FC2ブログ

10月18日(金)

昨日はプロ野球のドラフト会議が開かれた。

会議と言っても集まって議論をするわけではなく、いわば球団が欲しい選手との交渉権をかけてくじ引きをするのである。

巨人軍のくじ引きの弱さには定評がある。

よく、「巨人はシーズン中の順位が上につくケースが多いので、くじ引きの順番が終わりのほうになるから、不利になる」といった話を聞くことがあるが、これは確率計算からすると間違っているのは明らか。

順番がどうであれ、本命を引き当てる確率は同じだ。

すると、監督の持っている運にかかっていたのか。

なんでも、巨人軍の原監督は、ドラフト当日の朝に水風呂に入って身を清めたとかどうとか、そんな話もある。

しかし、おまじないは通用しないと思う。

私自身、何らかの願掛けのときには神社に詣でたり、朝日に向かって手を合わせたりすることはあるが、それは自分自身を奮い立たせるためである。

そのことで結果が約束されるものではないことは、百も承知だ。

原監督にしたって、十分、わかっているはず。

思うに、運良くドラフトで獲得した選手が、チームの勝利に貢献してくれるかどうかは未知数である。

鳴り物入りで入団した選手が、鳴かず飛ばずで終わってしまった例も少なくない。

それよりも、実績を残している選手をトレードしてくるほうが、戦力としての期待はできる。

そう考えると、プロ志望の新人選手にとっては人生を決める意味合いを持っているドラフト会議も、球団側からすれば単なる選手獲得手段の一つにすぎないのかもしれない。

もしかしたら、巨人の原監督はそれを見越した上で、わざとハズレにしているのではないか(うそ)。

ちなみに、私もくじ運は良くない。

だから宝くじは買わないしギャンブルもしない。

10年近く前に、クレジット会社が勝手にやった抽選で3万円が当たったことがあるが、それが私の唯一の金字塔である。

そのときに、くじ運は使い切ってしまったのだろうか。


20191018a.jpg
ネットで結果を見ていても会場の緊張感は伝わってくる
20 : 20 : 56 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<10月19日(土) | ホーム | 10月17日(木)>>
コメント
こんばんは♪

私もくじ運はないと思います。
宝くじは買いません。

テレビでヤクルトの古田元監督が
くじの選び方を話されていました。
by: きっちゃん♪ * 2019/10/18 21:32 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
こんばんは。

プロ野球の監督であるなら、くじ運にこだわるよりも、選手指導に熱心になるほうが生産性が上がると思います。
水風呂に入るよりは、よほど確実な方法ではないでしょうか。
by: 声なき声 * 2019/10/18 21:37 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
野球に興味が無いせいか 最近高校野球で活躍した選手の
名前も分からないので ドラフト会議で
誰が指名されても まったく分かりません。

地元出身の選手も居るようで
テレビの取材を受けている人の映像が流れていましたが
それさえ分からない名前でした(^^ゞ
私の分かる時期と言えば
野茂 江川 松井 松坂 あたりまででしょうか(^^ゞ
随分 昔の事です(笑)

原監督の水風呂の事は、報道で知りましたが
気合を入れる為だけで くじ運には関係ないでしょう(笑)

十分に考慮して選んだ選手が
運良く クジに当って 球団に入ってくれても
その後 十分な活躍をしてくれるとは限りません。
高校野球では、通用した力が プロで通用しない事も有るのでしょう。

私は、くじ運は、まったく悪いと言う事も無いのですが
特等が引けるかと言えば そうでも無く
中途半端な 当たりしか引けません(^^ゞ
年末ジャンボでは、特別企画の1万円が当たったりしてますが
10万とか100万とか当たりません(^^ゞ

クジ運は 勉強したり 努力で 身に付くものでは無いのですが
統計を取って行くと 何らかの法則があるのでしょうか
有るとすれば 知りたいものです(笑)
by: ヨンヨン * 2019/10/19 05:16 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

私も自分に縁のない世界のことは全くわかりません。
俳優や歌手、アイドルなどは全く無知そのものです。
せいぜいがネットニュースでスキャンダルを読むぐらいのものですから(汗)。
ですから、紅白歌合戦の出場者などベテラン以外は名前を聞いてもピンときません。
 
ドラフトで引き当てた選手が、活躍どころか不祥事を起こして退団などという事件も、過去にはありました。
なまじ当てなかったほうが良かった、ということになります。
未来に起こることは、誰にも予想がつきませんからね。
 
30年ほど前に、勤務していた職場で、グループで買っていた宝くじで30万円というのがあったそうです。
当時のことですから、それなの値打ちはあったことと思いますが、それでも10人ぐらいの集まりですから、一人に分配すれば3万円です。
いくら当時であっても、大当たりとは言いがたいでしょう。
by: 声なき声 * 2019/10/19 05:31 * URL [ 編集] | page top↑
ドラフトはパ・リーグが圧倒的にくじ運がいいですね〜
奥川くんはヤクルトで良かった気がします。
てか、巨人はお金でほしい選手を取るからドラフト関係ない気が…(笑)
by: みさと * 2019/10/19 07:33 * URL [ 編集] | page top↑
みさとさんへ
なぜかパリーグはドラフトに強いです。
巨人の場合、ドラフトはさほど大きな意味合いはないと私も思っています。
「お金で」と言われると辛いものがありますが(汗)、「人気球団だから」だと自分なりに解釈しています(笑)。
by: 声なき声 * 2019/10/19 07:46 * URL [ 編集] | page top↑
新人の監督さんがくじ運強いような印象でした。
逆にそれで運を使ってお終いにならないように、育成のほうもしっかり責任全うして欲しものです。

大学生や社会人は即戦力で使えますが、高卒ルーキーは体力づくりから始まるので時間もかかります。
桑田投手のような選手は稀ですね。

メジャーリーグという更なる夢ができたからでしょうか、最近は指名された球団へすんなり入団するようになりました。
江川問題も懐かしくなります。
by: ライラ * 2019/10/19 09:41 * URL [ 編集] | page top↑
ライラさんへ
高校生の場合、入り口の部分で「金属バット」と「木製バット」の違いで躓かないようにしなければなりません。
とりわけ、バッターの場合は使い勝手が全く違いますので、予想外に手こずったとの事例は多いようです。
 
”江川問題”を知らない世代も多いことと思います。
当時はプロスポーツと言えば野球がダントツの花形でしたから、政治家も乗りだすほどの大騒動になったものです。
なつかしい言葉でした。
by: 声なき声 * 2019/10/19 09:48 * URL [ 編集] | page top↑
金満体質の球団が有力選手を一手に抱えるのはまずいから導入された制度だけど、ほしい選手の交渉権を得ても本人がいやだ、と言ったらそれまでなんですよね。
そういえば韓国企業ロッテが交渉権を得た佐々木何某って選手はキムチ料理やニンニク料理が大変苦手らしくて、キャンプとかでどんな料理をだすかによっては決裂するのではないかと俺はわくわくしながら続報を待っていますw
好き嫌いは誰にでもあり、これは運じゃない、必然なんだな、と。
by: てかと * 2019/10/19 13:23 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
プロ選手の食事には、各球団とも慎重な配慮をしているようです。
必ずしもオーナー企業の出身国の流儀でメニューを作ることはないと思います。
ニンニクを使った料理は味を引き立てることになりますから、本当はおいしいはずなのですが。
by: 声なき声 * 2019/10/19 14:29 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3795-987c9388
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する