FC2ブログ

1月22日(水)

お年玉つき年賀はがきの抽せんの結果を調べてみた。

受け取ったのは75枚で、そのうち、3等の切手シートに3枚が当たっていた。

1等や2等は最初から対象に入れていないので、チェックもしていない。

3等なら、下二けたの番号が一致していれば当たり、というのが3本用意されているので、計算の上では当せん確率3%となる。

そう考えると、私の場合は確率が若干高いと言えよう。

過去の実績を振り返っても、およそ理論値の3%を少し上回るレベルで当せんしている。

一度だけ、1枚も当たらない年があった。

その年の春先、あるクレジットカードの抽選で、なんと現金3万円が当たったのだが、もしかしたらその幸運のために、年賀はがきのお年玉はお預けにされた、と自分なりに理解したものだが。

ちなみに、当たりの年賀ハガキを送ってくれた差出人というのは、さほど親密にコミュニケーションをとっている人ではない。

この点も、例年、起こっている”不思議”である。

もしこのことに教訓を読み取るとするなら、
「自分とのかかわり度合いの少ない人でも、何らかの恩恵をもたらしてくれているので、感謝の念を忘れてはならない」
とでもなるのかもしれない(汗)。

ナンセンスな仮定の話だが、もし1等賞30万円が当たっていたとしたら、差出人にお礼の言葉を述べるのが礼儀にかなっているのだろうか。
 
万が一、その差出人が番号を控えてから年賀状の発送をしているのだとすれば、お礼の言葉を言っておかないことには今後の人間関係に暗い影を落とすのは必至だ。

その差出人と親しい間柄であれば、
「ハガキを買って送ったのは俺なんだから、賞金の半分は俺のものだ」
とでも言われかねない、私の場合は・・・・。

こんな修羅場を迎えてはいけないので、私は、当せん番号のチェックをしていないのである。

30万円の賞金は、人間の心をもてあそんでしまう。

なんでも法律で特例として認められているので、景品法には触れないという。

しかし、63円のハガキが30万円に化けてしまう可能性があるのだから、厳密にはギャンブルと言っても差し支えない。

とはいえ、賞金目当てに年賀はがきを大量に買いあさった人がいるとの話は、寡聞にして知らない。



20200122.png
当たっているハガキは7月20日(月)までに郵便局の窓口に持参
20 : 20 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<1月23日(木) | ホーム | 1月21日(火)>>
コメント
こんばんは♪

3枚は凄いですね~!
我が家は1枚だけです。
会社の個人宛はわかりませんけど、
会社は0でした。
by: きっちゃん♪ * 2020/01/22 22:32 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
こんばんは。
 
会社へ送られてくる年賀状は相当な枚数になると思うのですが、0というのは意外でなりません。
私はクジ運は良くないと自分でも思っているのですが、それでも理屈としての確率どおりには当たっていたほどですから。
 
もっとも、お年玉つきハガキで当たりがなければ、もっとラッキーなことに恵まれるかもしれませんので、そちらを楽しみにするというのも一つの考え方だと思います。
by: 声なき声 * 2020/01/22 22:44 * URL [ 編集] | page top↑
単身赴任しているので家に送られてきたものはどうだったのかわかりませんが、会社に送っていただいたものは、いずれもあたらずー。だいたい毎年切手シートはあるんですけどねえ。。。
by: TORU * 2020/01/23 01:32 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
年賀はがきの当選番号は まだ見ていません
当たる確率的には少なくて 当たらないと思いながら
1等の当選番号も見ています(汗)
毎年 切手シートが2枚か3枚は当たっているのですが。

年末ジャンボなどの宝くじは、
当たることを期待して 自主的に買っているにもかかわらず
当選番号を確認せず 受け取らない人が多いそうですね。
年賀はがきの当選は それが目的ではないので
もっと大勢の人が 放置しているのでしょう。

この記事を読んで そんな人も居るかもと思いましたが、
自分が出した葉書が当たる事など 考えた事が無かったので
番号を控える事はしていませんし
貰った葉書が1等に当たった場合
親しい人には、感謝の言葉を伝えると思いますが
あまり親しくない人には、何も言わないと思います。
関係のある会社から貰った葉書が当たった場合は
担当者に 話題の一つとして 伝えるだろうと思います。
今までに そんな事は無かったのですが。

高額が当たったら、買った人は 
半分欲しいなど言うかも知れませんね。
そんなことも 考えた事は有りませんでした(笑)
by: ヨンヨン * 2020/01/23 05:09 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。
 
私は毎年欠かすことなく、お年玉つき年賀はがきのチェックをしています。
切手シートしか当たりませんが、会社勤めのときは、交換した切手シートを会社に寄贈していました。
ほんのときどき、会社から出す葉書でさほど重要度のないものについては、その切手を使っていたようです。
会社では、あまり喜ばれていませんでしたが(汗)。
 
宝くじの当せん札が交換されないケースは少なくないと聞いています。
金額はわすれましたが、かなりの数字になっていました。
私も、宝くじを買う目的は賞金獲得しかないと思うのですが、なぜそんなもったいないことをするのか、不思議でなりません。
切手シートとは事情が違いますから。
 
自分の出した年賀状の番号を控えておくなんてことは、私はしたことがありませんし、やろうとも思いません。
私の勝手な推測ですが、番号をメモしておく人というのは、当たったときには話題のネタになると考えてのことではないでしょうか。
おそらく深い意味はないと思っています。
 
年賀はがきをめぐっては、さまざまな思いが交錯するものです。
毎年、やめようかどうしようかと考えることが多くなってきたのですが、廃止に踏み切れない理由の一つに、人々の多彩な思いを感じるからです。
by: 声なき声 * 2020/01/23 05:27 * URL [ 編集] | page top↑
TORUさんへ
当たりハズレは何にでもつきものです。
とはいえ、予想外に当たりが多いと幸運に恵まれたような気がして、うれしくなるものです(笑)。
by: 声なき声 * 2020/01/23 07:25 * URL [ 編集] | page top↑
30万円はでかいな・・・。
でも自分の買ったはがきの番号をメモしたことはいまだかつてないです。
気にしすぎでしょう。
それよりも30万円を稼ぐ方法を考えたほうが楽ですね。
by: てかと * 2020/01/23 18:44 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
「30万円」の金額は、今後はさらに上がっていくことが予想されます。
デフレ時代の傾向とは逆行しますが、年賀はがき購入者を引き留めておくためにも、上昇はさけられないでしょう。
 
よほどの人以外は、自分の出した年賀状の番号を控えるようなことはしないでしょう。
by: 声なき声 * 2020/01/23 18:57 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3889-27ea9963
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する