FC2ブログ

12月3日(火)

私が会員になっている団体の会議があった。

終わったとき、そのメンバーの一人から、彼の会社のカレンダーをいただいたのである。

参加者の全員に配っていたので、私だけが断わると角が立つということもあって、お礼の言葉と共に受け取った。

彼は旅行会社に勤めており、そのカレンダーには各地の海外の美しい観光地の写真が各月ごとに掲載されている。

販売促進の意味合いも含めて作られたのだろう、社名もしっかりと印字されている。

私とはおよそ縁がない美麗な光景であり、おそらくその現地に私が足を踏み入れることはないだろう。

せっかくの彼の好意ではあるが、このカレンダーが活かされることはないと思う。

少なくとも、私の部屋の壁に貼られることはない。

毎年、年末を迎えると、某社から小型のカレンダーが贈呈されるので、それを使うのが習慣になっている。

あえて大きなサイズのカレンダーを掲示する必要もないし、それ以前にスペースがないのだ。

もったいないが、資源ごみで出さざるを得ない。

会社勤めをしていたときであれば、会社に持っていけば誰かが持って帰ってくれていたが、いまはそんな当てもない。

だから、捨てざるを得ないのである。

高度経済成長の時代は、年末にはカレンダーをたくさんもらったものだ。

当時は、銀行も保険代理店もやたらにカレンダーを作っていて、同じものを、一人に対して2つとか3つとか配るのが珍しくなかった。

今の感覚では考えられないが、あの時代はとかく派手であったと思う。

それだけに無駄になったカレンダーも多かったのではないか。

”カレンダーロス”というフレーズが生まれなかったのだから、その時代は大量消費大量廃棄が当たり前の発想であったのだろう。

日本人にとって良かったのか悪かったのか、それはわからないが。



20191203.png
カレンダーに予定を書き込んでいる人は少なくない
20 : 20 : 37 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<12月4日(水) | ホーム | 12月2日(月)>>
コメント
こんばんは♪

最近は取引先からのカレンダーは卓上が多いです。
従業員の割にはカレンダーがたくさん集まり過ぎて
1月の終わりに捨てることになります。
by: きっちゃん♪ * 2019/12/03 21:31 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。
 
大きなサイズのカレンダーは、私には使い勝手が良くありません。
卓上カレンダーを愛用しています。
 
どちらの会社でも、カレンダーは過剰になっているようです。
部屋の数がたくさんある会社ならいざ知らず、あまりに多くのカレンダーがあっても資源の無駄にしかなりません。
by: 声なき声 * 2019/12/04 04:16 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
昔ほど多くないですが、今でもカレンダーは配られていますね。

旅行会社は、誰かが使う可能性がありますから
カレンダーを配って アピールするのは 理解出来ますね。
それでも、捨てられてしまえば 資源を無駄にする事になりますが( ;∀;)

カレンダーは無ければ困りますが
あのように大きな壁かけのカレンダーは、
私にとっては不必要です。

自分の部屋には、毎年お気に入りの絵の
予定が書けるカレンダーを買っています。
キッチンには お正月飾りを作ってもらう花屋さんから
貰う小さなカレンダーに決めています。

以前は 大判のカレンダーは 段ボールや
新聞と一緒に 古紙回収に出していましたが
最近は 白い裏が Sちゃんのキャンパスになっています。
小さなお絵描きノートと違い 思う存分自由に描けています。
絵にもならない線だけや丸ですが 捨ててしまうのも
幼い頃の記念ですし、これを保存しておいたら
大変な量になりますから、どうしたら良いのか迷っています。
by: - * 2019/12/04 05:04 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。
 
人によっては、大きな壁かけカレンダーを好んでいることもあります。
離れていてもはっきりと見えますし、自分のスケジュールを書きこんでおくこともできますので便利ですから。
私にはちょっと苦手ですが。
 
毎年、歳の瀬ともなると某ネットバンクから卓上カレンダーとメモ帳が送られてきます。
ネット系の会社というのはそういった顧客サービスにはあまり熱心ではありませんが、このネットバンクは毎年欠かさず送ってきます。
そこまでやられると、インパクトを感じるのは当然でしょう。
もう一つ、いつも通っている散髪屋さんも年末に刈ってもらったら卓上カレンダーをいただけます。
デザイン性はさほどないものの、あればあったで便利です。
 
わが家でも、孫が遊びに来たとき用のお絵描きの材料のために置いていたことがありました。
幼稚園に行くようになると、ほかの遊びに興味がわいてきて、カレンダーの裏では満足してくれないようです(笑)。
確かに有効な使い道であったと思います。
なお、せっかくの孫の力作ではありますが、帰った後ですぐに処分していました。
かわいそうですが、ためておくとキリがありませんので。
by: 声なき声 * 2019/12/04 05:25 * URL [ 編集] | page top↑
今の時代、紙媒体でもらってもな。
意識高い系が地球温暖化とかCO2がどうのとかうるさい昨今、可燃ごみにするくらいなら、いらねえ、と言ったほうが地球にやさしい気がしますねw
by: てかと * 2019/12/04 14:28 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
受け取るのを断ったとしても、彼の会社のほうで、おそらくは廃棄処分することになるでしょう。
それに、大型のカレンダーを欲しがっている人がいるのも確かな事実です。
一覧性があるというのは、何かと便利なものですから。
by: 声なき声 * 2019/12/04 14:34 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3841-f8d9770f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する