FC2ブログ

2月4日(火)

所属団体での定例会議があった。

始まる前に所定の部屋に入ったところ、その場に漂っている空気が重たく感じた。

ワケを尋ねると、この団体とも関連の深い人の息子さんが交通事故で亡くなったらしい。

事件の起こったのは、昨日の夕方。

バイクに乗っていて、自動車と衝突したようだ。

問題は、クルマの運転手がバイクに接触してからそのまま走り去り、30分後に現場に戻ってきたところを逮捕された、という点。

”hit and run”(ひき逃げ)の容疑が著しく濃厚なのだ。

乗用車の運転手は、こういったシチュエーションでよく使われるフレーズだが、
「人をはねたとは思わなかった」
と弁明しているらしい。

もし人をはねたことを認識していて、そのまま走行を続けたのであれば、これは弁解の余地なく”hit and run”となり、刑事罰を受けるのは必至だ。

そこで、わかっていたとしても白を切るしかないのだろう。

ナンセンスを承知で仮定の話を述べるなら、もしぶつかった直後に相手の救護をすべく処置をし、警察にも事故報告をちゃんとやっておけば、刑事責任が問われるにしても情状酌量の可能性はあっただろう。

しかし、たとえ30分とはいえ現場を通り過ぎてから戻ってきたとあっては、世間は「逃げた」と受け止めるのが常識だ。

勘ぐれば、バイクにぶつけてしまい、あわてて逃走を図ったものの、通行人もたくさんいたし、防犯カメラも動いていたから逃げおおせないと判断して舞い戻ってきた、とも考えられる。

ご遺族にしてみれば、憤懣やるかたないといったところだろう。

失われた命は元には返らないにしても、クルマの運転手の「30分」は事態をより紛糾させたことは間違いない。

立春の日から、嫌なニュースを耳にしたものだ。


20 : 20 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<2月5日(水) | ホーム | 2月3日(月)>>
コメント
こんばんは♪

咄嗟に怖くなって逃げたんでしょうか…
「人をはねたとは思わなかった」
そういう言い訳に対しても
何か起こったことはわかっているはずですから、
「確認すべき」と言いたいです。
by: きっちゃん♪ * 2020/02/04 22:10 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。
 
おそらくは驚きのあまり判断力を失ってしまったのでしょう。
心理はわかるような気がしますが、ただクルマを運転していて何かに衝突すればただごとではないとわかるはずです。
「人」と認識しなかったとしても、それが何であったのかの確認はするのが当然です。
by: 声なき声 * 2020/02/05 04:44 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
昨日のテレビで 
横断歩道で停止したバスの脇を
猛スピードで追い越したバイクが 
人をはねてケガを負わせたのに 救護せずに逃げた事故で
被害者の家族が YouTubeで 加害者を探してる映像が出ていました。
逃げ切れたら 儲けものとでも思って居るのでしょうか
ドラレコに録画されてるので
警察もナンバーの割り出しをするでしょう。
逃げたら罪も重くなるのですが、
とっさに逃げようと思うのでしょうね。

比較するような事では無いですが
事故現場に戻ってきたなら まだましでしょうか。

「人をはねたとは思わなかった」は良く聞きます。
深夜に道路に寝ている人をひいたなら
まだ そんな言い訳も通用するかも知れませんが
(板切れのような物を踏んでも衝撃は有りますから
 通用しない言い訳ですけど)(汗)
バイクとの衝突は 衝撃も大きかったでしょうから
言い訳の通用しない言い分です。
by: ヨンヨン * 2020/02/05 05:03 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。
 
おっしゃっている”事件”は、私もネットで見ました。
たしか若い女性が当てられた一件でしたね。
幸いにして大きな怪我ではなかったからよかったようなものの、まかり間違えば取り返しのつかない事態になった恐れがあります。
仮にすぐに救護していれば助かったかもしれないところ、逃げてしまったことによって命を失くしてしたとしたら、これはあまりに罪深いと言わなければなりません。
 
「人をはねたとは思わなかった」は、まず間違いなしにウソだと思います。
私も人をはねた経験はないのですが、モノに少し触れただけでも、相当に大きな音量で伝わってきます。
まして今回はバイクごと倒れているのですから、少なくとも警察相手には通用しない弁明でしょう。
加害者も、これで事実上、まともな人生を歩むことができなくなります。
なんでも運転手は50歳を超えていたそうですから、余生は実にみじめと言わなければなりません。
お互いに不幸な事件でした。
by: 声なき声 * 2020/02/05 05:21 * URL [ 編集] | page top↑
こういう記事読むと考えさせられる。
車とかバイクは相手を即死させることが可能だからわりと怖い乗り物なんですよね。
今は自転車は軽車両扱いで道路の端っこを走るしかないから俺はいつやられるかわりと恐怖なんですが。
by: てかと * 2020/02/05 20:22 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
バイクはとりわけ危険度の高い車両だと思います。
追突したりされたりしたとき、転倒するとバイクの重さでみずからが怪我をするリスクはまず避けられません。
ファッション感覚でバイクに乗るのは、避けたほうが無難ではないでしょうか。
by: 声なき声 * 2020/02/05 20:37 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3902-21bbc6e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する