FC2ブログ

2月13日(木)

ガス設備調査があり、マンションの部屋に大阪ガスの検査員がやってきた。

かなり以前から告知を受けていたもので、「法令に基づく」と言われると拒否するわけにはいかない。

なんでも、正当な理由なく調査を拒否し続けると、最悪の場合、ガスを止められる恐れがあるとか。

ガスという危険なエネルギーを扱っている以上、定期的に専門家がチェックをするのは、われわれユーザーにとっても安心材料となるのは確かだ。

4年に一度の検査が義務付けられているようだが、そういえば、戸建ての家に住んでいたときも、忘れたころに連絡があって検査を受けたことを思い出す。

一度、ファンヒーターのコードが劣化しているとの指摘を受けたことがあった。

さすがにガス漏れの指摘はなかった。

予告の時刻の10分前に、大阪ガスの検査員が到着。

まだ30代前半と思われる若い男性であった。

個人宅を訪問する担当者らしく、言葉遣いや表情などに好印象が持てる。

ひとり住まいの女性の場合、部屋に入れるのを警戒する人は多いと聞く。

だからこそ、派遣元としても現場に行かせるスタッフの接し方には十分な配慮をしているのだと思う。

私のマンションの部屋に関しては、コンロ、風呂釜、キッチン給湯器の3つが対象となった。

いずれも手際よく見ていって、ものの10分たらずで検査は終了した。

その後、ガス警報器の設置をすすめられ、彼のセールストークとなる。

引っ越してきたとき警報機を注文するのを忘れ、それっきりになっていたので、これは渡りに舟とばかり、お願いをしておいた。

ひと月400円ほどの保険だと思えば安いものだ。

これで、安心してこれからもガスを使うことができる。

もっとも、昨今はガスがもとでの大きな事故というのはほとんど聞かなくなったが。



20200213.jpg
「長期不在の場合は元栓を閉めておくほうがいい」とのアドバイスがあった
20 : 20 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<2月14日(金) | ホーム | 2月12日(水)>>
コメント
こんばんは♪

そう言われてみるとそうです。
大きなガスの事故はありませんね。
by: きっちゃん♪ * 2020/02/13 21:50 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。
 
世の中、危険なものは存在しにくくなりました。
昔はガスで爆発や火災がよく起こっていたのですが、最近はほとんど聞きません。
もちろんこれはいいことだと思います。
by: 声なき声 * 2020/02/14 03:03 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
この地域でもガス検査員が来ます。
4年に1度なんですか。
拒否するとガスが止められますか(汗)
危険な接続をしてガス漏れさせると危険ですから
当然でしょうね。

それでも 若い女性一人住まいだと
若い男性を家に上げる事に不安を感じる事も有るでしょう。
男性検査員 女性検査員が選べると良いのですけど

最近ガス事故が減ったのは、ガスメーターが
ガス漏れを検知して ガスを遮断したり
ガスコンロの消し忘れ自動消火機能が付いたり
必要な時だけ温度を上げられる機能が付いたりしたせいでしょう。

ガス警報器は、セコムを入れた時に 付けてもらいました。
最近は 性能が良くなって 誤作動は少なくなったのかも知れませんが
以前は、お料理でお酒や味醂を煮切り
アルコールに反応して 鳴らしていました。
その都度 「ガス漏れ大丈夫ですか」と電話を貰っていました(汗)
by: ヨンヨン * 2020/02/14 05:07 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。
 
4年に一度の点検は、ユーザーではなくガス事業者に課せらた義務だそうです。
もし点検をやらなければ、事業者が罰せられることになりますので、やむを得ず、ガスの供給をストップするとの手段に出るのだと思います。
 
女性の検査員の場合、逆に、男性の部屋に一人で訪問することに躊躇を感じるのではないでしょうか。
現に、介護サービスで男性宅を訪問した女性スタッフが被害にあうとの事例があります。
かといって、複数で訪問していたのでは人件費が見合いません。
どこかで割り切らなければならない問題でしょう。
 
ガス事故が減った原因は、おっしゃるとおりだと私も考えています。
危険を察知すれば、すぐにガスを止める措置をとることで、大事に至るのを未然に防いでいるのでしょう。
一昨年の大阪北部地震のときも、わが家のガスが止まりました。
最初は事情がわからずに右往左往したのですが、ガス会社に問い合わせると、
「地震の揺れを感知したら自動的に止まるシステムになっています」
とのことでした。
解除の仕方は簡単で、すぐに復旧させることができました。
勉強になったと思っています。
 
ガスではありませんが、火災予防の煙感知器で、料理をしていて感知器が反応したという話は、今でもときおり耳にします。
ガスの場合は漏れていれば即危険だと判断できますが、煙の場合、魚を焼くと出てくることもありますから、機械にしても見極めが難しのかもしれません。
いずれは、AIがこういった微妙な問題もクリヤするだろうと思います。
by: 声なき声 * 2020/02/14 05:25 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3911-aa05f60c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する