FC2ブログ

9月22日(土)

月一回の眼科クリニックに行ってきた。

白内障の進行状況の検査を毎月受けている。

今日は親先生に診ていただいた。

通常は若先生が診られるのだが、ほんの時折、ご不在のことがあって、その際は親先生が診察に当たられる。

おそらくは80歳近いご年齢ではないかという気がする。

診察というか検査は、実は若先生のほうが緻密になさっている。

今日は親先生であったので、診察室に入ってから出てくるまで10分とかからなかった。

要所要所をきちんと押さえての検査だと思うから、不安には感じていない。

最近、パソコンの画面が見えにくくなってきているので、そのことを相談したら、ニコニコしながら
「乱視が進んでいるようですね。ただ白内障はほとんど進行がありませんから、心配はいりません。」
とおっしゃった。

白内障そのものは、いわば年齢が上がれば出てくる症状だから、そういった意味では病気とは言えないかもしれない。

だから、私としてはそんなにも憂えているわけではなく、いっそ、手術によって完治を目指すほうが快適な視界が得られるのではないかと考えているぐらいだ。

2年前からずっと目薬で抑えているが、手術をしてきれいに見えるようになれば、そのほうが楽なはずだと素人的に想像しているのだが。

まわりの人で、やはり白内障の手術を受けたおかげで、見違えるほど見えるようになった、との話を聞かされると、早く受けたほうがいいような気がするし、片や、手術となるととかく煩雑がつきものだからためらう気持ちも出てくる。

何より、メスが目の中に入ってくるというのがイヤだ。

まさか目をつぶっているわけにもいかない。

痛くないのはわかっていても、鋭利な刃物が私の目の中を切り刻むような気がして、小心者にはそれが苦痛である。

私の年齢での平均余命が19年とされているが、もし25年ぐらい生きられるとしたら少しでも早く受けておきたいが、逆に、考えたくはないがあと5年でサヨナラだというのなら、ずっと目薬で抑えていく。

もちろん、実際にどうなるかは、神ならぬ身には到底わからない。


20190921.jpg
目の水晶体が白く濁るのが白内障らしい
20 : 20 : 09 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
<<9月22日(日) | ホーム | 9月20日(金)>>
コメント
こんばんは♪

複雑な心境わかります。
よくなるのなら手術はしたいですが、
メスを入れるのには抵抗がありますよね。
もう少し簡単な方法はないものかと思います。
by: きっちゃん♪ * 2019/09/21 22:40 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。
 
「もう少し簡単な方法」があったらいいとは、私も切に望んでいます。
ただ、水晶体が濁っているのが原因ですから、現代の医学ではメスを入れるしか治療の方法はないのでしょう。
by: 声なき声 * 2019/09/22 03:56 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
私の周囲には 白内障の手術をした人が
かなりいます。
手術したら一生若い頃のように見えるのかと思ったら
ある人は 書類を読む時 目を細めていましたので
老眼でしょうか。
白内障は レンズが白濁する事で
老眼は、レンズの厚さを変える筋肉の老化ですから
手術をしても 老眼にはなるのでしょうね。

今の所 私は老眼鏡は必要ですが
その他の時は 不自由なく過ごして居ます。
検査すれば 白内障って言われるか分かりませんが。

簡単な手術と言われますが
目だからメスを入れるのは怖いですね。
日帰りで終わる病院と1泊の病院が有りますが
その差は何でしょうね。

いずれにしても 不自由でなければ
何もしない事が良いですね。
by: ヨンヨン * 2019/09/22 05:46 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。
 
白内障の手術を受けた結果、近眼が治ったという人の話は時々耳にします。
ただ、老眼が治ったとの事例は、私は聞いたことがありません。
ネットで読んだ話ですが、幾ばくかの費用を払えば白内障手術に合わせて老眼の治療もやってくれるそうです。
もちろん保険は適用されませんが。
 
手術そのものは20分もあれば終わるそうです。
局所麻酔をしますので全く痛みはないとのことです。
ただ、私などはメスが自分の目に近づいてくる場面を想像しただけで、気持ちが萎えてしまうのです(汗)。
 
