FC2ブログ

9月22日(日)

大相撲九月場所が幕を閉じた。

御嶽海関が決定戦の結果、見事に優勝を決めた。

なお、毎回、千秋楽は取り組みが終わった後も、最後まで見るようにしている。

アベマTVなら、表彰式が終わった後も、”神送りの儀式”まできちんと伝えてくれる。

さて、見るたびに疑問に思っていたのが、それは儀式として行われる”出世力士手打式”のことだ。

”出世”とはいえ、序の口といえば一番下の階級であり、これから先はまだまだ長い道のりである。

ただ毎月の給料はもらえないものの、お手当は支給されることになる。

第一、番付に自分の名前が乗るのだから、大いに励みになるのは確かだ。

ようやく序の口になれた若い人が土俵に上がり、そこでお神酒をふるまわれるならわしが”出世力士手打式”である。

今場所は一人だけであった。

いつもそうだが、これから序の口に上がるというのだから、年齢は若い人ばかりのはずだ。

中には幼顔そのものの人もいる。

たぶん、みな、未成年ではないか。

すると、未成年者にお酒を飲ませてもいいのか、という問題が出てくる。

まさか、儀式で使うお神酒を”水”で代用するとは考えられない。

神道儀式なのだから、やはりアルコールの含まれたお酒だと思う。

だとすると、たとえ少量であってもまずいのではないか。

法治国家において、公然と法律違反が行われているのであれば、これはゆゆしき問題である。

考えられるのは、未成年の力士にはあらかじめ、「飲むマネだけをしなさい」と言い含めている、という手法。

聴衆にも、力士が本当に飲んでいるかどうかまでは見分けがつかない。

これだとセーフになる。

本当のところはどうなっているのか、興味津々である。


20190922.jpg
場所中は土俵の神様が君臨されるとのこと
20 : 20 : 26 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<9月23日(月) | ホーム | 9月22日(土)>>
コメント
こんばんは♪

”出世力士手打式”は見たこともありませんし、
知りませんでした^^;
by: きっちゃん♪ * 2019/09/22 22:06 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。
 
私も、出世力士手打式を知ったのはアベマTVを見てからです。
ごく最近です。
神送りの儀式で行司を胴上げすることも、話は聞いたことがありますが、アベマTVで見るまでは半信半疑でした。
NHKテレビでは、表彰式の途中で放映が終わってしまいますから。
by: 声なき声 * 2019/09/23 03:26 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
大相撲九月場所は、御嶽海が優勝したのですね。
あまり興味が無いので テレビのニュースか
翌朝の新聞でしか知る事は無いです。

それにしても3敗での優勝は
少し寂しい話ですね。

巨人大鵬玉子焼き時代は
大相撲も活気があって どの取組も
手に汗握るようでした。
その後の貴乃花時代も まだまだ良かったですし
興味もありました。

最近は、問題ばかり起こって・・(>_<)
何が原因なのでしょう。

表彰式後には、”出世力士手打式”と言うのもあるのですね。
それはしりませんでした。
序の口では、お給料も貰えないのですか(>_<)
寝る場所 食べる事は、部屋に住んで居るのですから
困る事は無いでしょうけど、
個人的な物を買いたい時は どうしてるのでしょうね。
芸人さんなどは、別のアルバイトをしたり出来ますが
お相撲さんは、そう言う訳にもいかないのです。

”出世力士手打式”でのお神酒振る舞いは
黙認されているのではないでしょうか。
大量に飲んでる訳では無いですから。

子供の頃 お正月には お屠蘇に口を付ける事が
許されていましたが、親が法律違反だと逮捕された事も
無かったですから(笑)
by: ヨンヨン * 2019/09/23 05:12 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

はい、私も”3敗での優勝”には興ざめの思いを禁じ得ません。
横綱不在で、大関もパッとしない成績でしたから、醍醐味は感じられなかったのは事実です。
そのおかげで、下位力士が活躍できたのかもしれませんが。
 
角界でのさまざまな不祥事は、人気低下に拍車をかけたのは事実だと思います。
とはいうものの、いまだに大相撲といえば国民的人気を誇るスポーツの一つと考えられています。
世間を騒がせる問題が起こる原因を解明していって、大衆を熱狂させるスポーツとして再生してほしいと切に念じています。
 
十両になるまでは、毎月の給料というのはもらえないのです。
ただ、おっしゃっているように、住居費や食費はかかりませんので、稽古に熱心に取り組んでいる力士であれば生活に困ることはないそうです。
どこかで計算していましたが、住宅代や食費などを金額換算すれば、同じ年齢の会社員とさほど変わらない報酬になるとも聞きました。
稽古や用事が山のようにあるので、自分が自由に使える時間はほとんどなく、「個人的な物」が必要になることもないそうです。
いいことか悪いことかはわかりませんが(汗)。
 
飲酒運転が厳しく取り締まられる以前は、少々のお酒は許されていました。
事実かどうかはわかりませんが、結婚式場から出てくる車の飲酒検問などはしなかったと耳にしたことがあります。
飲酒による悲惨な事故が多発したことで、罰則規定も厳格なものとなりました。
”みりん”にもアルコールが含まれていますが、そこまで警察が目を光らせていることはないと思います。
手打式でのお神酒も、口をつけるだけということで、不問に付されているのかもしれませんね。
by: 声なき声 * 2019/09/23 05:40 * URL [ 編集] | page top↑
未成年飲酒は薦めたほうにも咎がある、って論調なんですね。
まぁ、俺個人の意見だけど、伝統行事、神事だから口つけるくらいならセーフにしてやりたいけど。
小僧でも甘酒くらい飲むじゃろう。
さすがに酒造メーカーが相撲協会に贈った酒の樽を全部あけろというのなら話は別だけど実際のところはあまり関心がなくて知らんのですよね。
相撲というかスポーツ系のテレビ観戦しないからな・・・。
by: てかと * 2019/09/23 13:17 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
未成年とわかってお酒を飲ませたら、法律上は、監督者である大人が罰せられます。
未成年者が処罰を受けることはありません。
あくまでも子供を守るための法律ですから。
 
宗教行事と法律の兼ね合いというのはデリケートな問題があります。
日本の神道ではお神酒は欠かすことのできないツールですし、かといって法律では未成年者に酒を飲ませることは禁止されています。
神事を優先すると法律に反することになりますし、かといって、法律の制約によって宗教儀式ができなくなると、憲法で保障された”信教の自由”を侵害することになります。
この問題は、見て見ぬふりをするのが一番かもしれません(汗)。
by: 声なき声 * 2019/09/23 14:35 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちは。

伝統的な文化とも言える大相撲は、
近代的な法律や規範と衝突する場面が出てきますよね。
女性は、「神聖な」土俵に上がれないという仕来りなど、物議を醸す場面は今後も起こりそうですね。
by: SWEETHIRO * 2019/09/23 15:48 * URL [ 編集] | page top↑
SWEETHIROさんへ
こんにちは。

現代人の常識や法律論から見れば、相撲の世界はいびつな側面が目立ちます。
例示されている女人禁制についても、「女相撲はどうなのか?」と問われると論理的に納得できる回答は得られないでしょう。
相撲というのはそんなものだとしか言いようがないと思います。
by: 声なき声 * 2019/09/23 16:13 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3769-de9fddfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する