FC2ブログ

9月24日(火)

妻から話があって、「年末年始はホテルで過ごす予定で考えている」と。

言葉には出さなかったものの、私もその選択は間違いないと思った。

昨年と同じように、大晦日から年明けの2日までは家を空ける形になる。

去年は娘一家だけであったが、今年は息子ファミリーも合流するので大集団だ。

もし自宅で新年を迎えるとしたら、妻の負担があまりにも大き過ぎる、というのは間違いない。

小さい子供用の布団も用意して、帰ったあとはその洗濯もしなければならない。

また、毎日の料理の準備が大変である。

娘や嫁が手伝ってくれるとはいえ、二人ともまだ幼児の面倒を見ている立場なので、フルにサポートするわけにはいかない。

特に嫁など、せっかく日本に帰ってきたばかりなのに、正月早々から家事のお手伝いをさせられるとなると、「アメリカのほうがよかった」ということになりかねない。

お正月だからというので、日常とは違った味わいを期待するのは当然だし、合計10人もの頭数を収容する場所すら見当たらない。

その点、ホテル暮らしであれば、その辺の煩わしさは全くない。

妻だけでなく、全員が上げ膳据え膳の世界を満喫できる。

お正月であれば今年1年に向けての英気を養うとの意味合いもあって、少々の贅沢をしても罰は当たらないと思う。

それに、おせちを注文しなくて済むから、その分の費用は浮いてくる。

なんでも、妻は神戸のほうのホテルを考えているようだが、おそらく、この時期だからすでに予約を入れているような気がする。

今後は、年末年始はホテルで、というのがわが家のパターンになるのかもしれない。


20190924.jpg
喪中ではないお正月というだけで華やいだ気分になる
20 : 20 : 24 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<9月25日(水) | ホーム | 9月23日(月)>>
コメント
こんばんは♪

年末年始をホテルで…
近場ですよね?
それいいですね。
若い頃、2回ほど年始に旅行へ行きましたが、
移動で疲れました。
by: きっちゃん♪ * 2019/09/24 21:25 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
こんばんは。

神戸だと近いですので、移動も楽です。
小さい子供がいますので、”部屋でゆっくり”はできないと思いますが、出来る限りのリラックスをしたいと思っています。
by: 声なき声 * 2019/09/24 21:31 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
息子さんも帰国されて ご家族で過ごす
お正月は、楽しみですね。
それも 温泉と言う 日常と違う場所ですから
味わい深いお正月になる事でしょう。

ご実家へ全員集合ですと 迎える側も
準備後始末が大変ですし、
訪れる側も 勝手の分からない家での
お手伝いは戸惑いますから 良い計画ですね。

我が家でも泊まっては行かないものの
時々 全員集合で 夕食をして、
外からお料理を取っても 準備が大変ですし
後片付けも お嫁さん達が手伝ってくれても大変です。
その点 外食だと楽です。

ずっと昔のお正月は、義実家で過ごして居ましたが
お義母さんは、大変だったと思います。
食べた物の片づけは、全員でしていましたが、
お布団の後始末 日頃使わない食器の片づけは、
私達が帰ってからの仕事ですから、
お義母さんが年を取られてからは、ホテルに泊まってました。

その後 お正月は、私たちはスキー場で過ごすようになりましたから
お正月の義実家訪問は無くなりました。
お琴の音が流れるひんやりしたホテルでのお正月は
今でも 懐かしい感触として残っています。
お正月の宿泊の予約は、夏の間にしないと
取れなかったので、そうですね。今頃からでしょうね。

みなさんにとって良い思い出になる
お正月だと思います。
by: ヨンヨン * 2019/09/25 05:26 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

久しぶりに、一家全員が顔をそろえて新年を迎えることができそうです。
娘や息子が家庭を持っていない頃であればそれが常識であったのですが、独立してしまうとなかなか思うようには行きません。
ましてや孫ができるようになると、ある意味、三世代が一堂に会して新しい年を祝えるのは、いまどき珍しいと言えるかもしれません。
 
嫁などは、夫の家に行くとなると、戸惑うことばかりだと思います。
どこに何があるのかもわかりませんし、気を遣う部分が多過ぎます。
年明け早々から神経をすり減らすことを強いるのは、あまりに気の毒です。
実際には、わが家でも娘や息子が帰ってきたときは、外食をすることのほうが多いです。
 
義父母が高齢になってきたら、子や孫たちを迎えてのお世話というのは想像を絶した労苦があることでしょう。
とりわけ、負担は主婦のほうにほとんどかかってしまいます。
ヨンヨンさんがホテルに泊まられた気配りは、お義母さんにも必ず伝わっていたに違いありません。
 
妻が本命にしていたワンランク上のホテルは、「半年前に予約が埋まってしまう」そうです。
実家近くで行われる花火大会のときなど、1年前から近隣のホテルの予約が埋まってしまうと聞きました。
何ごとによらず、準備は早くからやっておかなければならないのですね。
 
来年は喪中のしばりもありませんので、気兼ねなく新春を祝えることと楽しみにしています。
by: 声なき声 * 2019/09/25 05:49 * URL [ 編集] | page top↑
初めまして
初めまして。
よくいらして下さって有難うございます。

プロフィールのアイコンを見ると女性ですが 文体は男性だと思っておりました

やはり男性でいらっしゃるのですね

ご家族でお正月をホテルでお過ごしになること それができれば 親にとっても子供たちにとっても それが一番だと思います
お楽しみですね。(^^)/

つかぬ事をお伺いいたしますが
こんな時の費用って 各自持ちですか?
それとも親負担なのかしら?

素朴な質問  m(_ _;)m

私も父がおりました時は お正月はいつも
ホテルで過ごしておりました

by: パープル * 2019/09/25 11:21 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちは。
コメントをいただき、ありがとうございました。
 
曖昧なイラストで大変に申しございません。
一応、男性に分類されております(汗)。
 
費用に関しては、すべて親が持っています。
厳密に申しますと、家計は妻も私も一緒にしていますので、家の預金から出しております。
私の小遣いからの負担は1円もありません、自慢にはなりませんが。
 
家庭の主婦にとっては、子や孫が集まるお正月は体力と気力の勝負といった側面があるようです。
ホテルで新年を迎えるのは2年連続になりますが、私は定着させていきたいと思っています。
by: 声なき声 * 2019/09/25 11:45 * URL [ 編集] | page top↑
うちも温泉旅館に正月泊るとかってプランを考えたこともあるんですよ。
草津とか。
でも、正月も普段と同じものを食い、普段と同じ生活をするって生活習慣を改めちまったので盛り上がらないというかw
そちらは派手に命の洗濯をなさってください。
酒も飲まないとかしけたハレの日ですよ。気はやいですがよいお年をw
by: てかと * 2019/09/25 13:50 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
お正月は、朝ご飯も食べるつもりですし、一日三食の形をとります。
もちろん、新春を祝ってのお屠蘇もいただきます。
普段はご禁制の食事も、この期間だけは許してもらえると、自分勝手に考えております。
一家団欒を心から味わえる絶好のチャンスだと、心の底から期待しているのです。
by: 声なき声 * 2019/09/25 14:33 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3771-23784fdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する