FC2ブログ

10月5日(土)

マンションの建物設備点検が行われた。

私のマンションでは、一級建築士が入居者に説明をすることとなっている。

昨年にも開かれていたのだが、入居して1年目ということもあり、全く関心はなかったし、実のところ必要性も感じなかった。

だからサボった。

今年は、役を受けたということもあるが、自分の住んでいるマンションのことを少しでも知りたいとの思いがあって、管理会社からの案内を見たと同時に、参加を決めていた。

どこに何があるのかわからないのであれば、万が一火事でも起こった場合、何をすればいいのか右往左往するしかない。

最低限の備えをしておくためにも、知識を持っておきたいと考えて参加した。

集合時刻の午後3時に所定もの場所に行くと、今年の役員が3人、そして、去年の理事長と一昨年の理事長まで来ていた。

どうやら、毎回、その年度の役員だけが参加しているらしい。

去年の理事長が来ることは、察しの悪い私でも予測していた。

「来るな」と言われても参加するはず。

一昨年の理事長は、おそらく前理事長に声をかけられてやってきたのだと思う。

不審に思ったのは、このイベントの招集をかけた管理会社の担当者の姿が見えなかったこと。

「遅れますので先に始めておいてください」とのメッセージがあったらしい。

なんでも、午後3時集合を決めたのは彼だという。

先日の理事会や決裁書類捺印の際にも遅刻して、そのほとぼりが冷めない間に、また遅刻したのだから姿勢を疑われてならない。

結局、20分遅れでようやく到着した。

屋上から一階までを隈なく一級建築士が点検して、不明点があればわれわれが質問するという形で、約1時間半で終了した。

大規模修繕の直後だけに、建物や設備そのものの問題点はほとんど皆無で、たとえば共用廊下に自転車が放置されたままとか、やはり共用部に雑草が伸び放題になっている点を指摘されたぐらいである。

優秀な成績で合格した、というところだろう。

最後に参加者一同で記念撮影をして、お開きとなった。

何も知らない私にはいい勉強になったことは言うまでもない。

それにしても、管理会社の担当が再々遅刻するのには言葉がない。

他の理事会メンバーは「いつものことですから」と寛容な姿勢を見せているが、その甘さが彼の緊張感を弛めているのだとしたら、われわれの側にも責任があることになる。


20191005.jpg
ドレインの穴がふさがっているからか、水たまりができている
20 : 20 : 02 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<10月6日(日) | ホーム | 10月4日(金)>>
コメント
 市役所でパートをしていた時のこと。封筒の仕入れ業者がたまに来るのだけど、その要領の悪い事。窓口業務の傍らに受けるので、その間、手続きに来た人を待たすことになります。
「え~と、見積もりは…あれ、ないな、どこだろう?」
 などと言って10分くらいもたもたしています。正職員の人は、
「あの人は仕方ないのよ」
 なんて言っているけど…
 ある日、意を決して言ってやった。
「市民の皆さんが待っているんですよ!はじめからきちんと封筒にでも入れて来ればいいんです!あなたを待っている訳には行きません!次の方、どうぞ~♡」
 その次から、彼はきちんと書類を封筒に入れてくるようになりました。
 管理会社の担当の遅刻、上司に言うのがいいのでは?
 
by: ひねくれくうみん * 2019/10/05 21:43 * URL [ 編集] | page top↑
こんばんは♪

マンションっていろいろあるんですね。
それにしても、その管理会社の人は困ったものです。
皆さん、甘いです。
by: きっちゃん♪ * 2019/10/05 21:44 * URL [ 編集] | page top↑
ひねくれくうみんさんへ
市役所への納入業者としては、あまりにも気配りができていませんね。
お役所での仕事をしたがっている業者は星の数ほどありますので、本当ならば他社との競争に負けてしまって土俵にものぼれないはずです。
くうみんに一喝されて態度を改めるというのは、その担当者の職業人生にとっては必ずプラスになったと思います。
 
