FC2ブログ

10月16日(水)

昼食後、おなかの具合がよろしくなかった。

一過性のものだと思って散歩に出かけたが、歩いている間に徐々に腹痛と下痢のきざしが出てきた。

駅前の商業ビルで休憩できるところがあり、もちろんトイレもあるのでそちらで用を足した。

それが引き金になったのか、痛みはつのり、何度もトイレに駆け込まざるを得なくなった。

防犯カメラで見られたら、”怪しいヤツ”認定されるのは必至。

家に帰って横になろうと思ったのだが、痛みと便意と脱力感で動き出そうという意欲がわいてこないのである。

椅子席ですわり、不快感に耐えながら時間の経つのを待っていた。

何回かトイレに行って、少しは気持ちが楽になったので、タクシーでマンションまで帰ることにしたのである。

うまいぐあいにそのビルの入り口前にはタクシー乗り場があり、たまたま1台のタクシーがとまっていた。

若い運転手さんで、私の様子を見て”異変”に気づいたようだ。

こちらから
「体調が悪くなって家に帰ることにした。近くで申し訳ないが〇〇マンションまでお願いしたい。」
というと、事情が呑み込めたのか、納得したような顔をした。

その間、不要な語りかけは一切せず、文言は忘れたが私の体を気遣う言葉をかけてくれた。

若いとはいえ、ちゃんとわきまえた人物だと思った。

日本の未来には希望が持てる。

部屋に入るや、すぐにパジャマに着替え、布団を敷いた。

身のまわりの品は、ブルゾンや財布、買い物袋、タクシーのおつりなど、何も考えずにテーブルの上に置いた。

とても、整理整頓をする気力なんてなかったのである。

だから、布団の中に入っただけで、蘇生したかのような気分に浸った。

生死の間をさまよった後の解放感かもしれない。

下痢は相変わらずだが、痛みは急速に引いていったのがありがたい。

おおよそ4時間ほど横になっていて、時々、眠りにも入った。

睡眠をとったのがよかったのか、痛みも脱力感もすっかり消えてしまい、下痢の回数も極度に減った。

さすがに食欲は全くないが、それでもお腹がすいたので、いいのか悪いのかわからないが、バナナ1本だけを夕食にしたのである。

おそらく、明日には完全復調しているはずだ。

この大惨事の原因は、昼に食べた鶏レバーのような気がする。

昨日の昼に炒めたものだが、いつもは細かくレバーをちぎるところを、今回はあまり細分化しなかったのである。

そこで、中のほうまで火が通っていなかったものがあって、たまたまそれを口にしたのではないか、と思っている。

しばらくは、レバーは”出入り禁止”にする。

いずれにしても、こんな体験は二度としたくない。

 
20191016.jpg
ワンメーターで済んだのが不幸中の幸いだ
20 : 20 : 43 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
<<10月17日(木) | ホーム | 10月15日(火)>>
コメント
こんばんは♪

大変でしたね。
眠って治ってきたのはよかったです。
お大事になさってください。
by: きっちゃん♪ * 2019/10/16 22:29 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。
 
眠って目ざめたときは、ウソのように不具合は消えていました。
時間こそ一番の良薬だとつくづく感じました。
ご心配をいただき、申し訳ございません。
by: 声なき声 * 2019/10/17 05:06 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
大変な事でしたね(>_<)
タクシーを使っても早く帰宅され休まれた事は良かったと思います。

大きな原因では無く 一過性の下痢なら
全部出てしまえば 治ると思います。
下痢 嘔吐は、体力を消耗しますから
倦怠感が激しくなりますね。
白湯を飲んで 水分補給が必要ではないでしょうか。

レバーは、充分な加熱が必要でしょう。
管理された調理で生を食べるのは 良いですが、
中途半端な半生は、そんな事が起こる可能性がありますね。
フライパンだけでは、中まで火が通らない事も有り
私は、少しだけレンジで火を通してから炒めています。

大事に至らなくて良かったです。
お大事にお過ごしください。
by: ヨンヨン * 2019/10/17 05:09 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。
 
出先からマンションまでは上り坂ですので、これは無理だと思いました。
フラットな道であっても、相当に厳しかったのではないでしょうか。
 
たぶん、菌が出てしまえばそれで終わりだと思います。
体力は相当に使ったようで、昼間に長く寝たのに晩もぐっすりと眠ることができ、朝まで1回しか目さめませんでした。
熟睡でした。
 
