FC2ブログ

10月7日(月)

テレビも映画も見ない人間であるが、ネットでニュースサイトやブログなどを見ていると、旬の話題は何かぐらいはわかる。

たとえば、映画の『記憶にございません』が上映中であることは、知識としては持っている。

ごく大まかな粗筋や中井貴一さんが主演であることも承知だ。

このタイトルの『記憶にございません』は、今はなき小佐野賢治氏が証人喚問で答弁したとされている言葉から来ているものだと思う。

私よりも上の世代の人であれば、まずどなたもご存じだろうと思う。

国会に小佐野さんがロッキード疑惑の証人として呼ばれたときに、追及を交わすために「覚えていません」との意味で繰り返し使ったフレーズだ。

昭和51年2月当時、私は卒業前で一応は単位もとれていて、運転免許の取得が最大の関心事の時期であった。

教習所の休憩室にあるテレビでそのニュースを見ていたことを覚えている。

その頃のテレビ番組は、ほとんどが証人喚問の様子を取り上げていた。

視聴者の関心も高く、これなら視聴率がとれるとのテレビ局の読みがあったのだろう。

『記憶にございません』の語句はテレビからいやというほど聞かされたものである。

その頃の流行語となったばかりか、今でも都合の悪い質問から逃げる場面ではよく使われているほどだから、すっかり定着していると思う。

ただ、重箱の隅をつつくような話だが、実は、小佐野さんは「記憶にございません」とは一言も発していないのである。

その証人喚問の際の議事録を見ると、どこにもその発言はない。

出てくるのは、
「記憶ございません」と「記憶ございません」
がそれぞれ3回ずつである。

助詞が一文字違うだけの話ではあるが、厳密な意味では間違いだということになる。

かく申す私も、小佐野さんは
「記憶にございません」
と語ったものだと、長い間、爪の先ほども信じて疑っていなかった。

昭和51年当時、報道に携わっていた人や視聴者が、皆が皆、聞き間違えていたというのだろうか。

自分自身も当事者でありながら、それが不思議でならない。

ちなみに、今に至るも絶大な人気を集めている長嶋名誉監督が現役引退のセレモニーで
「巨人軍は永久に不滅です」
と語った部分を
「永遠に・・・」
と、誤って理解している人も少なくない。

人間の記憶というのは、とかく不安定なものである。



「永遠に」の言葉のほうが私には美しく響く

 
20 : 20 : 56 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
<<10月8日(火) | ホーム | 10月6日(日)>>
コメント
こんばんは♪

「記憶にございません」といいう言葉、
しっかり記憶しています(*^▽^*)
でも、言ってなかったんですね。
初めて知りました。
by: きっちゃん♪ * 2019/10/07 22:04 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。
 
当時は”新語流行語大賞”というのはなかったのですが、もしあれば文句なしに大賞をとっていたに違いありませんね。
by: 声なき声 * 2019/10/08 05:05 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
小佐野賢治氏の証人喚問の答弁ありましたね。

「記憶にございません」
私も そのように記憶しています(笑)
当時の新聞 メディアもそのように伝えていたのだと思います。

調べてみないので分かりませんが
助詞が一文字違うだけでも 意味が違う事も有るでしょう。
そこが、日本語の難しい所ですね。

そこまで正しい日本語を使っている人も居ないでしょうから
大きな誤りでなければ、言わんとして居る事が
伝われば良いと思います。

テレビは、ジャンルを問わず 比較的見る方ですが
これって変じゃない?と思える言い回しもあります。
特に お笑い関係では、めちゃくちゃな言葉を使っていますね(>_<)

当時は、証人喚問も珍しかったと思いますが
最近は、何でも 証人喚問証人喚問と
国会に呼ばれます(^^ゞ
そこでの発言は「記憶にございません」
もう聞きなれた言葉になりましたね。

長嶋名誉監督の引退のセレモニーでの言葉
「永久」と「永遠」は、少し意味が違うと思いますが
「巨人軍は永久に不滅です」と言った長嶋名誉監督の
心の中は、推し量る事は出来ません。
by: ヨンヨン * 2019/10/08 05:18 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

実際のところ、「記憶にございません」のほうが語感としては自然な響きがあるように思います。
そして、意味やニュアンスもほとんどかわりませんし、目くじらを立てるような間違いではないのでしょう。
単に一文字が違っているだけですから。
 