管理会社の担当者はあまりにも仕事を大量に抱え込んでいると聞いています。
オーバーワークの状態にあることを管理組合の役員はみな承知していますので、今まで注意してこなかったのではないかと推測しています。
ただ、それが当たり前になってしまってはいけませんので、何とか修正させる方向を模索中です。
by: 声なき声 * 2019/10/05 21:53 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
こんばんは。
 
もし自分がその担当者の立ち場であったらどうするかを考えてみたとき、おそらくは会社に対して、マンション担当を他の人にもサポートしてもらうように働きかけるだろうと思います。
これを”逃げ”と見られるかもしれませんが、顧客に迷惑をかけることが明白であるならば、恥を忍んでも担当数を減らしてもらうように、あるいは誰かのサポートを取り付けられる道を選びます。
 
自分ですべてをやろうとすると無理が出てくるものです。
これで3回連続の遅刻ですから、本人が気づいてもよさそうなものですが。
by: 声なき声 * 2019/10/05 22:00 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
マンションの説明が有ると言うのは
管理がしっかり出来ていると言う事で良い事ですね。

自宅のバルコニーなどの問題は
住んでる方の責任でしょうけど
指摘されたような
共有部分の管理は、どこがやるのでしょう。
理事会などで 整備班等の役を作って
外回りの管理などをしなければならないのでしょうか
それらすべて管理会社がやるのは 無理があるでしょう。

昨年の理事長さん 一昨年の理事長さんの
参加は、住人でしょうから 良いですが
管理会社の担当者の遅刻は いつもの事でしょうけど
仕事に関しては あまりにもルーズ過ぎます(>_<)
仕事を大量に抱えているは、理由にはならないでしょう。

長年 「いつものことですから」で容認されて来たので
ご本人も いつもの事で 済んでいるのでしょう。
この悪い流れを変えるのは 住人の責任かも知れませんね。

けど・・誰が猫の首に鈴を付けに行くか
イソップ寓話のような事です(笑)
by: ヨンヨン * 2019/10/06 05:18 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

この点検は法令で定められたものではなく、あくまでも当マンションが自主的に行っている性質のものだそうです。
「管理がしっかり出来ている」ということを実感しました。
住民のほうからの質問にも、その一級建築士の人が的確に答えてくださいましたので、私のように事情の全くわからない人間には非常に参考になったと喜んでいます。
 
共有部分の管理については、まさに点検会の場でも問題になりました。
バルコニーや専用庭の整備については、管理規約で明確に住人側の責任と記されているのですが、建物の横の部分の雑草抜きについては、誰の責任かが決められておりません。
かつては管理人が抜いていたこともあったようですが、いまは放置されていて、雑草が伸び放題の場所もあります。
本来は隣接している住民が自主的に対処すべきだと、私などは考えています。
 
担当者を見ていて気の毒になることもあります。
おそらくは他のマンションからも文句を言われているはずです。
結局は声の大きい顧客の言うことに従っているのが現実ではないかという気がします。
漏れ聞く話によりますと、その管理会社では年々”効率化”を進めてきており、可能な限り少ないスタッフで業務を展開していく傾向があるとのこと。
ですから、個別の管理組合の細かい要求には対応していられないのが実情のようです。
客にとっては、サービスの低下にほかなりませんが。
 
今月も理事会がありますので、そのときの様子を見てみます。
彼がいなければ資料がありませんので理事会も始められません。
あまりに目に余るようであれば、それは担当者個人の問題ではなく、管理会社としての対応の問題となってくると思います。
by: 声なき声 * 2019/10/06 05:38 * URL [ 編集] | page top↑
その遅刻常習者が息子や養子、孫などの親族でまだ見込みがある子供の内なら叱ればいいとは思います。
それ以外ならどうでもいいかと。
by: てかと * 2019/10/06 13:05 * URL [ 編集] | page top↑
彼が来ないことには、少なくとも理事会は始められませんし、決裁書類に捺印することもできません。
現状のままで放置すると、われわれに被害が及ぶのです。
悩みどころは、彼が意欲的でり、実務能力も持っている点にあります。
もし、彼が怠慢で無能な人物であれば、”担当替え”を管理会社に要求するだけのことです。
by: 声なき声 * 2019/10/06 16:45 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3782-eb2d1b39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する