FC2ブログ

11月4日(月)

私がメンバーになっている団体で昼食会があるので、参加してきた。

10人程度のざっくばらんな会合であり、しかも、昼間からお酒が飲めるというお楽しみがあるので、文字どおり遊び半分で顔を出した。

駅を降りてから道を間違えたこともあって、会場に着いたのは予定時刻の5分前である。

そそくさとテーブルまで行ったら、なんと空いている席はご来賓の目の前しかない。

そのご来賓とは市長である。

まさかご出席になるとは思ってもいなかったが、なんでもすぐ近くで公務が入っているというので、その前の空き時間を使ってご出席になられたとのこと。

仕方なく、という言い方は失礼そのものだが、市長の前の席に座らせてもらった。

30分ほどで公務のために中座されたが、そのときは、肩の荷が下りたような気がしてならなかった。

これって、一番最後に来た人間への罰ゲームなのか?

さて、今日は席運に恵まれていないようで、苦手なタイプの人がすぐ隣に座っていた。

元弁論部だけあって、とにかくよくしゃべる。

80歳目前で、大きな声を張り上げて力いっぱいしゃべるものだから、いやでもこちらの耳に入ってくるし、自然と皆の話題も彼が言い出したものになってしまう。

さすがに、元議員の人間がその場にいて、彼が持ち出した話題をうまくそらす方向に誘導していく。

助かったと思ったのは、私一人ではあるまい。

さもなければ、80歳の老人にかき回されるところであった。

そんな年齢になると、自慢話が多くて、しかも同じネタの繰り返しが目立つ。

聞いているほうも疲れてくる。

元議員が見事なテクニックで彼の話をそらせてくれたおかげで、少なくとも会費分は楽しむことができたと思う。

正午から始まった食事会は、波乱含みながらも午後3時前にはお開きとなった。

”捨てる神あれば拾う神あり”とはよく言ったものである。


20191104.jpg
昼に飲むお酒は格別においしい
20 : 20 : 50 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<11月5日(火) | ホーム | 11月3日(日)>>
コメント
こんばんは♪

元議員さんの見事なテクニック、
聞いてみたかったです。
by: きっちゃん♪ * 2019/11/04 22:27 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。
 
さすがに多くの人との接し方に長けているだけに、くだんのおしゃべりさんへの対応も絶妙です。
決して話の腰を折ることなく、一旦は受け入れてすぐ他の話題に置き換えるというのは、単に年齢のなせるわざではなく、コミュニケーション能力の一つだと感じました。
by: 声なき声 * 2019/11/05 04:35 * URL [ 編集] | page top↑
また 会合ご苦労さまでした。
と言っても 責任ある会合では無いようで
気持ちは楽だったことでしょう。

しかし・・市長さんの前とは(笑)
けれど考え方一つで
罰ゲームと思うか こんなチャンスはめったに無いと思うか

苦手なタイプの方のお隣は 
間違いなく罰ゲームでしょう(^^ゞ

80歳ともなれば 世の中の渡り方も習得して居られるので
もっと 場の雰囲気を読めると思いますけど(^^ゞ
自慢話ばかりされる方は 自己肯定感が低いと言われていますが
どんな人生を歩んで来られた方なのでしょうね。
それに比べると 元議員さんは、さすがです。

声なき声さんにとって この時間帯の飲み会は、
最高の至福の時でしたね(^^)v
by: ヨンヨン * 2019/11/05 05:13 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。
 
何のプレッシャーもなく、ノーテンキに飲んで食べて放談する集まりであったのですが、まさか市長がお見えになるとは夢にも思っていませんでした。
ただ、市長は飾らないお人柄をお持ちで、このときも、
「運転免許の更新で認知症の検査を受けて通った。もし落ちたら、次の選挙に出られなかった。」
などと、一同を笑わせる軽いお話をされていました。
言われてみれば、私自身はそんな雰囲気を間近に楽しませていただいたのですから、”罰ゲーム”なんて言ったら本当にバチが当たります(汗)。
 
昨今の様子を見ていると、高齢者ほどわがままで自己主張が強くなる傾向があるように見受けられます。
ひと頃は、年齢を重ねると人間が丸くなる、なんて言われていたのですが、今では”暴走老人”の言葉がぴったりという人も目立ってきました。
そんな老人にはならない、というのが
私の大きな信条です。
実際にどうなるかはわかりませんが。
 
私には”昼飲み”が性に合っています。
家に帰っても外が明るいですので、気持ちも前向きでいられますし。
by: 声なき声 * 2019/11/05 05:39 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちは
【自慢話が多くて、しかも同じネタの繰り返しが目立つ・・・】
主人の友人で会うたびに自分が働いていた頃の話をする人がいます。
毎回同じ内容で、毎回自分の功績というか自慢話です。
私達はこれまた毎回、初めて聞いたように相槌を打ちます。
とても良い方なので・・・(^^)/

「若者は未来に生きるが老人は過去に生きる」と聞いたことがあります。
未来のことを語り続けられるような年の取り方をしたいと思っております。
by: 窓辺 夢 * 2019/11/05 08:54 * URL [ 編集] | page top↑
窓辺 夢さんへ
こんにちは。

繰り返し、同じ話をする人への対応には私も苦慮いたします。
会社勤めをしていた頃、取引先の幹部のかたで、やはりそんな人がいました。
仕事では頭脳明晰そのものなのですが、雑談となると、若い時代に自分が苦労した話を、初めてのことのように語るのです。
それが3回続いたとき、会社の先輩にそのことを言ってみたら、
「オレなんか10回は聞いているぞ」
と笑われたものです。
その後は、そのかたには、「初めて聞いたように相槌を打つ」ようにしています。
 
ある程度気心の知れた人には、以前にも聞いたということを失礼のない言い方で伝えます。
使い分けをしているのが現実です。
 
老人の場合は、未来を語ることが困難になります。
ですから、自然と過去の話しかできなくなるのでしょう。
私も、窓辺 夢さんのように、未来を語ることのできる加齢を、意識して心がけていきます。
by: 声なき声 * 2019/11/05 09:35 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3812-ea86b4fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する