FC2ブログ

11月29日(金)

カーラジオで語られている話を聞くともなしに聞いていた。

すると、思わず神経を集中させるトピックスが飛び出してきた。

会社の新人研修担当者の体験である。

学校を出たばかりの新卒者を対象に研修会を開いたところ、開始の9時ギリギリになって会議室に飛び込んでくる新入社員がいたらしい。

そこで、研修第一日目が終わったときに、新卒者全員に注意を与えたという。

そのとき、
「講師に失礼に当たるので、明日からは9時5分前には着席しておくように」
と申し渡したのである。

それを言うと、新卒者の多くが怪訝な顔をした。

気になるので、その中の一人に、
「わかりましたか?」
と訊いたところ、驚くばかりの返事をしたらしい。

「”9時5分前”だと、すでに研修は始まっていますが・・・」
と答えたのだ。

最初、担当者には意味がわからなかったという。

すぐに頭に浮かんだのが、
「9時5分という時刻の前」
と解釈してしまったのではないか、ということ。

つまり、
「9時5分の直前に」
着席すると思ったようだ。

そこで、
「8時55分には着席しておくこと。」
と言い直して、ようやく新卒者の理解を得られた。

まさかと思ったが、実はこれに類した話を、半年以上も前にすでに耳にしている。

それは小学校の6年生の話で、学校の勉強の前に校内の掃除をするために、少し早めに集まるとのシチュエーションであった。

やはり”前”の言葉の解釈を子供たちが間違えて、遅れてきた子が何人かいたらしい。

そのときは、子供のことだから仕方ない、と思ったのだが、今回のケースは、若いとはいえ大人でも同じようなことをしているのだから自分の耳を疑った。

おそらく、私の世代であれば、疑うことなく「8時55分」のことだと考えるはず。

いまや、言葉の意味がそもそもとは違って使われている例は少なくない。

「情けは他人のためならず」や「世間ズレ」などがそうだが、”~前”もそうなりつつあるのか。


20191129.jpg
日本語がデジタル化しているような気がする
20 : 20 : 28 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<11月30日(土) | ホーム | 11月28日(木)>>
コメント
こんばんは♪

こんな解釈、
脳内の作りが違うのかと思ってしまいました。
by: きっちゃん♪ * 2019/11/29 21:28 * URL [ 編集] | page top↑
(y^ω^)yこんばんは~☆ 匠石です
(y^ω^)y 言葉を考える、ということを現代っ子はしないでいい、と教わるので今の子はメモを取ることさえままならない子が多いですw

(y^ω^)y 内容を咀嚼できないので要点を絞る、などということは出来ないようです。

(y^ω^)y 今の子は出来なくても個性って教わるのは社会に出てからがかえってきついですよね。日本人が自己肯定感が低いのは当たり前な気がします。

(y^ω^)y 当ブログの終了に当たってコメントを頂き本当に有難うございました。こちらのブログが末永く続くことを祈っております~☆
by:  匠石 戒丘 * 2019/11/30 00:12 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます。
 
私などは、「8時55分」のことを指していると理解するのが当然だと思うのですが、最近はそれが通用しなくなってきたのかもしれません。
あるいは「脳内の作りが違う」のでしょうか。
世の中、変わってきているなと実感します。
by: 声なき声 * 2019/11/30 02:52 * URL [ 編集] | page top↑
匠石 戒丘さんへ
おはようございます。
 
今は「言葉を考える」ことを教えていないのですか?
それはそれで致命的な問題だと思います。
日本語が通じなくなるのは目に見えています。
 
個性を尊重するのは好ましい傾向ですが、それが行き過ぎると自分のことしか見えない人間が増えてくるような気がします。
何かにつけて「和」を強調してきた日本の慣習は、決して間違いではなかったと確信しています。
 
ご丁寧にありがとうございます。
もし匠石 戒丘さんにお手すきのときがございましたら、拙ブログを覗いていただければ光栄に存じます。
by: 声なき声 * 2019/11/30 03:03 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
この話は、私もどこかで聞いたと思います。
今時の若者は・・・と言いますが
なぜそうなったのか分かりませんが、本当に変です(^^ゞ
若者に言わせれば 私達年寄りの方が変なのでしょうけど(笑)

何時何分前の時計の読み方は
3年生の孫でも知っています。
学校のドリルに出ていたと思いますから
その若者は 小学校時代勉強をしなかったのでしょう(笑)

言葉の使い方や意味については
学校で習わなくても 本を読む事によって
覚えたり 理解したりするものだと思います。

若者に限らず 同年代の知人でも
以外と 言葉を知らない事に驚く事があります。
「反面教師」「青天の霹靂」等々・・(^^ゞ

省略語 造語がまかり通っている現代は
日本語の美しさが遠くなりにけり です(泣)
ことわざにも百人一首にも 美しい日本語がたくさん出ているのに
勿体ない事です。
by: ヨンヨン * 2019/11/30 05:07 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。
 
ヨンヨンさんも聞かれたことがあるのですか。
やはり何かそぐわないものを感じてなりません。
もっとも、一部の若い人たちにとってはそれが自然な解釈なのでしょうが。
 
小学校のとき、時計の見方が苦手でした。
長針と短針の関係がよくわからなかったのです。
今では、逆にアナログ時計のほうが私の性にあっているほどですが。
 
何年か前、文章の中で「虚心坦懐」を使ったら、「初めて見る言葉です」と言われました。
四年制大学を卒業した人間なのですが、いまどきはそんなことは珍しくはないのでしょうか。
 
おっしゃるとおりだと思います。
やたらとカタカナ表現をしたり、当事者たちにしか通用しない略語を使ったり、まさしく言葉を冒とくしているとしか言いようがありません。
せっかく美しい日本語があるのに、あまりにもったいないと常々考えています。
外国語教育も大切ですが、日本の古典を朗読させるトレーニングは、それ以上に緊急性も重要性もあると思います。
by: 声なき声 * 2019/11/30 05:19 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます。
”9時5分前”が「9:05の前」という考え方は斬新ですね。www

いや、そのままの日本語では確かにそうとも取れますね。間違いではない。でも常識ではない。

この手の常識は大人から学ばないといけないことが多いのですが、世代間の常識の継承がうまくゆかなくなっていることの現れかもしれません。

それは子供たちのせいではなくて教育しなかった親や教師など大人たちの責任なんですけどね。

by: ひまわり * 2019/11/30 08:47 * URL [ 編集] | page top↑
ひまわりさんへ
おはようございます。
 
はい、日本語的に「間違い」ではありませんが、「常識」からははずれています。
世間の常識を教えてこなかった大人の責任かもしれませんが、見方を変えれば、若い人がかたくなに個性や自分に固執することなく謙虚に世の中の常識を学んでほしかったな、というのが偽らざる思いです。
 
とはいえ、違った解釈が通用している現実はあるのですから、コミュニケーションをとるときにはそんな事情を頭に入れておかなければならない、と痛感しました。
by: 声なき声 * 2019/11/30 09:27 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3837-253c8ee6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する