FC2ブログ

9月15日(日)

今朝、コンビニから出てきたばかりの人が、日傘を広げようとしていた。

グレーっぽいズボンのややふっくらタイプの体型で、私は男性だとばかり思い込んでいて、男子日傘を見るのは初めてとばかり、ぶしつけながらその人の顔を眺めた。

すると、私の視界に飛び込んできたのは明らかに女性の風貌であったので、再度、びっくり。

もちろん、私が勝手に男性だと判断をしていたのが間違いの原因で、単にあわて者であったに過ぎない。

どうも私は、見た目の印象や先入観だけで一方的に決めてしまう傾向があるようだ。

自省しなければならない。

ところで、警備会社といえば、私の意識の中では、警察と同じで厳しい規律にコントロールされているはずとの認識を持っていた。

街の中で、ATMの前でキビキビと作業をしている光景は、見ていても頼もしさを感じるほどだ。

それだけに、先日、いとも簡単に、警備会社の金庫から3億6千万円もの現金が元社員に持ち逃げされてしまった事件は、私の耳を疑うものがあった。

事件発生直後はすぐにつかまると思っていたが、10日経ってもいまだに犯人逮捕には至っていない。

実行犯の顔も氏名も明確で、防犯ビデオにも一部始終が撮られているというのだから、ほぼ瞬殺で事件は解決を見てもおかしくはなかった。

しかし、捜査がどこまで進んでいるのかわからないが、少なくとも身柄は拘束されていないのである。

私はテレビを見ないのでワイドショーの様子はわからないのだが、おそらくは謎の多い事件として報じているのではないかと想像している。

単独犯なのか共犯者がいるのか、多額の現金をどこに隠しているのか、実行犯は海外に逃亡したのか、セキュリティーが甘すぎたのではないか等々、誰もが不思議に感じる点が少なくない。

私が不自然に思えてならないのは、実行者が9月4日に出社したのを最後に、二日間も無断欠勤をしていたにもかかわらず、会社は手を打たなかった、というところ。

一般の会社でも、1日でも無断で休んでいれば上司はもとより、まわりの人間が気になって翌日には何らかのアクションを起こすはず。

警備業という重責を担った会社の、しかもマネージャー職にある人が無断で休んだとしたら、もっと迅速に対応して然るべきではなかったか。

会社の不適切な判断が、事件の発覚を遅れさせたことは確かだ。

警備業を営む会社としては、あまり杜撰なリスクマネジメントであったと思う。

昭和にも”3億円強奪事件”があって真相はわからずじまいだが、今回の事件は詳細がわかっているのに、なぜか解決が長引いている。


20190915.jpg
3億6千万円の重さは36kgだというから、一人では持ち出しにくいと思う

20 : 20 : 17 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<9月16日(月) | ホーム | 9月14日(土)>>
コメント
こんばんは♪

この事件は知りませんでした…
それにしても、これだけ情報があってもどうしてでしょうね?
by: きっちゃん♪ * 2019/09/15 22:16 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ
おはようございます。

昭和の”3億円事件”と、先日の”3億6千万円”事件とは、金額は今回のほうが大きいですが、インフレ率を考えると、昭和の事件のほうがインパクトがあったのかもしれません。
それにしても、あまりにも単純な手口の犯行だけに、なぜつかまらないのかが不思議です。
by: 声なき声 * 2019/09/16 04:29 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
この警備会社の盗難実行犯は
公開手配されていますが
まだ捕まっていませんね。
こんなにはっきりした写真があるのに
なんで捕まらないのでしょう。
私も不思議に思っています。

警備会社の金庫から盗んだのですから
会社のセキュリティーの甘さだと思います。

我が家も警備会社の警備システムを入れていますが
社員全員を信用している訳ではありません。
警察官は、それなりの教育を受けているのに
不祥事も起こっています。
民間の警備会社は一般募集で採用されるのですから
正義感溢れる人ばかりではないと思います。
制服が恰好良いとの理由で入社する人も居るようです。

