FC2ブログ

1月30日(木)

今晩、某団体の新年会が開かれる。

私も出席することになっている。

最近は暖かいとはいえ、宴が果てて帰宅するまでの道をひとりトボトボ歩いていると、寒さが骨の髄までこたえてくる。

寒さは例年のこととしても、今年は新型コロナウイルスが荒れ狂っているという特殊事情があって、必ずしも喜び勇んで出ていくというわけではない。

医療関連の仕事に携わっている人からの情報では、最も有効性が期待される対策は、
「外に出ないこと」
の一言に尽きるようだ。

完全に外の世界と遮断されたら、感染のリスクはゼロに限りなく近づくという。

もちろん、役所や会社に勤めていたり、何らかの職に就いている人であればそんなわけには行かない。

私のような無職の人間でも、散歩はともかく食材の買いものをしなければならないから、完全な引きこもりなんておそらく1週間もできないだろう。

そうなると、次なる手としては、人が集まるところには顔出ししない、というのが鉄則になってくるらしい。

プライベートな宴会やカラオケ、麻雀などは、本当はキャンセルするのが望ましい、という。

ただ、感染症のリスクがあるからとの理由でもってこれらを中止するほどの切迫感もないのが難しいところだ。

仮に、私のほうから今晩の新年会の主催者に、感染症のリスクを理由に欠席するとの電話をすれば、おそらくは「変な人」とのレッテルを貼られるだけのような気がする。

私が悲観的に感じ過ぎているのだろうか。

私個人の感じ方はともかくとしても、昨日、中国の武漢市から邦人200人が帰国を果たして、そのうちの二人が記者会見に応じていた。

お二人はマスクをしただけの恰好であったが、もし潜伏期間であったとしたら、この記者会見の場が感染を拡大させるきっかけになる懸念もるのだ。

政府にしてもメディアにしてもあまりにノンキだと感じたのだが、逆に、私の基準が度を越えて厳しいということなのだろうか。

まさか自分にはそんな災難は襲ってこない、という”正常性バイアス”に、社会全体が陥っているような気がしてならない。



20200130.png
まさか日本国内ではここまでの装備は不要だろうが
20 : 20 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<1月31日(金) | ホーム | 1月29日(水)>>
コメント
こんばんは♪

あの会見は必要ないと思います。
感染するかは(不)運みたいなものかもしれません。
みんなが完全に外の世界と遮断をずっと続けるのは不可能に近いです。
by: きっちゃん♪ * 2020/01/30 21:36 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
こんばんは。
 
あの記者会見は、逆に、一般国民に油断させる結果をもたらしたかもしれません。
本当は感染力の強いウイルスであっても、マスクさえしていれば防ぐことができるかのような誤解を与えかねないと思います。
もっと高度のレベルで警戒が必要なはずなのに。
 
仙人にでもならない限り、完全に外界と縁を切ることはできないでしょう。
感染しないで済むためには、「運」の問題もかなりあると思います。
by: 声なき声 * 2020/01/30 21:46 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
色の付いているウイルスなら 避けて通れると思いますが
目に見えないウイルスですから、どこに飛んでるのか
どこに付いているのか全く分かりませんので
怖いものが有ります。

予防策は、家に引きこもるですが・・
完全に行うことは無理でしょう。
買い物は、買いだめをすれば かなりの期間
何とかなると思いますが、終息するまでの長期に渡れば
肺炎ではなく 餓死してしまうでしょう(-_-メ)

新潟空港にも 中国からの渡航者が降り立っていますが
今のところ この辺では感染者は出ていません。

インタビューで 「日本は安全だから来た」と言う人が居ましたが
外交上 締め出しは無理なのでしょうけど
国民を守る為の政府の対策をもっと強化すべきだと思います。

メディアも伝える責務があって 記者会見をしたのでしょうけど
国民みんなが 過度にではなく 感染を防ぐ手立てを取る必要があると思います。
世界中の人が 死滅するまで終息しないという事は無いでしょうから
今の時期 みんながもっと 真剣になるべきだと思います。
by: ヨンヨン * 2020/01/31 05:19 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。
 
今回のウイルスのこわいところは、感染力の異常な強さもその一つだと思います。
武漢市からの観光客を乗せたバスの運転手やガイドさんが感染したほどですから。
バスの中が密室だと考えれば、なるほど「濃厚感染」の可能性はあったかもしれませんが、すさまじいばかりの感染力を持っているのは確かです。
しかも肉眼で見ることができませんので、それが厄介です。
 
