FC2ブログ

1月16日(木)

”木で鼻をくくる”という言い回しがある。

無愛想で冷たい態度をとることを、そんなフレーズで表現している。

気になって由来を調べてみたら、そもそもは
”木で鼻をこくる”
と言っていたのだが、いつの間にか”こくる”が”くくる”に化けてしまったらしい。

”こくる”というのは昔の言葉で、今で言う「こする」の意味を持っていたそうだ。

その語源が興味深い。

なんでも、モノがなかった時代は、鼻水を拭くときも木の枝をこすりつけていたらしい。

ティッシュなどはあろうはずがなかった。

想像するだけで痛々しく感じるものだが、まさしく木で鼻をこすったときの顔の無表情ぶりから
”木で鼻をこくる”
が生まれた、との説を目にした。

言われてみれば、なるほどという気がして妙に納得できる。

同時に、言葉というのは古くからの歴史を抱えていることに、感慨めいた思いを禁じ得ない。

以前に勤めていた会社に、文字どおり”木で鼻をくくった”話し方をする男性がいた。

もちろん、社外の人とはそれなりの話し方をしていたのだが、同じ会社の人間が相手だと実にそっけない物言いなのだ。

私より一つか二つ若いだけだから、ほぼ同年齢と言っていい。

彼が恋愛をしたときや子供が生まれたときは、どうであったのだろうか気になる。

なかなか頭のいい人間であったし、仕事ぶりは真面目そのものであったが、社内ではほとんど仏頂面をしていたことを思い出す。

もし彼と再び会ったら、やはり同じ話し方をするなのだろうか。



20200116.png
今なら彼とは以前とは違った接し方ができると思う
20 : 20 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<1月17日(金) | ホーム | 1月15日(水)>>
コメント
こんばんは♪

"くくる"は"こくる"だったんですか~
その"こくる"は"こする"!?
言葉はすごく変化するものなのですね。
by: きっちゃん♪ * 2020/01/16 22:05 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。
 
言葉は生き物だと言われますが、時の経過で変化していくものですね。
面白いものだと感じました。
by: 声なき声 * 2020/01/17 04:39 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
”木で鼻をくくる”の
意味は知っていましたが 由来は初めて知りました。

毎朝 テレビ朝日で
「林先生のことば検定」と言う短い番組をやっています。
7時少し前の時間なので、家事をしながら
横目で見ることが多いです。

林修が 言葉の由来や意味について
クイズ形式で解説をするのですが
”木で鼻をくくる”は、聞いたことが無かったです。

鼻水が出た時に 木の葉で拭くならまだしも
木の枝では、相当痛かったでしょうね(汗)
と言うより うまく拭き取れたのでしょうか(笑)

ティッシュは、鼻水を拭いて 乾かしてまた使う人は
ほとんど居ないと思いますが
木の枝は、乾かせば何度でも使えますから
省エネの最先端でしたね(笑)

私の周囲には、”木で鼻をくくる”るような物言いの人は
記憶にないのですが そんな人とのお付き合いは
気分が落ち込みます。

私は、1度しか会うことのない セールスの人にも
丁寧に接しようと思って居ますが
宗教関係の人に 丁寧に接してると
話を聞いてもらえると 勘違いでしょうか
何度でも訪問されます。
そんな時は ”木で鼻をくくる”ような態度が良いのでしょうか(汗)

by: ヨンヨン * 2020/01/17 05:04 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。
 
私も意味は知っていましたが、言葉ができた背景は全く無知でした。
ネットというのは便利なもので、ふと疑問に思ったことをすぐに調べることができます。
 
今まで、”くくる”を現代日本語のままに解釈していて、「紐でくくるように木で鼻をくくる」と思っていたのですが、大間違いでした。
そんなことできるはずがありませんね(笑)。
 
林修さんはいろんなことを勉強されて、よくご存じです。
やはり、自分が不思議に思ったことを放置しないで徹底的に調べられるのでしょう。
そういった心構えが将来的には実を結ぶのだと思います。
 
昔は木の枝で鼻水を拭いていた、というのが事実かどうかはわかりません。
もしそうだとしたら、自分専用の木の枝を用意しておいたのでしょうか。
でないと、ほかの人が鼻を拭いた枝だとわかったら、使うのに抵抗を感じるのではないかと思うのですが。
 
他人に丁重に接するのも考えものかもいれません。
宗教勧誘や投資話の売り込みなど、変に熱心に耳を傾けると脈があると受け止められます。
誠意をもってきっぱりと断る、というのができればいいのですが、言葉で書くのは簡単ですが、実際には難しいと思います(汗)。
by: 声なき声 * 2020/01/17 05:26 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3882-55f798f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する