FC2ブログ

12月11日(水)

夕食は麻婆豆腐にした。

もちろん、スーパーで買ってきた”麻婆豆腐の素”から作ったものである。

寒さをしのぐには、あの辛さが最も手っ取り早い。

塩分含有量が1人前で2.6gとなっているので、最初は躊躇していた。

一回に作る単位が3人前なので、合計すると約8gになる。

努力目標の6gははるかに超えてしまう。

しかし、麻婆豆腐の魅力には逆らえない。

それに、頻繁に食べるものでもないので、お目こぼしいただけるものと勝手に考えている(汗)。

で、期待に胸をふくらませて完成品を食べてみたのだが、肝心の辛さが足らなかった。

麻婆豆腐の持ち味は舌をヒリヒリさせる辛みにあるのだが、それが不足していたのである。

舌がしびれ、骨の髄から熱さがこみ上げてきたとき、初めて麻婆豆腐を食べた実感がわいてくるものなのに。

実は、強-中-弱の辛さ度合いの商品の中から、買ってきたのは”中”であった。

この見たてが間違っていたのかもしれない。

”強”を選ぶべきであった。

なんでも、ネットで調べてみたら、麻婆豆腐の辛さは”花椒”という香辛料のなせるわざらしい。

”ホアジャオ”と読むようで、日本での”山椒”の仲間だという。

中華料理では極めて一般的に使われている香辛料で、日本のスーパーでも売られているらしい。

なら、”花椒”を買ってきて、それを振りかければ辛さが出てくることになるのか。

実験してみる値打ちがあると思う。

これはこれで好奇心を掻き立てられるものだ。



20191211.png
ニラを少し入れてみたら、それらしくなった。
20 : 20 : 55 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<12月12日(木) | ホーム | 12月10日(火)>>
コメント
そうですね、花椒です。あれがしびれる原因です。花椒だけでなく、日本の山椒にも含まれているこの「しびれ成分」を利用する漁法がありましたね。
by: TORU * 2019/12/11 22:28 * URL [ 編集] | page top↑
TORUさんへ
ネットを見ていますと、”花椒”は麻酔としても使われていたそうです。
しびれるという特性が活用されていたのですね。
漁法まであるとは驚きです。
by: 声なき声 * 2019/12/12 03:15 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
寒い時に、辛い食べ物は最高ですね(^_-)-☆
日頃 塩分を気にしていられますが
大好きな物を食べる時は、少し緩むのですね(笑)
それで良いと思います。

麻婆豆腐の素は、メーカーによって
味も辛さも違います。
辛さから言えば 新宿中村屋の素が美味しいと思いました。
すべて食べ比べた訳ではないので 個人的な感想です。

我が家は、陳健一の素を使っていますが
スーパーには売ってなくて 生協にたまに出ると
買っていますが、冷凍出来るので便利です。
地元の中華料理店に本人が来て 食べた時から
はまっています。
息子が東京に居る時には、立川の本人のお店で
食べていました。
我が家は 麻婆豆腐と杏仁豆腐がセットです(笑)

香辛料の品ぞろえの良い 近くの食品売り場に
”花椒”を売っています。
出来上がった素に ”花椒”だけ加えて 辛くはなるでしょうけど
バランス的に 美味しくなるのか分かりません。
辛さだけを求めるなら 十分な対処法でしょうね。

生姜入りの飲み物や お料理にも生姜を入れると
いつも体が温かく保てると思います。
麻婆豆腐に生姜は少し違うと思いますが・・(笑)
by: ヨンヨン * 2019/12/12 05:08 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。
 
人によっては、夏の暑いときに麻婆豆腐を食べて汗をかき、それで涼を得るというテクニックもあるそうです。
四川料理は蒸し暑い気候の中で生まれ育ったものですから、一理あると思います。
 
はい、塩分を目の敵にしてる私ですが、おいしそうなものを目の前にしたときは宗旨替えとなります。
自分には甘い人間です(汗)。
 
1セット2回分の箱に入っていた材料ですので、まだ1回分が残っています。
その次に「新宿中村屋の素」で試してみます。
辛さだけが麻婆豆腐の魅力ではありませんが、満足のできる辛さがないことには魅力半減してしまいます。
 
四川料理の第一人者の提供する麻婆豆腐であれば、私もすっかり魅了されてしまうことでしょう。
本人のお店で食べられるなんて、羨望の限です。
 
まずは”辛さ”を求めたいと思っています。
花椒をプラスしただけでは全体の味のバランスにはそぐわないかもしれませんが、まずは辛さを付けないことには話が始まらないと考えています。
 
さすがに麻婆豆腐に生姜はミスマッチなような気もいたします。
ただ、体を温めるという意味合いでは、私の望んでいる方向に進むことと思います。
by: 声なき声 * 2019/12/12 05:28 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます。
花椒の辛さと唐辛子(一味や豆板醤など)の辛さは違うのでよく吟味したほうが良いです。

体が温まるのは唐辛子のほうじゃないかな?

もちろん花椒だけでも風味と舌のしびれ的な辛さが出て美味しくなるとは思います。鰻に山椒をかけて食べるイメージです。
by: ひまわり * 2019/12/12 09:23 * URL [ 編集] | page top↑
ひまわりさんへ
おはようございます。

貴重なアドバイスをいただき、ありがとうございました。
唐辛子が体を温めるのは確かな事実ですが、四川料理ならではの香辛料もそれを加速しているのではないかと推測しております。
いずれにしても、実証のために試験を行うつもりです(笑)。
by: 声なき声 * 2019/12/12 09:49 * URL [ 編集] | page top↑
それだったら
最後に花椒入りラー油だけ買って足したらどうでしょう。それなら難しくないですし、ほかのものでもいい感じに辛くなりますよ。
by: まこ * 2019/12/12 12:23 * URL [ 編集] | page top↑
まこさんへ
”花椒入りラー油”というのは妙案ですね。
料理にアクセントが欲しいときに力を発揮してくれることと思います。
麻婆豆腐だけでなく、使える対象も広いですし。
これで試してみることにしました。
ご助言、ありがとうございました。
by: 声なき声 * 2019/12/12 12:53 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3849-a963969a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する