FC2ブログ

2月2日(日)

会合があるので、大阪市内まで出かけた。

地下鉄に乗って目的地まで行ったのだが、コロナウイルスの日本人感染者も乗ったという電車である。

穏やかならぬ気持ちで乗り込んだものの、他の乗客の様子を見る限りウイルスを懸念している空気は全く感じられない。

マスクをしている人の比率も、私の居住地の近辺とさほど変わらない。

いつもの日常が地下鉄の中でも展開していたにすぎない。

世の中のものごとというのは、万事、こういったもので、ニュースなどで騒がれているほどには混乱は起こっていないものである。

とはいえ、リスクが潜んでいることは確かだし、油断は禁物だ。

今日は予定が終わればすぐに帰宅するつもりで家を出た。

毎年、この会合では会議が始まる前に集まって、昼食を摂ることとなっている。

あまり知名度の高くないホテルとはいえ、一応はホテルの食堂で提供されている弁当であり、おそらくはそれ相応の値段がするのだろう。

味は決して特上とは言えないが、タダで食べられるご飯だから、私はひたすらうれしかった(汗)。

会議は、この団体が4月に開く総会の資料の承認のためのものであった。

議題とは関係がないのだが、若い参加者から会員拡大の一つの手法として、WEBサイトを開きたいとの要望があり、すでにアウトラインはできている、とのこと。

簡単な紹介のデモを見せてもらったのだが、私はスタートはこれで十分だと思った。

ただ、参加者の総数30名のうち、65歳以上の10人については、たぶん意味がチンプンカンプンであったのだろう。

浮かぬ顔をしている人が多かった。

ちなみに、その10年のうちでは最年少が私であったのだが。

そのWEBサイトを作るには、費用はかからない。

しかも、共同で作成することを前提に作られているので、仮に提案者が多忙になってもバトンタッチは簡単にできる。

少なくとも、正面切って反対する理由は見当たらないと思っていたのだが、なぜか高齢者群からの反応は鈍い。

要はわからないのだろう。

重苦しい沈黙が続くのを避けたいと思って、私からあえて発言をした。

ポイントは、「昨今のトレンドから見ても団体としてのWEBを持つのは常識になっていて、会として負担すべき費用負担もないというのなら、彼に一任しても何の問題もないではないか」といった意味のことを簡潔に言った。

それがあってかどうか、進行役をしていたリーダーから、「承認」の一言があって、この案件も前向きに進めることになったのである。

欲を言えば、事前に提案者からリーダーに趣旨を説明しておけば円滑に進んだのだが。

老害とまでは言わないが、若い人の自由な発想の芽を摘んでいる高齢者は、少なからずいるのではないか。

私も、大いに自戒した次第だ。



20200202.png
大昔から老人と若者のぶつかり合いはあったらしい
20 : 20 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<2月3日(月) | ホーム | 2月1日(土)>>
コメント
こんばんは♪

若い人は高齢の方にもわかるように
レベルを下げて説明する必要があると思います。
これぐらいはわかるだろうではなく…
by: きっちゃん♪ * 2020/02/02 21:53 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。
 
若い人が、相手にわかりやすく説明するという努力も大切ですが、同時に、年配層も新しいことを学んでこうという姿勢は必要だと思います。
私だけかもしれませんが、年齢が重なっていくと、自分の知っている世界のこと以外は興味が薄れがちになる傾向があるようです。
by: 声なき声 * 2020/02/03 04:23 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
短時間とは言っても 今の時期 
大勢が乗り合う地下鉄や 人とすれ違う場所へ行くことは
穏やかな気分ではないでしょう。
みなさんそう思って居られるのでしょうが
必要に迫られての外出だと思います。

この地域は、コロナウイルスの感染者が居ないとは言いながら
外へ出ると 約半数の人がマスクをしています。
流行すると言われていたインフルエンザの予防でしょう。

私は、車の中ではマスクはしていませんが
降りる時は 必ずマスクをしています。
コロナウイルス インフルエンザ予防も有りますが
今年は 乾燥が激しいので それの予防でもあります。

最近は 個人でもHPを持ったりしている時代ですから
団体となれば WEBサイトを作っても当然と思います。

年齢が高い方の反応が鈍かったのは
分からない事も有ったとも思いますが
年を取ると 変化を好まない事もあるのではないでしょうか。
長年これでやってきたのだから そのままで良いのじゃないと(汗)
そんな考えが若い人の足を引っ張る原因になっていますが、
世代の交代が 少し寂しく思えるのでしょう。
by: ヨンヨン * 2020/02/03 04:55 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。
 
まさしく「必要に迫られて」出かけていったのです。
この4月からその団体の事務局長を引き受けることとなり、ありていに言えば、その義務感があっての出席でした。
これがなければ、地下鉄に乗る場面に出かけることはなかったと思います。
 
空気乾燥や花粉症の予防という意味合いでは、マスクは力を発揮することでしょう。
ただ、感染症対策となったら、一般のマスクはさほど有効には機能しないと聞いています。
専門家の語るところでは
「しないよりはやったほうがいい」
といったニュアンスで私は受け止めています。
すでに感染している人が他人に染さないためにマスクをするのは、しっかりと効果があるようです。
 
実は私が典型例なのですが、年々「変化を好まない」傾向が明白に出ています。
今までと同じ環境で、同じ手法で物事を処理していくのが最も安定すると感じるのです。
社会で起こっている出来事にも、かつてほどには興味を示さなくなってきているのは確かだと思います。
しかし、その感性を他の人にも求めようとは考えていません。
他人は他人、自分は自分で進んでいるつもりです。
もしかしたら、自分で考えている以上に「冷たい」人間なのかもしれません(汗)。
by: 声なき声 * 2020/02/03 05:31 * URL [ 編集] | page top↑
できれば公共交通機関の使用は避け、自家用車で移動することをおすすめしたいです。今回の新型肺炎は知れば知るほど調べれば調べるほどやばいです。
by: てかと * 2020/02/03 18:48 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
自家用車で出かけても、会合ではそこそこの人数の中に入るわけですので、根本的な解決策にはならないと思います。
なんでも、タイで効果が期待される薬が開発されたとか、聞いています。
医療技術に頼るのが確実性が高いのではないでしょうか。
by: 声なき声 * 2020/02/03 18:58 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3900-e4e199ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する