FC2ブログ

11月14日(木)

散歩途中で、ときどきコーヒーを飲みに行くスーパーがある。

イートインが用意されていて、外の光景もきれいに見えるところから、休憩の場にふさわしい。

ただ、そのスーパーはほんの少しだが価格が高めにつけられている。

そんなわけで、やや買い物スポットとしては私は敬遠していた。

しかし、今日は目をみはるプライスの品が出ていた。

カボチャと生サンマである。

いずれも、98円という値段である。

カボチャは四分の一のカット品であるが、一目瞭然、大きいのである。

同じ「四分の一」を謳っているカボチャでも、128円とか158円などといった価格で出ている店もある。

産地も同じ北海道産であるにもかかわらず、また、サイズが小さいものであっても高いプライスになっているのだ。

おそらく、この店のカボチャが最も安値ではないか。

実は、この店ではときどき思い出したかのように、98円カボチャが並んでいる。

一種の目玉商品なのかもしれない。

さらに、生サンマについては、2週間ほど前から他のスーパーの店頭でも見かけることが増えてきた。

ただし、私の行きつけのスーパーでは、一昨日の特売日に128円の値が付いていたのである。

そのときに買っていたので、今日は躊躇したのだが、せっかくの安いサンマなのだから見逃す手はないと、2匹を買って帰った。

自由競争の世界だから、価格が店や日によって違っているのは不思議でもなんでもない。

20年ほど前、
「ネットが普及したら、同じ商品で価格差がつくことはなくなる。」
などと予測する人がいた。

しかし、たとえばネットにも、価格の比較を行うサイトがあって、安いものを探すのが簡単になったが、アクセスする人の全員が一番安いものを買っているわけではない。

納期や取扱会社などを見て、自分の条件に合ったところから購入する人は少なくないのが現実だ。

ネット販売ですら、価格差よりも優先される条件があるのだから、リアル店舗で野菜や魚を買うにあたっては、客によって選択の幅が広がるのは当然なのだろう。

瓶ビールを酒屋さんから買った場合と、和服を着た女性から注いでもらう場合とでは、同じ瓶ビールであっても、その値段は大きく違ってくる。

消費者が値打ちがあると認めれば、少々高い値段であっても売れるものだ。

私のように、値段の安いものを血眼になって探している人間には、モノの値打ちはわからないのかもしれない(汗)。


20191114.jpg
種がお目当てで買っているという側面も強い
20 : 20 : 43 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<11月15日(金) | ホーム | 11月13日(水)>>
コメント
こんばんは♪

安いに越したことはないですが、
値段は値段の時があります。
その見極めがなかなか難しいです。
by: きっちゃん♪ * 2019/11/14 21:14 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。
 
おっしゃっていることはよくわかります。
100均で買った商品だと、すぐに傷んだり、機能が劣っていたりすることは珍しくりません。
「安物買いの銭失い」という言葉を身に染みて体感いたします。
ただ、逆に高額商品を買ったときも、宣伝されているほどの品質ではなくてガッカリすることもありますが。
by: 声なき声 * 2019/11/15 04:32 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
家電のようにメーカーの価格が決まっていても
販売価格は、様々ですから
農産物 海産物など スーパーによって違うのも
当然だと思います。

チラシなどを丹念に眺めて
その日の特売品を買うためにスーパーのはしごをする人も居ますが、
ほとんどの人は、決まったスーパーで
安い物が有れば 買って来るのでしょうけど
偶然に安いお店が見つかったらラッキーですね。

スーパーにしても赤字覚悟で販売する事は無いと思いますから
安い物には 何らかの理由が有るのでしょうね。
価値ある物を見分ける目を養うのは難しい事です。

カボチャは 何種類もありますから
種類によって値段が違うでしょう。
味は 好みですから どれが良いとは言えませんけど(^^ゞ

ネットで物を買う時
最近は、お客様登録などしなければ買えない所もありますから
価格差よりもいつもの所を選ぶ傾向にあると思います。
by: ヨンヨン * 2019/11/15 05:16 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨン さんへ
おはようございます。
 
私は、納豆については特定の銘柄のものに決めているのですが、3パック98円が標準の店頭価格のものです。
それがスーパーによっては、108円になっていたり、同じお店でも時には78円で出ていたりすることがあります。
何らかの法則性があるのか、いつも疑問に思っています。
 
あるスーパーでは、「5%引き」の日には少しばかり価格を吊り上げるという姑息な手を使っています(笑)。
また、商品の需給バランスの関係もあるでしょうから、その様子を見ながらお店では販売価格を変えていっているのだと思います。
1円違っても、数がたくさん出ますので、店のトータル金額としては大きなものとなりますから、担当者は神経をすり減らす仕事なのでしょう。
 
私などは、カボチャは北海道産とニュージーランド産がある、ということしか知りません。
私が行くようなスーパーでは、おそらく多様な種類のカボチャは置いていないことでしょう。
ハロウィンのときには、イベント用のカボチャが出ていましたが。
 
ネット販売の場合、買う側としては相手の顔が見えないだけに不安な部分があることは否定できません。
会員登録しているということは、信頼を置いていることの証ですので、そこで優先的に購入するのは理解のできるところです。
私の場合は、楽〇とかアマ○○に出品している業者であれば大丈夫だろうと判断して、そこから最安値のものを買うようにしています。
もっとも、最近はこのやり方が必ずしも通用するとは言えませんが(汗)。
by: 声なき声 * 2019/11/15 05:31 * URL [ 編集] | page top↑
仕入れ失敗して利益捨てて在庫処分をネットで行うものもいるので値段差はなくなるの論法は必ずしも正しくないことはありますよね・・・。
人間はミスる生き物なんだよなw
かぼちゃは高くても食べたほういいですね。
あれはもう食べやすい薬みたいなもんだと思ってます。さすがに種は食ってないんだけど。
by: てかと * 2019/11/15 14:22 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
社会主義の理想として、「貧富の差がなくなる」というのが叫ばれていました。
しかし、実際には真逆で、社会主義国ほど金持ちとそうでない人の差が露骨にあらわれているものです。
「ネットでの価格平準化」というのも、理屈ではそうなるのかもしれませんが、現実には全くハズレとなりました。
 
カボチャは実も種も滋養分に富んでいます。
冬至の日だけでなく、積極的に摂ってきたいと考えています。
ただ、糖分が多いですから糖質制限をしている人は注意が必要かもしれません。
by: 声なき声 * 2019/11/15 14:58 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3822-4447fef0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する