レンジ加熱してからフライパンで炒めるという方法は知りませんでした。
当分はレバーを食べることはありませんが、ほとぼりが冷めたころには、その手順をとってみます。
貴重な情報、ありがとうございます。
 
昼に苦しんだのに、夜にはネットアクセスができるようなレベルにまで回復しましたので、助かりました。
健康には自信があっただけに、油断禁物だと肝に銘じています。
by: 声なき声 * 2019/10/17 05:20 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます。
あらあら、それは災難でしたね。

レバーは可能性が高いですね。豚肉とかもそうだけど雑菌が多いのでよく加熱しないと体力のない人は下痢をするそうですよ。でもレバーは加熱しすぎるとパサパサで美味しくないのですよね。w

なので私はカットレバーを両面焼いてから一回引き上げ、そのフライパンでそのまま他の野菜を炒めてから最後にレバーを混ぜ、最後にレバーを温めるために少しだけ加熱するようにしています。そうするとレバーは引き上げた時の余熱でほぼ火が通り、炒めすぎてパサパサになることもありません。

ちょっと手間ですけど、このほうがレバーの焼き加減を調整できるからいいですよ。
by: ひまわり * 2019/10/17 10:30 * URL [ 編集] | page top↑
ひまわりさんへ
おはようございます。

はい、本当に思いもよらぬ災難が降りかかってきました。
 
おっしゃるように、レバーを焼き過ぎると風味が無くなってしまって味わいが大きく減少してしまいます。
レバーの醍醐味がありません。

夏の間は慎重になって、焦げができるほど加熱をしていたのですが、秋になって気を許したのかもしれないと、反省しています。

ましてや今回に限り、あまり細かく切断しなかったのも、芯のほうまで火が通らなかった可能性があります。
 
ひまわりさんにお教えいただいた方法を頭に入れておきます。
ありがとうございました。
by: 声なき声 * 2019/10/17 10:39 * URL [ 編集] | page top↑
火入れが甘かった鶏レバーを断罪してますが風邪かもしれませんね。
お大事になさってください。
by: てかと * 2019/10/17 13:16 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
たぶん風邪ではないと思われます。
寒気は全くありませんし、鼻水も出ていません。
何より、今日は朝から元気が充満していますから。
by: 声なき声 * 2019/10/17 13:50 * URL [ 編集] | page top↑
 それは災難でしたネ。
大事に至らなかったのが何よりです。
食べ慣れない物でお腹を壊すと言うこともある様ですが、そうでは無さそうですネ。
お大事に
by: nekochan59 * 2019/10/17 18:43 * URL [ 編集] | page top↑
nekochan59さんへ
振り返ってみれば、たったの4,5時間ばかりのことで、さしたることでもありませんでした。
ただ猛烈に腹痛に苦しんでいるときは、地獄を味わいました。
夜になると、すっかり体調も戻って、あの騒ぎは何だったのかと、自分に問い直していたほどです。
お気遣いをいただき、ありがとうございます。
by: 声なき声 * 2019/10/17 18:50 * URL [ 編集] | page top↑
イオン飲料
大変でしたね。
お見舞い申し上げます。
直に治って良かったです。
お大事になさって下さい。

ところで、下痢したときは、身体が水分不足になっています。
常温でイオン飲料をオススメします。

私はドラッグストアーで 粉末のイオン飲料を買って常備しています。
いる分だけ水(ぬるま湯)で作れば良いので無駄がありません。
風邪を引いて熱があるときも、飲む点滴としてオススメです。
パソコンクラブでお教えして喜ばれました。

by: パープル * 2019/10/18 23:51 * URL [ 編集] | page top↑
パープルさんへ
ありがとうございます。
 
3時間ほどは地獄をさまよった思いです。
生きた心地がしませんでした。
いっときだけで済んで、心から安堵しています。
 
以前から、軽い下痢のときには、ポカリスエットを飲むようにしていました。
ただ、今回は自動販売機のところまで行く元気もなく、マンションにたどり着いて布団を敷くのが精一杯でした(汗)。
”粉末のイオン飲料”というのはいいアイデアだと思いました。
確かに無駄がありませんね。
アドバイスに感謝します。
by: 声なき声 * 2019/10/19 05:01 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3793-b74afdbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する