かつては、安全性を考えて片目ずつに日を分けて施術していたそうです。
昨今は技術も高まったからか、あるいは患者からの要請か、一日ですべてを終えてしまう形も普及してきました。
 
今も、私の日常生活での不便は、ネットするとき以外はさほど感じていませんので、しばらくは目薬だけで抑えていきたいと考えています。
by: 声なき声 * 2019/09/22 05:58 * URL [ 編集] | page top↑
白内障の手術をすると世の中こんなに綺麗だったのかと感激しますよ。

ご存知の通り、白内障の手術をする時レンズを選ぶんですが、運転する人なら遠くが見えたほうがいいのでそのレンズを。そうすると老眼鏡は必須になります。その逆もあります。

私は老眼鏡はあまり必要なかったのに、術後は無いと当然無理です。。

遠近両用レンズなら眼鏡とさよならできますね。保険適用されないので高額になりますが。友人はそれで快適に過ごしてるようです。

一度手術をすると二度と出来ないので、日常生活に支障が無い程度なら医者はなるべく年齢がいくまで勧めないそうです。

しなくていいなら、しないのが一番ですね。お大事にしてくださいね。
by: meg * 2019/09/22 09:59 * URL [ 編集] | page top↑
meguさんへ
体験された方からのご助言は大変に貴重です。
知らなかったこともありまして参考になりました。

「遠近両用レンズ」が最も望ましいのは言うまでもありませんが、費用負担の問題があります。
長生きできるのであれば、安いものと言えるかもしれません。
近眼か老眼の選択を迫られれば、私は老眼の治療を優先したいと、今は考えています。
遠くを見るのはメガネをかけ慣れていますので、違和感はありませんし抵抗も感じません。
 
医師が積極的に白内障手術をすすめない理由に、納得がいきました。
ありがとうございました。
by: 声なき声 * 2019/09/22 10:30 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちは。私は4年前に両目を手術しました。よく見えていたのですが、糖尿があるため、目の奥をきっちり見るため手術しました。空がとてもきれいに見えます(^^)
by: タンポポ * 2019/09/22 11:39 * URL [ 編集] | page top↑
タンポポさんへ
こんにちは。

手術を受けられた人は、異口同音に「きれいに見えるようになった」とおっしゃっています。
私も美しい世界に憧れているのですが、いずれにせよ、当面は目薬で対処していきます。
by: 声なき声 * 2019/09/22 11:45 * URL [ 編集] | page top↑
執刀が終わるとすぐ帰れるイメージですけど。レーシックみたいに。
ただ眼前にメスが振り回されると恐怖で身がすくむのはわかります。
ただ、年齢を重ねるとそういった死の影がちらつく恐怖みたいなものは自然となくなるんじゃないかな、と。
むしろズバズバ切り裂けよくらいの。
by: てかと * 2019/09/22 12:54 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
治療が終わると、すぐに帰宅できるようです。
おそらく手術の希望者が多くて、長期の入院は病院からは喜ばれないのではないかと思います。
 
日本刀で切りつけられるならば、ピストルで撃ち抜かれるほうがマシだと、私は感じています(汗)。
by: 声なき声 * 2019/09/22 13:01 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちは。

白内障ですか?
白内障は、英語では、cataractと言います。
ナイアガラ滝のような大きな滝を意味します。
私は、肩楽で覚えています。

白内障の手術は、痛くはないのですが、
手術中、目を動かすとダメだということで、
執刀の先生から叱られながら、手術を受けました。
by: SWEETHIRO * 2019/09/22 15:29 * URL [ 編集] | page top↑
SWEETHIROさんへ
こんにちは。

私の場合は軽度の白内障です。
クルマの運転などは不便がありません。
 
”滝”とどういった関連があるのか調べてみたら、「大きな滝の急な流れによって水が白く濁る」といったところから由来しているそうです。
言われてみればそうですね。
 
私、注射はさほど苦手ではありませんが、目の中に鋭利なものが入ってくるというのは、できれば御免こうむりたいです。
とはいうものの、治療のためにはじっとしていなければなりませんので、それを想像するだけで辛いものがあります。
by: 声なき声 * 2019/09/22 15:51 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3768-85814c6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する