FC2ブログ

12月25日(水)

私の某所属団体から新年会の案内が届いた。

総会に名を借りた新年会をやるのが年始の恒例となっているが、毎回、気になる点がある。

文章の書きだしが、
「謹啓 歳末の候、貴兄には益々ご清栄の段お慶び申し上げます。」
となっている。

おそらく案内状はテンプレートをコピーして日時だけを変えて使っているのだろう、”貴兄”も以前から全く変わっていない。

私の感性では、”貴兄”はかなり親しい間柄であることが前提で使っている言葉だと受けとめていた。

つまり、遠慮の必要な先輩に対しては使わないほうが安全だと、心の中で考えていた。

この団体は、言うならば地域での懇親が趣旨であり、社交サロンにもたとえらえることがある集まりである。

仲間同士で和気あいあいと飲んで語るのが活動の内容なのだから、そういった意味では親しい人の間での呼称として使うのは間違いではなかろう。

ただ、同期会のように、上下関係がなくて横一列になっているのであれば、”貴兄”を使うのはOKだろうが、この団体はそこが事情が違っている。

年齢的にも上は80歳をはるかに超えたかたもいらっしゃるし、社会的なポジションとしても自治体の首長をされている人もおいでになる。

そういったバランスから言うと、「親しい」という表現はそぐわない感が濃厚だ。

今回、その団体の会長が大きく若返ることとなって、私よりも若い人が就任した。

で、その人の名前で送られてきた案内状に、”貴兄”とあると抵抗を感じる人も少なくはないはず。

たぶん事務局のほうで案内状を出しているので、新しい会長にしてみれば「オレは知らん」ということになるかもしれないが。

私の思いをこっそりと新会長に伝えたほうがいいのか、そんな細かいことはあえて言わないほうがいいのか、迷っているところである。

ちなみに、”貴兄”にかわる言い方としては、”貴台”あるいは”皆様がた”が適切ではないかという気がする。

二人称の使い方というのは簡単ではない。

とるに足らない話かもしれないが、案外、こんなささやかなことでトラブルが起こるものだ。

 

20191225.png
迷ったときは丁寧な言葉を選んだほうが無難である
20 : 20 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<12月26日(木) | ホーム | 12月24日(火)>>
コメント
こんばんは♪

ちょっと気になりますね。
他にもそう思う方がいらっしゃって、
言われるのではないでしょうか…?
by: きっちゃん♪ * 2019/12/25 21:41 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。
 
心の中では”貴兄”に違和感を持っている人がいるとは思うのですが、それを声に出して言う人はいなかったようです。
あえて言う必要はないのかもしれません。
by: 声なき声 * 2019/12/26 03:54 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
「貴兄」で案内を貰った事が無いので
その使い方や意味は考えた事がなかったです。
それどころか 案内の最初の文は、読んだことが
無いと思います(汗)
仮に 今の時期「盛夏の折・・」などと書いてあっても
見過ごしているかも知れません(+_+)

私のような人は居ないと思いますが
そこまで細かい事を考える人は
意外と少ないかも知れませんね。

新会長さんに伝えた方が良いのか
黙認した方が良いのか 全く分かりませんが
新会長さんの性格にもよるでしょう。
あらたまって伝えるより 何かの折の雑談で
話すのも良いかと思います。

正しい日本語を使う必要はあると思いますが
日本語は難しいです。
by: ヨンヨン * 2019/12/26 04:59 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。
 
私も、毎年送られてくる案内文書については、日時の確認しかやっていません。
ただ、この団体からのこの行事だけは、以前から気に留めていましたので、今回もチェックしてみたわけです。
 
新たに会長に就いたひとは、ざっくばらんを絵に描いたような男で、ストレートな物言いをしても真意を受け止めてくれるだろうと想像しています。
とはいえ、言葉の端々のことで彼に直言するのは好ましくないだろうと、今は考えています。
ご助言いただいたように、飲み会で話すチャンスがあったときに、それとなく言ってみるのがベストだと思っています。
 
日本語は本当に難しいです。
二人称の言葉だけでも相当にバラエティが豊富で、使い方を間違えるととんでもない無礼となりますので。
by: 声なき声 * 2019/12/26 05:26 * URL [ 編集] | page top↑
言葉というのは難しいものですね。このようなケースでも急にきになったりします。
by: TORU * 2019/12/28 11:25 * URL [ 編集] | page top↑
TORUさんへ
言葉一つで受けるイメージは大きく変わると思います。
同窓会で旧友と会って、「おまえ」と言われるのは親愛の情の表現ですが、ビジネスの場面で、社外の人から「おまえ」と言われると、時によってはモラハラになってしまいますから。
by: 声なき声 * 2019/12/28 11:29 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3863-96dbbb15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する