FC2ブログ

11月28日(木)

同窓会の折りに撮った写真を参加者に発送した。

昨晩に封筒に詰めて、今朝、ゲン担ぎのために相性の良い郵便局まで持ち込んだ。

念のために局で重さを量ってもらって、210円の切手で可能だということを確認しておいた。

150g以内であれば210円切手が使えるということで、打ち合わせのときもできるだけ軽くするように知恵を絞った。

”減量”することで郵送コストを下げるのも大事なポイントだ。

とりわけ、重さが気になったものがあった。

厚紙である。

フォトブックは製本されているからいいとしても、全員が入っての集合写真は郵送中にシワが入る恐れがあるので、厚紙ではさんで保護することにしたのだ。

その厚紙が重いのではないかと心配したが、その点もクリヤできた。

めでたしめでたしだ。

来月に経費精算をすることになっているが、事実上、これで同窓会プロジェクトのための作業は完了したことになる。

どういうわけか、肩の荷が下りたような安堵感と、生活の目標を失ったような喪失感が私の中では共存している。

会社の仕事もこのような前向きなノリで取り組むことができれば、職場がストレスの元凶になることもあるまい。

ところで、今回は当日の欠席者にも全く同じ写真集を送った。

参加者に送るのは慣例的にどこでも行われているが、来なかった人にも同じ対応をさせてもらったのである。

一種の仲間意識の表明であるが、それが欠席者に通じるかどうかはわからない。

おろらく、彼らにしてみれば意外の感を抱くに違いない。

どんな顔をするだろうか、そして、写真を見た瞬間に頬が緩むであろうことを想像して、ほくそ笑んでいる私である。


20191128.png
集合写真に写った私の顔は遺影として使いたい(汗)
20 : 20 : 20 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<11月29日(金) | ホーム | 11月27日(水)>>
コメント
こんばんは♪

お疲れ様でした。
欠席の方は何故?と思われるでしょうね。
でも、参加者の顔を拝見して楽しまれるかもしれません。
by: きっちゃん♪ * 2019/11/28 21:42 * URL [ 編集] | page top↑
欠席されたかたにも写真っていいですね。わけあって出席できなかったかたもいらっしゃるでしょうから。
by: TORU * 2019/11/29 01:58 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。
 
当日に来なかった人の中には、旧友の顔を見たかったがやむを得ぬ理由で参加できなかった、という事情もあったと思います。
そんな人にも写真で再会を果たしてもらいたいと考えたのです。
気持ちが通じればいいのですが。
by: 声なき声 * 2019/11/29 05:04 * URL [ 編集] | page top↑
TORUさんへ
共感をいただいてうれしく思います。
「欠席」の欄に〇をしているだけでなしに、メッセージとして「仕事」や「介護」で参加できない旨が書かれていた人のことを思うと、せめて当日の写真だけでも送りたいとの思いがありました。
きっと喜んでいただけることと思います。
by: 声なき声 * 2019/11/29 05:09 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
お疲れさまでした。
終わってしまいましたね。

細かい所まで 気を配って
経費節減に努力されたのですね。
会社勤務時代の仕事ぶりが想像出来るような気がしました。

確かに 会社の仕事もこのように出来れば
ストレスを感じる事もないのでしょう。
そう出来ない所に問題が生じるのですが(>_<)
大勢の上司 同僚との軋轢のない私の仕事でも
仕事となると 何かとストレスを感じるものです。

欠席者へ写真を送ったのは良かったですね。
都合で出席出来なかった方も喜ばれるでしょう。
出席したく無くて出席しなかった方の中には
こんな物・・(>_<) そう思われるひねくれた人も居るかも(笑)
人間の感情は様々で 
こちらが思った通りに感じてくれない場合も有りますね(>_<)
そこが人間関係の難しい所でしょう。
最も 同じ感覚の人間ばかりでは、ロボットの世界のようですから(笑)

この作業が終わっても
同窓会の幹事の方達とは、今後なにかと良いお付き合いが
続いて行く事と思います。
by: ヨンヨン * 2019/11/29 05:09 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。
 
コストや時間のことについては、結構、細かな部分まで立ち入って打ち合わせをしました。
幹事の中でも、私などは、たとえばタイムスケジュールを決めるときも厳密に何時何分と時刻まで決めたがったタイプです。
中には、「その場の雰囲気を見ながら進行すればいい」という考えのものもいて、人間の発想はさまざまだと思い知らされたものです。
それはそれで面白かったですが。
 
仕事となると、義務感がまず立ちはだかってきます。
こういう品質のものに仕上げなければならない、何日までに納めなければならない、などと「ねばならぬ」が先行します。
今回のイベントは、幹事の打ち合わせのプロセスそのものが歓談しながらの楽しいものでしたから、その気楽さが全く仕事と違います。
同窓会の準備と会社の仕事とは同じ土俵では比べることができませんね。
 
もちろん、欠席した人の中には、自分が行っていない会合の写真を見て、何の関心も持たない、あるいは反感を抱く人もいるとは思います。
ただ、おそらくは欠席の人の大半が「皆の顔を見たかったがやむを得ず参加できなかった」という事情であったと推測しているのです。
そんな人には当日の喜びを少しでも分かち合いたいと考えたものでした。
そういったところから、「欠席」の返事をいただいた人すべてに、写真集を送ることにしました。
出欠の返事のなかった人には、失礼ながら知らんふりをさせてもらいました(汗)。
 
今回の作業を共にした仲間とは、来年からも、年に一度は感じ仲間で会おうと話し合っています。
次の同窓会開催の1ステップになるかもしれません。
by: 声なき声 * 2019/11/29 05:28 * URL [ 編集] | page top↑
ひょっとすると梱包材のエアクッションを使えばもっと軽いのでは・・・。
by: てかと * 2019/11/29 13:49 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
エアクッションではさむと厚みが出るので、まとまった数の封筒の持ち歩きには不便だとの意見がありました。
重さの点でも、厚紙とさほど変わらないような気がしますが。
by: 声なき声 * 2019/11/29 14:00 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3836-1d6d1523
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する