私はテレビを見なくなってから半年近くなりますが、「変な言い回し」を耳にすることがなくなったのは、大きな成果の最たるものだと思います。
知らないからでしょうが、言葉を間違って使っている出演者が少なくありません。
日本語がゆがめられていくような気がして、「放送禁止」にしてもらいたいと思うようなときもあります。
「お笑い関係」だけにとどまらず、あらゆるジャンルで見られる現象ですが、それを見た若い人が正しい表現だと誤解して使っていきますので、より広まっていくのだと思います。
 
引退時の長嶋さんの胸中には、実にさまざまな思いが行き来していたものと思います。
小学校のときから彼に憧れていて、その影響でいまだに巨人軍を応援している私にとっても、たとえようもないほど大きな出来事でした。
こだわるようですが、いまだに、「永遠に・・・」と言ってほしかったなとひそかに思っています(汗)。
 
by: 声なき声 * 2019/10/08 05:37 * URL [ 編集] | page top↑
ロッキード事件ですね。私が小学生の頃、裁判がやっていて小学生ながら「おしょくじけん」ってなんや?って思いました。話の流れで贈収賄ということは分かるのですが「お食事券」だと思い込んでいたことを思い出します。忘れたい過去ですね。記憶にございません、とは言い難し(赤面)。
by: TORU * 2019/10/08 07:49 * URL [ 編集] | page top↑
TORUさんへ
「おしょくじけん」のギャグは私も聞いたことがあります。
実際に両者を間違えた人もいたとか。
一応は大人であった私は、事件のキーパースンのひとりの”コーチャン”が印象に残っています。
日本人にもありそうな名前ですので、友人たちとの会話ではネタとしてよく出ていました(笑)。
by: 声なき声 * 2019/10/08 07:53 * URL [ 編集] | page top↑
記憶にございます
ロッキードも長嶋さんのスピーチもリアルタイムで知っている世代です。
特に長嶋さんの永久はよく覚えています。

伝言ゲームでは助詞が少しずつ変わっていき、最後はまったく違う伝言になります。
あのゲーム考えた人はすごいですね。
会社でも同じような研修を受けたこと、
記憶にございます
by: ライラ * 2019/10/08 10:31 * URL [ 編集] | page top↑
ライラさんへ
伝言ゲームという虚構の場でなくても、実際の会社の業務の中で「言葉」が変わってしまった例は少なくありません。
新製品の紹介に行かせた部下から、「○○商会さんでは、あれは高いと言われました」
との報告を受けたことがあります。
その商品というのは、仕様を下げると同時に思い切り安値設定をしたものなのです。
彼の話をじっくり聞くと、お得意さんから「いい値段だ」と開口一番に言われたとか。
どうやら、彼は「いい値段」を”高い”と解釈したようでした。
この場合は、コミュニケーション能力云々の問題ではなく、常識の問題ではないかと思ったのですが、もちろん口には出しませんでした(汗)。
いまだにこの一件は、記憶にございます。
by: 声なき声 * 2019/10/08 11:06 * URL [ 編集] | page top↑
>映画の『記憶にございません』が上映中であることは、知識としては持っている
知りませんでした!
邦画への関心なさすぎだったかもしれない。空母いぶきがひどい出来だったのは話題になったのですぐ知ったんですがw
今はスマホにすらボイスレコーダーとかあるから、裁判記録としても使われるし記憶にないとか言い訳にならないんですよな。
発言は慎重にして大胆にしないといけませんね。
長嶋さんの話だと擬音だらけの天才表現が多すぎて教えるのは下手だったみたいなエピソードは覚えてるんですが・・・あれも真実だったのだろうか、と。
by: てかと * 2019/10/08 12:56 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちは。

今回の記事とても面白く拝読。
そして目からウロコでした!

教えて頂いて有難うございました。
by: パープル * 2019/10/08 14:04 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
アマゾンプライムで配信されたとき、見ようと思っています。
気の長い話ですが。
 
最近は各種ツールが発達したことによって、簡単に録音を撮ることができるようになりました。
パワハラ事件など、それが証拠として採用されています。
なんでも、携帯電話での通話もすぐに録音ができるとか。
「言った、言わない。」の空疎なやりとりをする必要がなくなってしまうかもしれません。
by: 声なき声 * 2019/10/08 16:42 * URL [ 編集] | page top↑
パープルさんへ
こんにちは。
 
お役に立てたようで、私もうれしく存じます。
ありがとうございました。
by: 声なき声 * 2019/10/08 16:49 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3784-ab9e52d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する