警備会社には鍵も預けてありますから
盗難目的で家に入ろうと思えば簡単に出来ます。

先日契約しているマイドクターの設定変更で
社員が訪ねてきました。
現場の警備員以外は私服ですから
名札は下げていましたが 私服姿です。

今は何でも疑ってみる時代ですから、
長いお付き合いの女性営業さんの名前を出してみました。
それも「えーっと 何さんだったかな 
    ○○(苗字)」と言い始めたら
「○○ ××さんでしょう 前の営業所で一緒に
 仕事してましたよ」
それだけで信用できるかどうかは 疑問に思いますが
第一関門クリアですね(笑)

警備会社大手2社以外に この辺でも
名前も分からない警備会社の事務所を持っている
警備会社が有ります。
そんな所・・・心配で頼めませんね(>_<)
by: ヨンヨン * 2019/09/16 05:24 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ
おはようございます。

犯行に及んだ元社員にしても、当然ながら防犯カメラに撮られていることは承知の上であったでしょう。
会社が施しているセキュリティ措置はすべて知っていて、平気で証拠を残しているのですから、相当に甘い防犯措置しかとっていなかったことは明白です。
すべての警備会社がこうだとは思えませんが、仕事が仕事なのですから、慎重の上にも慎重を重ねるべきではなかったでしょうか。
 
制服に憧れて警備会社に入るなどと聞くと、いかにも現代であるとしみじみ感じます。
もちろん職業選択の自由はあるわけですし、価値観は人それぞれですから、どんな動機から職業を選ぶのも本人次第なのですが、防犯に直接かかわる仕事であることを十分に考えた上で、応募すべきでしょう。
そういった意味合いでは、警察官を志望するのと同じだと思います。
 
昨今は制服で本職を装った詐欺が横行しているそうです。
ネームプレートなら簡単に偽造できますから、頭から信用するのはリスクがあります。
ヨンヨンさんがとられた確認方法は非常に賢明であったと思います。
極めて自然な会話の中で、相手が嘘をついていないことがわかるのですから。 
 
知名度や規模だけで会社を判断するのは必ずしも正しいとは言えませんが、警備を任せるとなると、やはり実績がしっかりとあって評価の高い会社が最も確実です。
これは致し方ないことと思います。
大事な命や財産を託すのですから、相応の能力を備えた警備会社に依頼するのは当たり前のことと言っていいでしょう。
by: 声なき声 * 2019/09/16 05:58 * URL [ 編集] | page top↑
海外に送金されてマネロンされたらお手上げかもなぁ。
仮想通貨のウェブサイトが北朝鮮に攻撃されて資金を奪われてものすごい金額がミサイル開発の原資になってるかもってニュースみたけど、これも氷山の一角かもしれないな。
金庫の現金を襲うか、ネット上の仮想通貨を襲うか、邪悪なものにとって大して変わらない。
by: てかと * 2019/09/16 07:52 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ
事件が発覚するまでの二日間、正確には三日間にかかっているでしょう。
犯行が明るみに出てからは、当然、その元社員の銀行口座はすべて凍結されているでしょうから、身動きが取れない状態になってしまいます。 
 
北朝鮮にしても中国にしても、ハッキング技術はかなり高度なものがあります。
もはや軍事レベルと言っていいでしょう。
日本はあまりにノーテンキですが(汗)。
by: 声なき声 * 2019/09/16 08:19 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちは。
36㎏もあるのですか?
単独犯ではないようですね。

去年40㎏のダンベルセットをネットで注文しましたが、宅配のおじさんは、ひいひい言いながら階段を上がってきました。
私が、両手を差し出して受け取ろうとすると、首をふって、「床に置きますね」と言っていました。
梱包された箱は、確かに重かったです。
その重さなんですね。
by: SWEETHIRO * 2019/09/16 18:14 * URL [ 編集] | page top↑
SWEETHIROさんへ
こんにちは。
 
重さが重さだけに、自分一人の力では持ち出せないはずです。
共犯者がいて、クルマを使って現場を離れたと思います。
その後の動きは想像がつきませんが、海外に出るにしても、今は顔写真が撮られますので、しらみつぶしに調べればすぐにわかります。
国内のどこかに息を潜めているような気がしてなりません。
 
40㎏のダンベルを使っての筋トレそのもんが、私のようなひ弱な人間には無理だと思います(笑)。
体重が46㎏ですので、自分とほとんど変わらない重量のものを持ち上げようとするのですから。
そのときの宅配ドライバーさんはお気の毒でした(汗)。
by: 声なき声 * 2019/09/16 18:24 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/3762-ac1b0e6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する