実際に皆が部屋の中に引きこもってしまったら、経済活動が停滞しますし、スーパーも閉店になりますから、食べものの調達もできません。
現実には引きこもるという策はとれないのです。
無用な外出を控えることで接触を防ぐことぐらいしか、私には思い浮かびません。
 
中国から、安全な日本への退避を企てる人が多くやってきています。
事実かどうかはわかりませんが、感染の疑いが免れない人に対しても、短期滞在のビザを発給しているとの話を小耳にはさみましたが、もし事実だとしたら無責任な態度だと思います。
リスクを抱えているとわかっているのに、あまりに無防備ではありませんか。
水際作戦に逆行しているとしか言いようがありません。
インバウンド客は重要な顧客ではありますが、自国民の安全が脅かされる事態をみずから招くのは愚の骨頂です。
 
こんな危機的状況にあっても、平気でデマを流す人がいるようです。
愉快犯がやっていて、皆が不安に駆られている様子を見てこっそりとほくそ笑んでいるのでしょう。
「感染者が病院から逃亡した」との書き込みがあったそうですが、悪質極まりないとしか言いようがありません。
今回の事態にしても、より一層の「真剣」さでもって対応していかなければ、本当に取り返しのつかないことになります。
by: 声なき声 * 2020/01/31 05:45 * URL [ 編集] | page top↑
ただ
こんなことを書いては、非難されるかもしれませんが、 私はとりあえず、スポーツ観戦(特に室内)は 遠慮させてもらってます。

今回だけでなく
冬場は インフルエンザが怖くて、あの大声で応援する観客席に いて保菌者が居ればうつされない自信が無いので…

プロ野球の風船飛ばしも怖いですね。



マスクは 飛沫を飛ばす人に遮蔽能力があるだけで 

相手からの直接の飛沫防止だけですからね
誰かと話すたびに 取り替えなければ 
飛沫が渇くとまとまって吸うことになりますから、
会話の度に替えても

飛沫が渇いて空中にまいあがあったウイルスには 
マスクの繊維は
ざると言うより
餅焼き網で水をすくうぐらい 
スカスカですからね。

ただでさえ 大声で話す〇国人

この時期でだけでもいいから
しゃべるな!! と言いたいですね

by: 壁ぎわ * 2020/01/31 06:56 * URL [ 編集] | page top↑
壁ぎわさんへ
スポーツの応援の場面は、狭いスタンドに観客が詰め込まれているといったイメージがあります。
感染のために用意されたシチュエーションと言っても過言ではありません。
少なくとも、ウイルスが猛威を振るっているこの時期は避けるのが賢明でしょう。
 
マスクは、他の人への感染防止には少しは役立つかもしれませんが、自分が感染しないように予防するのは不可能なようです。
花粉症対策としてのマスクは、花粉が大きいこともあって花粉の侵入をガードできるそうです。
私も、花粉症の季節はマスクを愛用していますが、それ以外ではマスクをつけることはありません。
医療の専門家の話ですと、「気休め」程度の意味しかないと聞きました。
by: 声なき声 * 2020/01/31 07:21 * URL [ 編集] | page top↑
防毒マスクなら、アマゾンさんで数千円で買えますよ。
by: senri32 * 2020/01/31 18:37 * URL [ 編集] | page top↑
senri32さんへ
目下のところ、一般的なマスクも防毒マスクも使うつもりはありません。
某毒ガスを着用しなければならない事態が来るのは、何としても避けたいものです。
by: 声なき声 * 2020/01/31 18:58 * URL [ 編集] | page top↑
できればマスク、手袋、花粉防止ができるような眼鏡、ゴーグルをつけて外出するといいかも。それだけで全然心に余裕ができます。あと会合は参加しなくていいかと。
症状がでてないひとでも感染している可能性、人から人へ移ることも確認されてるのでそれは失礼でも臆病でもない、賢人の行いかと。
by: てかと * 2020/01/31 20:01 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
人との接触が感染のきっかけになるのですから、「会合に出ない」というのは有効な対応策ではあります。
ただ、それでは社会生活が営めないのも事実です。
自分自身で重要度をつけて、自分の人生にとってさほど大事ではないと判断した会合に限定して欠礼するというのが落としどころのような気がします。
by: 声なき声 * 2020/01/31 20:08 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3897-b1a4b94c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する