とはしていられません。
 
「クリニックが社交場」になっている現実は、以前からあったことです。
”あの事”があってわずかでもその慣習が減ったというのは、このことだけをとらえれば望ましい方向に向かっていると、不謹慎ながら思っています。
 
感染経路がわからず、有効な治療薬も開発されていないのが現状ですから、不安が募っていくのは避けられません。
ただ、万が一発症したとしても、最悪の事態に至るリスクは極めてわずかです。
過度に危機意識を持つのも、いかがなものかと思います。
もっとも中国政府の発表している数字が正しいとすれば、の話ですが(汗)。
 
新型コロナの場合、症状があらわれていなくても感染しているケースがあり、しかも他人に感染させる恐れがあるという点がクセモノです。
自分の体に異変を感じたら、可能な限り自宅の部屋に籠るとの対策もとれますが、まさか症状が全くない人までにもそれを命じることはできないでしょう。
いずれにせよ、一日でも早く治療薬が開発され、混乱が終息することを願っています。
by: 声なき声 * 2020/02/18 05:26 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3915-80715b8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する